「エンダーのゲーム」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

SF映画

【転】– エンダーのゲームのあらすじ3

エンダーのゲームのシーン3

画像引用元:YouTube / エンダーのゲームトレーラー映像

食事中、ボンソーは相手チームの指揮官にエンダーの温存は見事だっだと声を掛けられ、悔しそうにしている。

自由時間に、ペトラと組み手の訓練をしているとボンソーがやって来る。エンダーの腹に一発入れて今度コケにしたら殺すと耳元で囁く。

夜、心理ゲームを再開するエンダー。ゲームの中に姉が現れ追いかける。すると自分も登場人物のネズミから自分自身に変わる。更に兄が出てきて叫んでしまうエンダー。

エンダーを呼び出して評価をしている大佐。全て最高評価だが指揮官を怒らせると言うと、ボンソーは尊敬できないと言う。ならば自分で率いたらどうだとドラゴン隊を紹介する大佐。聞いたことがないと言うエンダーに一度も勝てず廃止していて、メンバーも変わり者だらけだと大佐。

軍曹に案内されてドラゴン隊の指揮官室に来るエンダー。最初とは打って変わって丁寧な態度の軍曹。皆に挨拶をしてくださいと言われ、エンダーが不安そうに僕に従うかな?と聞くと敬礼のポーズで笑いかける軍曹。

部屋に入って行くと、バーナードや、アーライ、ビーンの姿もある。エンダーは今までの隊とは違う隊にしたいと言い、皆に力を貸してくれるように頼む。

順調そうなドラゴン隊。少佐は嬉しそうに画面を見ている。すると大佐が渋い顔で結果を出せと言われたと言う。画面を消して少尉に明日の3時にゲーム開始だと命令する。

3時。隊のメンツを起こしに行くエンダー。今回は二つの隊との対決。おかしいと訴えられるが、実戦ではそんなことを言ってられないと鼓舞するエンダー。1人がベッドから落ちて足を捻挫してしまう。

戦闘室の前にくるとゲートが開いている。静かにするように言って中の様子を見るエンダー。するとペトラがやってきて二個隊で視界まで遮断?と聞いて来る。エンダーに代替要員よと言い、ボンソーは?とエンダーに聞かれるが大佐の命令だと言う。

二個隊とも障害物の影に隠れてドラゴン隊を迎え撃とうとしていることに感づいたエンダーは、まず先発2人で抱き合うような形で全体を見て、次にビーンにロープをつけて隠れている場所を把握し、最後はアーライを皆で守る陣形を取って相手のゲートを通り抜け勝利する。睨みつけるボンソー。

エンダーがシャワーを浴びているとボンソーがやって来る。エンダーはボンソーに争いはやめようと言うが聞き入れられず、ボンソーを突き飛ばし頭を打って動かなくなってしまう。

ボンソーが治療を受けているのを外から見ているエンダーとペトラ。そこへ少佐がやってきて1人にしたことを謝るが、大佐が謝罪を遮りエンダーと2人にするように言ってペトラと少佐を追い払う。ボンソーは死なないと大佐は言い、治療のために地球に送り返すと。自分も戻ると言うエンダーにダメだといい、せめて姉に会わせるよう言うも聞き入れられない。エンダーは涙目になって、ゲームはたくさんだ、辞めますと大佐に訴える。

エンダーの姉が家に車が止まっているのを見て中に入るとエンダーではなく大佐がいる。母親がエンダーに会わせてくれないと憤っていると姉を連れて行くと大佐。向かった先にはエンダーが待っている。姉に説得されて再び大佐と宇宙へ戻るエンダー。船内で大佐に強い口調でメールは遮断しないでと言う。すると船はいつもの訓練基地ではなく、最終訓練の地に向かう。

次のページで結末を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「エンダーのゲーム」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×