「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

SF映画

映画「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」の感想

ライターの感想

ローガンが能力に目覚めた経緯は悲しかったが、ローガンがウルヴァリンと名付けた理由を知れて嬉しかったです。ローガンとビクターの兄弟対決は同じ能力を出す者同士の戦いだからか、他の戦闘シーンよりも迫力があってドキドキハラハラしながらも、魅了されたシーンでした。ウェイドがウェポンⅪもとい、デッドプールにされてしまったことは悲しかったが、ローガンと一緒に戦っていた事があったのだと知って感激しました。
  • rurusieruさんの感想

    ウルヴァリン誕生の秘密が明かされる話で、兄のビクターがかっこよかったです。終盤においてビクターがウルヴァリンを助けに現れたときは感動しました。
    ビクターとウルヴァリン、どちらも似たようなミュータント能力を持っていますが、戦い方は異なるため、まったく違う印象を受けました。個人的にはビクターの戦い方が好きでした。

1 2 3 4 5

「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×