映画:エイリアン2

「エイリアン2」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

エイリアン2の紹介:1986年のアメリカ映画。シリーズ第2作。SFホラーの古典となった前作から一変、エイリアンと兵士との戦いを描くアクション映画として製作された。キャッチコピーは「This time it’s war.(今度は戦争だ)」。

あらすじ動画

エイリアン2の主な出演者

エレン・リプリー(シガニー・ウィーバー)、ニュート(キャリー・ヘン)、ビショップ(ランス・ヘンリクセン)、ドウェイン・ヒックス(マイケル・ビーン)、ウィリアム・ハドソン(ビル・パクストン)、カーター・J・バーク(ポール・ライザー)

エイリアン2のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①ノストロモ号に乗ったリプリーは57年後にやっと救助された。LV429にいる異星人の恐ろしさを訴えるが聞き入れられない。20年前からすでにLV426の入植が開始されていた。責任を問われて飛行士の資格を剥奪され、現場で肉体労働するリプリーに、LV426からの連絡が途絶えた知らせが入る。トラウマを克服するためにリプリーもLV426へ行く。 ②LV426はエイリアンの巣窟となっており、入植者は犠牲になっていた。エイリアンを甘く見た海兵隊は続々と犠牲になる。生き残ったのはリプリー、少女・ニュート、ヒックス伍長、アンドロイドのビショップ。

【起】– エイリアン2のあらすじ1

エイリアン2のシーン1

画像引用元:YouTube / エイリアン2トレーラー映像

(今作品は『エイリアン2 完全版』について記載する。劇場版にさらに17分が追加編集され、より細かな設定が浮き彫りになっている)

西暦2087年に宇宙貨物船ノストロモ号は謎の信号を受け、小惑星に降り立ちます。ところがその際、乗員の1人・ケインの顔に未知の生命体(エイリアン)が張りつき、卵を生みつけました。ケインの胸を突き破って生まれたエイリアンは体長3mを超す大物で、しかも体液は強酸です。攻撃性も高く、付け入る隙のない、「完全生物」でした。

エイリアンを退治しようとした乗員は次々に犠牲になり、唯一生き残ったリプリーはエイリアンを船外に射出し、オスのトラ猫・ジョーンズと一緒にコールドスリープにつきました(『エイリアン』参照)…。

未来。西暦2144年。

リプリーの乗ったシャトルが見つかり、バーナーで扉を開けられます。機械が探査した後に3人の人間が入り込み、コールドスリープ装置で眠っているリプリーとジョーンズを見つけました。

目を覚ましたリプリーは、着いた場所が地球ではなく、地球圏にある中継ステーションであることを知らされます。

リプリーが貨物を運んでいた雇用主の会社・ウェイランド社から、バークという人物が見舞いに来ました。リプリーは目覚めたばかりで、まだ何も知らされていません。

バークはリプリーに、リプリーの乗ったシャトルは地球を通過して漂流していたこと、遠いところでサルベージ船に回収されたこと、リプリーが57年間も眠り続けていたことを告げました。

リプリーには仕事で地球を離れる前に、娘・アマンダがいました。アマンダの11歳の誕生日までには帰る約束をしていたのですが、それは叶わず、アマンダは2年前に66歳で亡くなっていました。アマンダは結婚していましたが子どもはおらず、墓はアメリカ・ウィスコンシン州のウェスト・レイクにあるそうです。

目覚めたリプリーを待ち受けていたものは、ウェイランド社の査問会でした。リプリーは4200万ドル(積み荷の代金は別)もするノストロモ号と貨物を爆破した責任を問われます。

必死で船内であったことを訴えたリプリーですが、「生物の痕跡はない」と一蹴されました。

エイリアンの恐ろしさを訴えれば訴えるほど、リプリーは精神異常を疑われます。

査問会で下されたのは、航海士の資格剥奪と6か月間の精神科治療で、その後は会社の持つ倉庫で荷揚げ、荷降ろしの肉体労働の仕事をしろと命ぜられました。

リプリーたちが信号を受けて立ち寄ったLV426という小惑星は、20年前から環境改良隊が既に派遣されています。移住計画の一環で、60~70家族が先に惑星に行って環境を整え、数十年かけて宇宙植民地を作る計画でした。

リプリーの言うことが信じてもらえなかったのは、そのLV426から何も異常を聞かされていないからです。だからリプリーの証言は妄想とみなされたわけでした。

リプリーは精神科で治療を受け、働き始めますが、夜な夜な悪夢にうなされています。それは船内での強烈な体験のPTSD(トラウマ)で、体内に植え付けられたヘビのような形状のチェストバスター(注:映画では名前は呼ばれない)が、自分の胸を突き破って出てくるという夢でした。船内の経験はリプリーの胸に巣食い、いつまでも離れてくれません。

LV426では環境改良隊が住みついていました。巨大な大気処理装置を建設しており、もう宇宙服がなくても生活していけています。

しかしまだまだ未開発の地域は残っていました。探検に出かけて見つけた宝の所有権は移民たちに得られるということで、未開の奥地に出かけて趣味で宝探しをする家族もいます。

ジョーダン夫妻もそのひとりでした。夫・ラスは妻・アンを助手席に、後部座席に息子・ティモシーと娘・レベッカ(通称・ニュート)の兄妹を連れて出かけた先には、ドーナツ型の円筒形の宇宙船がありました。

子どもたちを車に残して夫妻は宇宙船に入り、しばらくすると夫が顔にカブトガニのような生き物をつけて戻ってきます。フェイスハガーというエイリアンです。

彼らは急いで基地に戻りました。

間もなく、そのLV426の小惑星からの連絡が途絶えます。

海兵隊のゴーマン中尉を連れたバークがリプリーの元を訪れ、調査のためにLV426に植民地海兵隊が派遣されることになったのを告げ、航海士の資格復活を条件にアドバイザーとして同行してくれないかと頼みました。

話を聞いた直後は、もうあんなエイリアンと関わるのは真っ平御免だと断ったリプリーですが、その夜も悪夢にうなされます。

トラウマの元凶であるエイリアンと対峙しないかぎり、いつまでも悪夢から逃れられないと考えたリプリーは、深夜にバークに連絡を取り「研究や持ち帰りではなく、怪物退治を条件に」引き受けることにしました。バークはリプリーの条件を呑みますが、本当は口先だけです。

リプリーはトラ猫のジョーンズに「あなたは留守番よ」と言いました。

宇宙船のスラコ号に乗ったメンバーは、LV426接近に伴いコールドスリープから目を覚まします。

海兵隊たちは男女を問わずワイルドで、前に宇宙貨物船ノストロモ号に乗ったメンバーとは、性格も発言もまるで異なります。

リプリーは隊長顧問という立場で乗り込みました。

ナイフ・フィンガー・ゲーム(指の間にナイフを突き立てるゲーム)をする海兵隊員を見たリプリーは、乗員のひとり・ビショップの体液が白く、アンドロイドだと知ります。以前アッシュにとんでもない目に遭わされたリプリーは、露骨にビショップに嫌悪感を抱きますが、ビショップは「アッシュはハイパーダイン社の暴走する欠陥品で、現在は改良されている」とリプリーに言いました。しかしビショップの話に、リプリーは耳を貸しません。そのくらい拒否反応があるのです。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「エイリアン2」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×