映画:エンディングワールド

「エンディングワールド」のネタバレあらすじと結末

SF映画

エンディング・ワールドの紹介:地磁気の異常により、大災害に見舞われる地球を舞台にしたディザスターパニック映画。科学者のカップルが地球の危機を救うため奮闘する姿を描く。2017年アメリカ製作。

あらすじ動画

エンディングワールドの主な出演者

ジョシュ(ジェイソン・トバイアス)、パム(サマー・スピロ)、マージョリー(パオラ・メナチョ)、グレッグ(ハリ・ウィリアムズ)

エンディングワールドのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- エンディングワールドのあらすじ1

エンディングワールドのシーン1 物語の舞台は近未来、地球は相次ぐ天変地異に襲われていました。アメリカの気象局に勤める科学者のジョシュはこの災害の原因を分析、地磁気の逆転現象によるものという結論に達しました。ジョシュはすぐに上司であり、妻でもあるパムにこの考えを伝えますが、パムはジョシュの訴えを一蹴してしまいます。ジョシュは大統領とのテレビ会議でも地磁気の異常を訴えますが、このジョシュの行動は会議を混乱させるだけでした。

パムはそんなジョシュを批判するとともに、つい最近自身に起きた悲劇を明かしました。パムはジョシュとの子どもを流産していたのです。ジョシュは悲しむパムを慰めますが、結局二人の仲は修復せず、ジョシュはパムの前から姿を消してしまうのでした。

それから三年後、地磁気の逆転現象はさらに進み、地球は度重なる災害に見舞われ、急激な海面上昇にさらされていました。この人類絶滅の危機を前にして、パムはようやく三年前のジョシュの考えが正しかったことを認め、ジョシュの元に向かいました。

【承】- エンディングワールドのあらすじ2

エンディングワールドのシーン2 パムは地球の危機を救うためにジョシュに協力を求めますが、ジョシュはパムの話に耳を貸さず、来たる海面上昇に備えて船旅の準備をしていました。するとそのとき、突然巨大な津波が襲来、ジョシュとパムは夢中で船に乗り込み、津波から身を守りました。この大災害に直面したことがきっかけで、ジョシュとパムは昔のように仲睦まじい関係に戻っていきました。

その後、ジョシュはパムを研究所まで送り届けるため、船を出発させました。その途中、二人は津波被害者を救助していきましたが、時間が経つにつれ、空は灰色に変わり、乗員の一部は謎の火傷に悩まされるようになっていきました。

そんな中、パムは今こそジョシュが三年前に提案した対抗策を実行に移すべきと言い出しました。それは、アメリカとフランスにある陽子加速装置を同時に起動させてブラックホールを発生させ、地球の磁気を正常に戻す、というものでした。ジョシュとパムは互いに励まし合い、地球を救うことを誓い合いました。

【転】- エンディングワールドのあらすじ3

エンディングワールドのシーン3 その後、一行は気象局がある街に到着、街はすでに津波の被害を受けていましたが、気象局は奇跡的に機能していました。そこで、パムは津波被害者の力を借りながら気象局の加速装置起動準備を開始、ジョシュも数名の乗員を連れてフランスに向けて旅立ちました。

パムたちは順調に作業を進めていきましたが、そんな中、悲劇が起こりました。感電事故が起こり、津波被害者の女性マージョリーが帰らぬ人となってしまったのです。マージョリーの幼い息子ロンは母の死を悲しみ、パムに抱きしめられました。パムはロンとの対話を通じて、ロンを養子として引き取ることを決断しました。

同じ頃、ジョシュたち一行は嵐に遭い、危険に直面していました。やがて、この追い詰められた状況は仲間割れを引き起こしてしまい、ジョシュはグレッグという仲間から肩を撃たれてしまいます。ジョシュは痛みに耐えながらもその場を収め、危険な旅を続行、ついにフランスに到着しました。

【結】- エンディングワールドのあらすじ4

エンディングワールドのシーン2 加速装置のあるCERN研究所に着くと、ジョシュたち一行はジクリー博士に迎え入れられ、急いで装置起動の準備を開始しました。ジョシュたちはアメリカにいるパムと通信をつなげ、タイミングを合わせて加速装置を起動、驚異的な重力を発生させ地磁場を正常化させました。

しかし、この直後にアメリカ側の加速装置に不具合が起こり、制御不能に陥ってしまいます。このままでは加速装置が暴走し、さらなる災害が起きることは間違いありませんでした。そこで、パムは危険を承知で加速装置の電源ケーブルを直接切断しようと試みました。このパムの試みは成功し、加速装置は停止しましたが、パムはケーブル切断時の衝撃で気を失ってしまいました。

パムの奮闘により世界は救われましたが、ジョシュはパムが死んだと思い込み、ひどく絶望しました。ところが、しばらくすると、ジョシュのスマホにパムの元気な声が聞こえてきました。ジョシュはパムが生きていることに歓喜し、パム、そしてロンと生きることを心に誓うのでした。

みんなの感想

ライターの感想

手持ちカメラで被写体に寄って撮影されており、どこかドキュメンタリーを観ているような気分にさせられる作品でした。ただ、そのタッチは随所で登場する雑なCG映像とミスマッチでした。また、主人公たちが恐ろしい災害をそこまで苦労することなく乗り越えてしまうので、まったくリアリティがありませんでした。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「エンディングワールド」の商品はこちら