映画:エイリアン

「エイリアン」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(3件)

エイリアンの紹介:1979年のアメリカ映画。宇宙船の中で異星生物(エイリアン)に襲われる乗組員の恐怖と葛藤を描く。SFホラーの古典として知られ、続編も製作されている。公開時のキャッチコピーは「宇宙では、あなたの悲鳴は誰にも聞こえない」。

エイリアンの主な出演者

エレン・リプリー(シガニー・ウィーバー)、ダラス船長(トム・スケリット)、ランヴァート(ヴェロニカ・カートライト)、ケイン(ジョン・ハート)、アッシュ(イアン・ホルム)、ブレット(ハリー・ディーン・スタントン)、パーカー(ヤフェット・コットー)

エイリアンのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①宇宙貨物船ノストロモ号が帰還中、知的生命体からの信号をキャッチして謎の小惑星に降り立つ。そこで乗員の1人・ケインの顔に生命体が張りついた。船に戻って剥がそうとするが、生物の血液は強酸でなすすべがない。しばらくすると生物は死にケインの意識が戻ったが、ケインの胸を突き破って生物の子どもが生まれる。 ②その生物は体長3mを突破するほどに急成長を遂げ、乗員を襲い始めた。三等航海士の女性・リプリーは奮闘の後、エイリアンを倒す。 ③生き残ったのはリプリーと猫のジョーンズ。(殺されるor連れ去られる順番)ケイン、ブレット、ダラス、アッシュ、パーカー、ランバート。厳密にはアッシュは「破壊」、ブレットとダラスは連れ去られて繭にされていた。

【起】– エイリアンのあらすじ1

エイリアンのシーン1

画像引用元:YouTube / エイリアントレーラー映像

(劇場公開版とディレクターズ・カットの2種類が存在しますが、その2つをまとめて記載します)

未来。西暦2087年(DVDパッケージ情報)。

宇宙貨物船ノストロモ号の貨物は、鉱石2千万トンです。乗員7名を乗せて、地球に向かって帰航中でした。長い年月がかかりますので、乗員はみんなコールドスリープ状態で眠っていました。

音波信号を受信したノストロモ号のマザーコンピューターは、その信号の主を確かめるため、乗員たちのコールドスリープ装置を解除し、起こします。

眠りから起きた7人の乗員と1匹の猫は最初、地球に近づいたから起こされたのかと思いました。しかし地球はまだはるかに遠く、マザーコンピューターが軌道のコースを変更し、自分たちがゼータ第2星団に接近していると知ります。

というのも、ノストロモ号は貨物船ですが、契約時に雇用主のウェイランド社(注:今作品では厳密には「会社」としか表現されない)から「知的生命体からと思われる信号をキャッチした場合には調査をすること」という内容が、契約書に盛り込まれていたのです。

発信源からは現在もなお、12秒間隔の音波信号が発せられており、発信者は不明でした。だから乗員が起こされて、調査に行くことになります。

・ダラス…ノストロモ号の船長の男性。ひげ面の中年男性。ベテランで決断力もあるが、会社の命令に真面目に対応しすぎるきらいがある。

・ケイン…ノストロモ号の副船長で一等航海士の男性。やさしそうな顔だが、後に大変なことに巻き込まれる。

・リプリー…二等航海士。船内では3番目の地位にある女性。カーリーヘア。

・ランバート…二等航海士の女性。ベリーショートの髪型。

・ブレット…細面の男性。機関士。パーカーと仲がよいが、基本的にパーカーの言いなり。

・パーカー…黒人男性。機関士。ボーナスに不満を持っている。

・アッシュ…短髪の中年男性。科学主任。出発の2日前に別の担当者と入れ代わりで乗船することになった。実は大きな秘密がある。

・ジョーンズ…オスのトラ猫。

問題となる音波信号をみんなで聞いてみますが、初めて耳にする音でした。声なのかとも指摘されますが、聞いただけでは分からずじまいです。

問題の小惑星は直径120kmの小さなもので、2時間周期の自転をし、重力は0.86です。歩くことはできます。

信号が発せられた惑星の上空で貨物は置き、ノストロモ号のみ小惑星に降り立ちました。着陸時にトラブルが発生し、第3エンジンが故障して、修理に25時間かかることになりました。本当は17時間なのですが、ボーナスが欲しいパーカーが多めにサバを読み、25時間と言い、機関士の2人・ブレットとパーカーが対応します。

船長ダラス&副長ケイン&航海士ランバートの3人が惑星に降り立って船外活動をし、リプリーは母船で信号の調査を、アッシュはモニターで監視をします。

宇宙服を着用して降り立った3人は、大きな建造物を発見しました。ドーナツ形のような大きな円筒形の宇宙船で、「C」のように完全な円筒形ではなく一部が外れています。

中にいた知的生命体らしき宇宙人はかなり前に死んでおり、化石化していました。

化石となった宇宙人には何かが出てきた傷跡があり、その部分の骨は外に向けて曲がっています。まるで内部から破裂したかのようでした。

リプリーが信号を解析した結果、SOS信号ではなく警告信号だと判明しました。アッシュにそれを報告しますが、アッシュは「君がそれを告げに行く頃は、彼ら(3人)は建物の中に入っている」と言います。

アッシュの言う通りでした。船外活動に出た3人は宇宙船の底の地下部分に穴を発見し、その調査をしていました。洞窟のような内部は暑く湿気がこもっています。

奥に開けた場所があり、そこには一面卵が並んでいました。高さ60cmくらい、直径30cmくらいの円筒形の、鶏卵に似た形の大きな卵です。

特筆すべきなのは、卵を植え付けられた区域の上に一面に靄(もや)がかかっていました。ケインが卵を見て靄に手を差し込んだ時、バランスを崩して転倒し、卵エリアに入ってしまいます。

起きあがったケインは、目の前の卵が半透明で、中身が透けて見えるので見入ります。中の生き物は生きており、動いていました。

ケインの目の前で卵の上部が4つにぱっくり割れます。つい覗くと、ケインの宇宙服のヘルメットにその生き物がべちゃっと張りつきました。しかもヘルメットのシールド部分を溶かして、じかにケインの顔にくっつきます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「エイリアン」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×