映画:エンディングワールド

「エンディングワールド」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

SF映画

エンディング・ワールドの紹介:地磁気の異常により、大災害に見舞われる地球を舞台にしたディザスターパニック映画。科学者のカップルが地球の危機を救うため奮闘する姿を描く。2017年アメリカ製作。

あらすじ動画

エンディングワールドの主な出演者

ジョシュ(ジェイソン・トバイアス)、パム(サマー・スピロ)、マージョリー(パオラ・メナチョ)、グレッグ(ハリ・ウィリアムズ)

エンディングワールドのネタバレあらすじ

【起】– エンディングワールドのあらすじ1

エンディングワールドのシーン1

画像引用元:YouTube / エンディングワールドトレーラー映像

物語の舞台は近未来、地球は相次ぐ天変地異に襲われていました。

アメリカの気象局に勤める科学者のジョシュはこの災害の原因を分析、地磁気の逆転現象によるものという結論に達しました。

ジョシュはすぐに上司であり、妻でもあるパムにこの考えを伝えますが、パムはジョシュの訴えを一蹴してしまいますジョシュは大統領とのテレビ会議でも地磁気の異常を訴えますが、このジョシュの行動は会議を混乱させるだけでした。

パムはそんなジョシュを批判するとともに、つい最近自身に起きた悲劇を明かしました。

パムはジョシュとの子どもを流産していたのです ジョシュは悲しむパムを慰めますが、結局二人の仲は修復せず、ジョシュはパムの前から姿を消してしまうのでした。

それから三年後、地磁気の逆転現象はさらに進み、地球は度重なる災害に見舞われ、急激な海面上昇にさらされていました。

この人類絶滅の危機を前にして、パムはようやく三年前のジョシュの考えが正しかったことを認め、ジョシュの元に向かいました

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「エンディングワールド」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×