映画:エイリアン4

「エイリアン4」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(4件)

エイリアン4の紹介:1997年のアメリカ映画。シリーズ第4作。原題「Resurrection」は「復活」を意味し、前作『エイリアン3』のラストで自決したはずのリプリーとエイリアンの復活、完結したと思われたシリーズの復活の両方を表している。

あらすじ動画

エイリアン4の主な出演者

エレン・リプリー(シガニー・ウィーバー)、アナリー・コール(ウィノナ・ライダー)、ジョーナー(ロン・パールマン)、ブリース(ドミニク・ピノン)、マーティン・ベレス将軍(ダン・ヘダヤ)、クリスティー(ゲイリー・ドゥーダン)、ラリー・パーヴィス(リーランド・オーサー)

エイリアン4のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①リプリーの死後200年を経て連合軍の宇宙船でリプリーのクローンが作られた。軍はエイリアンを取り出して研究に回し、取り出した後のリプリーも研究対象に。貨物船ベティ号のクルー・コールはリプリー暗殺のために寄港したが、エイリアンがすでに復活したことを知る。 ②コールはリプリー抹殺を指令されたアンドロイド。学習したエイリアンは研究施設を脱走し、宇宙船オリガ号の人間を殺していく。また新世代ニューボーンが誕生したが、地球に持ち込むのをよしとしなかったリプリーが殺した。

【起】– エイリアン4のあらすじ1

エイリアン4のシーン1

画像引用元:YouTube / エイリアン4トレーラー映像

西暦2087年に宇宙貨物船ノストロモ号は謎の信号を受け、小惑星に降り立ちます。ところがその際、乗員の1人・ケインの顔に未知の生命体(エイリアン)が張りつき、卵を生みつけました。ケインの胸を突き破って生まれたエイリアンは体長3mを超す大物で、しかも体液は強酸です。攻撃性も高く、付け入る隙のない、「完全生物」でした。

エイリアンを退治しようとした乗員は次々に犠牲になり、唯一生き残ったリプリーはエイリアンを船外に射出し、オスのトラ猫・ジョーンズと一緒にコールドスリープにつきました(『エイリアン』参照)…。

その後リプリーの乗った船は漂流を続け、西暦2144年、実に57年ぶりにサルベージ船に回収されます。リプリーはLV426にエイリアンがいたことを訴えますが、すでに20年前から移住民が住んでいました。その矢先、LV426との連絡が途絶えます。

宇宙海兵隊と同行したリプリーはエイリアンを倒し、アンドロイドのビショップ、ヒックス伍長、移住民の唯一の生き残りの少女・ニュートと再びコールドスリープにつきました(『エイリアン2』参照)…。

ところが西暦2155年、スラコ号でエイリアンによる火災が発生し、リプリーらは非常脱出機で射出されます。生き残ったのはリプリーのみで、しかもリプリーにはクイーンの幼生が産み付けられていました。

もう1匹孵化していたフェイスハガーが捜索隊の犬に寄生しました。囚人惑星・フューリーで生まれた四つ足のエイリアンが次々に人を殺していきます。

それを退治したリプリーは、本社の調査団の目の前で溶鉱炉へ投身自殺を図りました(『エイリアン3』参照)…。

…約200年後。

その頃になると、リプリーの勤務していた植民地開発事業の大手会社ウェイランド・ユタニ社は存在しません。しかしウェイランド・ユタニ社は軍と契約を結んでいたため、リプリーの情報は連合軍が握っていました。

USM(連合軍)の医療研究用宇宙船・オリガ号は乗組員が軍籍者42名、研究員7名からなるものです。

そこでは200年前にフューリー刑務所の溶鉱炉に身を投げて死んだ、エレン・リプリー中尉の血液を採取し、クローン技術を駆使して再生を図っていました。

研究は被験者8体目にして成功し、リプリーの胸からエイリアン・クイーンを取り出します。研究者たちにとって大事なのはエイリアン・クイーンで、取り出した後のリプリーはいわば不要品だったのですが、生体機能が良好なので実験のために生かしておくことにしました。

