「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

SF映画

【結】– ウルヴァリン:X-MEN ZEROのあらすじ4

ウルヴァリン:X-MEN ZEROのシーン4

画像引用元:YouTube / ウルヴァリン:X-MEN ZEROトレーラー映像

原子炉のそばに設立されたストライカーの研究施設に辿り着いたローガンは、ルボーと別れて1人研究施設に潜り込んだが、それを予測していたストライカーからこれまでのいきさつを全て聞かされるのです。ストライカーは「ミュータントキラー(ミュータント殺し)のウェポンⅪ、デッドプール」を作るため、あらゆるミュータントの能力を結集させ、最初は自分の息子の能力、最後はローガンの能力をウェイドに注入して完成させようと計画していました。

ストライカーは、脱退したローガンをここへ連れ戻すには彼の原動力たる“復讐心”を持たせることだと気づき、見張りにつかせたケイラ(シルバーフォックス)の「接触することで精神を操作する能力(催眠)」を使ってローガンを誘惑し、ケイラに血圧降下剤を打って死を偽装したのだと告げるのです。ケイラの愛は本物ではなかったと思ったローガンは絶望し、研究施設を出てそのまま立ち去ろうとしたが、ダイヤモンドのように硬化できるミュータントの妹を返してとストライカーに訴えたケイラが、催眠が通用しないビクターに首を絞められて絶叫しているのを聞いて引き返して救出します。

ビクターとの最終対決、ローガンは全力でビクターに立ち向かっていき、研究施設から外へ突き落した後、ビクターに止めを刺そうとしました。だけど、そこへ駆けつけたケイラから「貴方は獣じゃない」と言われたことで落ち着きを取り戻し、ビクターの顔に一発パンチをお見舞いすることだけにとどめます。

ローガンはその後、自分を真剣に愛していたと言うケイラをもう一度信じてみようと思いなおし、ケイラの妹と囚われたミュータントの子供たちを脱獄させる手助けをしました。しかし、ストライカーが「ウェポンⅪ」となったウェイドをローガンに差し向けたことで、ローガンはウェイドと戦うことになり、ケイラは皆と一緒に裏口から逃げようとします。

それを監視カメラで見ていたストライカーは、ウェイドに攻撃命令を出すのと同時に、部隊を動かしてケイラたちに向けて銃で攻撃し始めるのです。それをケイラの妹とスコットの能力で撃退したが、皆を逃がして1人残ったケイラは、ストライカーの部隊から放たれた1発の銃弾が腹に被弾していました。

夜が明けた頃、コンクリートの施設の上でウェイドと戦うローガンは、危うく空洞になっている中央へ落とされそうになるが、追いかけて来たビクターに救出され、兄弟2人は共闘してウェイドに戦いを挑むことにします。だが、ジョンのテレポート能力や自身の両腕に備わったアダマンチウム製の刀身を巧みに操るウェイドに翻弄され、それだけでも厄介なのにさらにスコットの能力である破壊光線も出してくるので2人はどんどん追い詰められてしまいます。

ローガンを助けるために、ビクターが1人でウェイドに立ち向かっていくが、危うく破壊光線で焼き殺されそうになり、そのピンチをローガンがウェイドを後ろからアダマンチウムの鉤爪で刺したことで助けるのです。

ウェイドはそのままローガンに足で蹴り飛ばされ、破壊光線を出しながら建物の中へ落ちていき、ウェイドを倒したローガンはビクターと完全に兄弟の縁を切ると宣言します。それを聞いたビクターは「兄弟は助け合うものだ」と告げてその場を立ち去り、ローガンもビクター同様、崩落するコンクリートの施設から離れたが、コンクリートの巨大な破片が頭上から降ってくるのです。

それを能力で粉砕したルボーのおかげで、命拾いしたローガンは自分を呼ぶケイラの元へ駆けつけ、重傷なケイラを抱えて病院へ向かおうとします。しかし、まだ諦めていなかったストライカーに、後ろからアダマンチウムの銃弾を撃ち込まれてローガンは気を失い、ストライカーはそのままケイラを射殺しようとするのです。

ケイラはストライカーの足に接触したことで能力を発動させ、ストライカーに銃を捨てさせてから足に血が滲むまで歩き続けろと命じ、そのまま静かに息を引き取ります。ストライカーが立ち去り、ケイラが死んだ後、ローガンは目を覚ましたが、自分を迎えに来たルボーに「ここはどこで、自分は何者なのか」を聞くのです。

記憶を失ったローガンは、ケイラの事も分からなくなっていたが、死んだケイラに駆け寄って黙って見つめた後、開きっぱなしの目をそっと閉じさせます。その後、自分1人で脱出すると言うローガンはルボーと別れ、救急隊や軍隊などが到着する前にその場を立ち去っていきました。

ミュータントの子供たちは、能力を使って見つけ出したチャールズ・エグゼビア(プロフェッサーX)によって無事救出され、足に血が滲むほど歩き続けたストライカーは、自分を追って来た軍隊にマンソン将軍の殺害について聞かれます。エンドロール後、独自の行動をとっているローガンが酒場で「記憶を思い出したい」と言いながら酒をあおる姿が映し出されて、そのまま物語は幕を閉じました。

「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」が無料でフル視聴できる配信サービスは?

ウルヴァリン:X-MEN ZEROはVOD(ビデオオンデマンド)サービスで視聴できます。詳しくは以下リンクからご覧ください。

ウルヴァリン:X-MEN ZEROのネット動画を探す

次のページで映画の感想を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×