映画:エンダーのゲーム

「エンダーのゲーム」のネタバレあらすじと結末

SF映画

アメリカのSF賞の権威と言われる賞を二年連続でダブル受賞した、SF名作小説を実写化。長年に渡る異星生命体(フォーミック)と人類との宇宙戦争を終結させるため、使命を負った主人公の孤独や苦悩を描く。

あらすじ動画

エンダーのゲームの主な出演者

エンダー・ウィッギン(エイサ・バターフィールド)、ペトラ・アーカニアン(ヘイリー・スタインフェルド)、ヴァレンタイン・ウィッギン(アビゲイル・プレスリン)、ハイラム・グラッフ大佐(ハリソン・フォード)、メイザー・ラッカム(ベン・キングスレー)

エンダーのゲームのネタバレあらすじ

【起】– エンダーのゲームのあらすじ1

20XX年、昆虫型異星生命体が地球に襲来。

彼らは強大な軍事力を持っており、地球は侵略の危機にあった。

禁断の「サード(第三子)」として生まれたエンダーは、人口調整の中で政府から特別な許可を受けて生まれた子供であった「終わらせる者(エンダー)」として彼は、過酷な訓練を行うバトルスクールに送られ、戦いのための術を徹底的に叩きこまれる。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

「エンダーのゲーム」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×