映画:エイリアンインセプション

「エイリアンインセプション」のネタバレあらすじと結末

SF映画

エイリアン・インセプションの紹介:2014年に公開されたSFサスペンスで、原題は「Lost Time」です。ある日、まばゆい光に包まれた途端、姉が行方不明になり、がんが完治していたという話です。宇宙人をテーマとした話で、SF感強めです。主人公を演じるロシェル・ヴァレス氏の恋人役ルーク・ゴス氏が制作を努めています。ルーク・ゴス氏が主演だと謳っているところもありますが、実際はロシェル・ヴァレス氏が主人公です。

あらすじ動画

エイリアンインセプションの主な出演者

ヴァレリー(ロシェル・ヴァレス)、カーター(ルーク・ゴス)、リード(ロバート・デヴィ)、メリッサ(イェンニ・ブロン)

エイリアンインセプションのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- エイリアンインセプションのあらすじ1

エイリアンインセプションのシーン1 女性が拘束され、怯えていました。彼女を得体の知れない怪物が襲います。
その女性が目覚めました。彼女ヴァレリーは夢を見ていたのです。姉のメリッサが励ましました。
ヴァレリーは余命いくばくのないガンに侵されており、メリッサは看護師だったのです。メリッサは妹を死ぬほど愛しており、常に付き添っていました。

2人は検査に向かいます。がん細胞は全身に転移していました。
病院から帰る車の中、ヴァレリーは生きることを諦めかけます。メリッサは諦めちゃいけないと妹を勇気付けました。
すると車の調子がおかしくなります。突然まばゆい光に包まれ、ヴァレリーが気づいたとき、メリッサは姿を消していました。

それから4ヵ月後、リード博士の新作が発表されるというニュースが流れます。
担当医のテリーから電話がかかってきて、ヴァレリーはがんが消滅したことを聞かされました。

ヴァレリーはメリッサの行方を捜すため、行動を開始します。
ヴァレリーは恋人のカーターと電話で話し、明日会おうと約束しました。カーターは警察官で、メリッサ探しを手伝ってもらっていたのです。
メリッサの情報は何一つ掴めていませんでした。ヴァレリーはあらゆる場所に連絡しますが、進展はありません。

ヴァレリーの部屋に物音がしたからと、コフィーという男が入ってきます。彼女はゴミ捨てだけを頼んで、コフィーを追い出しました。

ヴァレリーはメリッサの情報を呼びかけるため、街に出てビラを配ります。
チンピラに絡まれたヴァレリーを、恋人で警官のカーターが助けに入りました。
カーターは1人で探し回るなんて危ない目をするなと説得しますが、ヴァレリーは姉を探すためなら何でもするといって聞きません。
カーターは事件に関する資料を渡します。事件当時、空白の時間が12時間ほどありました。
ヴァレリーの証言しかないため、カーターの恋人でなければ、犯人ではないかと疑われていた恐れもあったのです。
カーターは仕事が入ったため、帰りました。

【承】- エイリアンインセプションのあらすじ2

エイリアンインセプションのシーン2 ヴァレリーは車を運転し、夜道を走っています。この道はメリッサがいなくなった場所でした。
突然頭痛にさいなまれ、姉がいなくなった日のことが脳裏を過ぎります。

ヴァレリーは恋人の家を訪ねました。何も聞かないで欲しいと言い、ヴァレリーはカーターと寝ます。その最中、ヴァレリーの脳裏を不可思議な記憶が過ぎっていきました。
彼女は服を着だし、カーターの部屋を去ります。

自宅に帰ったヴァレリーは、宇宙人拉致事件について調べました。
彼女は宇宙人の仕業ではないかと疑っていたのです。「失われた時」という本を出版したリードという男にたどり着きました。
あの日、何が起こったのかを知るため、ヴァレリーはリードに会いに行きます。

リードは人々を集め、何時間も気を失っていた経験はないだろうかと問いかけました。
リードもまた宇宙人に拉致され、時を失った過去があったのです。彼の場合も車の中で異変が起きました。
まばゆい光に包まれたと思った途端、妻が消えたのです。
リードは「失われた時」を読んで、答えを見つけて欲しいと締めくくりました。

リードのサイン会が始まります。その場にカーターも来ていました。
リードはカーターの存在に気づき、部下に目を話すなと命令します。
ヴァレリーもカーターに気づいており、話しかけます。カーターはヴァレリーを心配して、後をつけていたのでした。
2人が話しているところに、リードがやってきます。カーターは「また後で連絡する」といって去りました。
ヴァレリーはリードに話しかけ、姉を見つけるためのヒントを教えてくださいと懇願します。
リードはまだ早いと言い、答えを知りたいなら、「私の聖域に来い」とだけ告げました。

ヴァレリーは聖域と呼ばれる場所を尋ねます。看護師のメアリーと出会いました。
メアリーは外部との接触を断つため、携帯を預かると言います。それがこの施設の規則でした。
ゲストには個室が与えられ、それぞれが自分なりのやり方でトラウマと向き合っています。
メアリーはヴァレリーにも個室を与えました。ヴァレリーはすぐに帰るからと断りますが、部屋に泊まらないとリードに会えないと言われ、しぶしぶ頷きます。

