「エイリアン:ファイナルカウントダウン」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

SF映画

【結】– エイリアン:ファイナルカウントダウンのあらすじ4

エイリアン:ファイナルカウントダウンのシーン4

画像引用元:YouTube / エイリアン:ファイナルカウントダウントレーラー映像

そしてエターナルの男性メンバー2人は、地下の洞窟で謎の生物が生息する住処らしい場所を発見します。

恐らく気象条件の激しいこの惑星で生き延びるため、移り変わる環境に対応出来るように「進化」してきた生物なのではと2人は考えます。

しかし岩場から飛び出した、巨大な幼虫のような生物に襲われ、2人は洞窟を逃げ出します その頃ザンは1人、雪に覆われた森の中にさまよい込んでいました。

そこで遂に、スパイアらしきピラミッドのような遺跡を発見します。

ザンがこれを始動しようとした時、これまでザンを襲ってきた怪物が目の前に現れます ザンは、死んだ母親が言っていた「かつて地球の大地はエメラルドのように緑色で、海は空のように青かった」という言葉を繰り返し呟きながら、怪物に向かって「さあ、始めるわよ」と宣言するのでした。

次のページで映画の感想を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「エイリアン:ファイナルカウントダウン」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×