そのリプリーですが、わずか3日で手術痕が殆ど消えるほど治癒力が高く、一部壊れているものの前世の記憶もあり、非常に興味深い研究対象となります。エイリアンの遺伝子が混ざっているため、血液は強酸性で、運動能力も高いものでした。

最初は全くの白紙の状態でしたが、リプリーは学習能力も高く、すぐに順応します。肘裏に8という数字が印字されているのを不思議に思いながらも、深く考えません。

一方、エイリアン・クイーンは別室で育てられ、卵を産ませられました。

エイリアンを復活させる目的は、有事の際の隠し武器としてだけでなく、新しい合金やワクチンの開発のため…とされていますが、それは非常に危険を伴うものだと、学習したリプリーは「どうせみんな殺される」と言います。

民間貨物輸送船・ベティ号がオリガ号に寄港しました。乗員は6名です。

・エルジン…ベティ号の船長の男性。運んできた物体の正体は知っているが、軍の目的は知らされていない。オリガ号の船長・ペレズ将軍とは親しい付き合い。

・ヒラード…操縦士の女性で、エルジンの恋人。

・クリスティー…ベティ号の副長の黒人男性。ドレッドヘア。頼もしいところがある。

・ブリース…ベティ号の機関長。下半身不随の車椅子男性。クリスティーと仲が良い。

・ジョナー…ベティ号の警護員の男性。サル顔。気性が荒いが腕っぷしも強く有能。

・コール…ベティ号の技師。今回初乗船の女性。乗務員の中ではブリースと仲が良好。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

みんなの感想(4件)

ライターの感想

今作品も非常に見どころが多い作品。
まず有名なバスケのシーン。超ロングシュートは、シガニー・ウィーバーがなんと一発で決めてます。これほんとです。CGじゃないのです。
大きなお腹のクイーンも見どころですが、水かきがついて水中をすいすい泳ぐエイリアンも今作初登場。
さらに最後にニューボーンの誕生!
ニューボーンの最期は…涙なくしては見られません。ニューボーン自身が悪いわけではないのに、殺さねばならないリプリーのつらさも伝わってきます。
シリーズものはヒットして続編が作られると劣化していくものなのですが、『エイリアン』シリーズはどれもすばらしい。ぜひ視聴してもらいたい。
  • 映画好きさんの感想

    エイリアンシリーズで最悪の出来。
    ハラハラするけど、ストーリーが全く面白くない。
    シリーズものは劣化していくという
    良い例なので、参考に見ても良い。
    きっと後悔する。

  • ジョーンズさんの感想

    20年以上視聴せずに放置していましたが、コヴェナント視聴の為に20年越しでようやく視聴しました

    >シリーズものはヒットして続編が作られると劣化していくものなのですが、『エイリアン』シリーズはどれもすばらしい。

    同感です!
    エイリアンを受胎している状態でクローンを作るというウルトラCは視聴している間は理解不能でしたが、
    視聴後こちらのサイトや他のレビューで無理やり納得させました笑
    でも他はハラハラドキドキで楽しめました
    「自爆(みなし)→脱出→エイリアンも一緒に脱出→最終対決」という3で一呼吸置かれていた様式美な展開も復活し大満足です
    四作目にしてようやく地球に帰れたリプリー(という概念)にお疲れ様と言いたいです
    もっと早く見ておけば良かった!

  • ハイパー釜めしさんの感想

    途中、

    「生まれたニューボーンはクイーン・エイリアンを見ますが、母親だと思わなかったようで(確かに似ても似つかない)、いきなり産みの親のクイーン・エリザベスを殺します。」

    とありますが、クイーン・エリザベスの間違いは分かっていても思わず吹き出し笑いしてしまいました。
    楽しく読めて良かったです、ありがとうございます。

映画の感想を投稿する

映画「エイリアン4」の商品はこちら