カーターはヴァレリーの家を訪ね、リードの聖域に向かったことを知ります。同僚のランス刑事に連絡し、住所の場所を調べ始めました。

【転】- エイリアンインセプションのあらすじ3

エイリアンインセプションのシーン3 施設内を歩き回っていたヴァレリーは、とある部屋の中にいる女性を見て、悲鳴を上げます。
その後、エリオットという案内人によって、リードの元に連れて行かれました。
リードがいる部屋には、ゲストたちが集まっています。
ヴァレリーに向かって、リードは「お姉さんを見たかい?」と話しかけました。
この部屋にいるのは失われた時の探索者たちです。リードは彼らに対し、手を貸したいと言いました。
この施設での生活は苦痛を伴いますが、何らかの答えを見つけることができます。それぞれが異なる兆候を見せており、耐えられない刺激がありました。
リードはいつ帰ってもいいが、その代わり、1度出た者は2度と入所させないと言います。彼は部屋を出て行き、後を追うようにしてジリアンも去っていきました。

ヴァレリーは他のゲスト、ゲイルやリコ、エヴァと話をしました。エリオットがやってきて、全員部屋に戻れと命令します。

ヴァレリーは答えを知るため、リードに話をしに行きます。
リードは宇宙人に拉致された証拠はどこにもないと語り、断片的な記憶が残っているだけだと告げました。
すべてを知りたいなら、身を委ねるべきだと、リードは諭します。

ヴァレリーは部屋に戻ります。ゲスト全員の部屋は監視されていました。
ヴァレリーは宇宙人に襲われる夢を見ます。誰か分からないおばあさんが「彼に監視されているから気をつけて」とアドバイスを送りました。

聖域の場所を突き止めたカーターは、ヴァレリーを助けるために車を走らせます。

ゲイルは部屋で暴れていました。シーツが首に絡みつき、苦しみの声を上げます。
リコも夢にうなされ、目覚めたときには鼻から大量の血が溢れ出ました。
エヴァも悲鳴を上げながら、飛び起きます。
ジリアンは頭の中で響く音に苦しめられました。
叫び声を聞き、ヴァレリーが外に出ます。ゲイルの死体を見つけました。
彼らに殺されたんだとわめくエヴァを連れ、施設の外に出ようとします。

カーターが施設にやってきました。彼は建物の中へ足を踏み入れます。
エリオットに出会った途端、カーターは頭を抑え、苦しみだしました。エリオットは人間は愚かだなと口にします。

ジリアンは音を追い出そうとして、頭を壁にがんがんぶつけ、死にました。

ヴァレリーはリコも助けに行きますが、彼は頭に尖ったものを刺して死んでいました。

ヴァレリーとエヴァはジリアンの部屋に入ります。看護師のメアリーと案内人のエリオットが、ジリアンの頭から、虫のような生物を回収していました。
メアリーがエヴァと呼びかけると、突然彼女は豹変し、ヴァレリーの動きを封じます。
エリオットがヴァレリーの額に触れると、彼女は叫び声を上げました。

【結】- エイリアンインセプションのあらすじ4

エイリアンインセプションのシーン2 気づくとヴァレリーは、診察台の上に拘束されていました。
リードがやってきて、答えを知るときが来たと告げます。
エリオットが口から虫を出しました。その虫はヌーボットと言って、ヴァレリーの中にも入っています。ヌーボットはすべてを記録し、ヴァレリーの中でその力を強めていきました。
リードたちは絶滅しかけの種族で、ヌーボットを使って人間の遺伝子を手に入れ、進化しようと目論んでいたのです。
エリオットがヌーボットを抜き取ろうとしました。そのときカーターが拘束を外し、メアリーを撃ち殺します。
カーターとエリオットの取っ組み合いが始まりました。エリオットも撃たれて死にます。
カーターがヴァレリーの拘束を外し、2人は外に逃げるため、施設内を移動し始めました。
するとヴァレリーがエヴァを助けたいと言い出します。彼らはエヴァの元へ向かいました。
エヴァは再び豹変し、カーターの首を刺します。カーターは拳銃を撃ち、エヴァに当たりました。
ですがカーターは死んでしまいます。エヴァは正気を取り戻し、ヴァレリーに逃げてと言いました。

ヴァレリーは拳銃を持って逃げ出します。リードが追いかけて、真実を見せました。

ヴァレリーとメリッサはあの日、捕まってしまいます。ヴァレリーは胸を切り開かれました。彼女は姉に対して、私の分も生きてと告げます。
抱き合う2人のもとへ奴らがやってきます。奴らはメリッサを連れ去りました。

ヴァレリーの意識が戻ります。リードはヴァレリーの遺伝子のほうが優れているから、生かしたと告げました。
そのとき、謎のおばあさんが現れます。おばあさんが現れると、リードの姿は消えました。

おばあさんはずっとヴァレリーとメリッサを見守り続けていました。2人とも特別だったからです。おばあさんの特殊な力で、ヴァレリーは自分たちの子供時代を垣間見ました。
ヴァレリーはメリッサに別れを告げます。メリッサの魂は天国へ導かれました。
その後、おばあさんは宇宙にはいくつもの並行世界があって、選択によって結末は変わると告げました。
おばあさんはヴァレリーを異次元に送るため存在しているのです。

ヴァレリーは過去へと送られました。その時間はカーターが死ぬ寸前です。彼女はカーターを守り、エヴァを射殺しました。
ヴァレリーとカーターは逃げます。建物の出口に異形の生物がいました。
ヴァレリーが出口に向かって走り、カーターは異形の生物を撃ちました。
異形の生物の悲鳴が轟きます。

ヴァレリーとカーターはパーティー会場にいました。コフィーも参加しています。
カーターの昇進を祝うパーティーでした。1人外に出たヴァレリーの前にリードが現れます。
リードはヌーボットとお姉さんを交換しようと言いました

みんなの感想

ライターの感想

なぜヴァレリーとメリッサを謎のおばあさんが特別だといったのか分かりませんでした。謎のおばあさんが何者なのかの説明も分かりませんし、肝心なところは何一つ明らかにならないまま終わってしまったという印象が強いです。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「エイリアンインセプション」の商品はこちら