「エイリアン:ファイナルカウントダウン」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

SF映画

【転】– エイリアン:ファイナルカウントダウンのあらすじ3

エイリアン:ファイナルカウントダウンのシーン3

画像引用元:YouTube / エイリアン:ファイナルカウントダウントレーラー映像

スパイアと呼ばれる未知の機能は、地球の中にも存在しており、地球のスパイアがザンを選び、惑星DEMOへの道筋を与えていたのです。

地球とDEMOのスパイアを連動させれば、ウィルスを駆除出来る可能性がある。

そのために皇帝はエターナルのメンバーをDEMOに送り込んだのですが、もしこの作戦が成功しなかった場合、皇帝は無情にも地球の人々を見捨てるつもりでいました 惑星DEMOには、スパイアのあるDEMOを地球化し、人類が生きられるかどうか判断するため、試験的に送り込んでいた生物がいました。

その生物は「温厚な性質」を持っていたのですが、暗黒物質に侵され怪物化していたのです。

怪物は通常活動出来ない気圧の中でも襲いかかってきており、メンバーたちは怪物が進化し始めているのではと感じます

次のページで結末を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「エイリアン:ファイナルカウントダウン」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×