映画:カプリコン1

「カプリコン1」のネタバレあらすじと結末

SF映画

カプリコン・1の紹介:有人火星探査をめぐる陰謀を描いたスリラー。NASAの策略により火星探査の夢を奪われた宇宙飛行士の葛藤と、陰謀に立ち向かう新聞記者の戦いを描いていく。1977年アメリカ・イギリス合作。

あらすじ動画

カプリコン1の主な出演者

コールフィールド(エリオット・グールド)、ブルーベイカー(ジェームズ・ブローリン)、ウィリス(サム・ウォーターストン)、ウォーカー(O・J・シンプソン)、ケラウェイ(ハル・ホルブルック)、農薬散布の男(テリー・サヴァラス)

カプリコン1のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- カプリコン1のあらすじ1

カプリコン1のシーン1 物語の舞台はアメリカ、テキサス州ヒューストン。この地では、今まさにNASAによるカプリコン1号打ち上げが行われようとしていました。カプリコン1号は人類初となる有人火星探査宇宙船であり、優秀な三人の宇宙飛行士がその任務を任されていました。飛行士の名はブルーベイカー、ウィリス、ウォーカーといい、夢を叶えるため日々厳しい訓練をこなしてきました。

ところが、打ち上げの直前になって、三人は秘密裏に連れ去られてしまいます。三人は人里離れた砂漠にある施設の中に監禁されてしまい、突然起こった出来事に困惑していました。すると、そこに三人の友人であり、火星探査計画を主導してきたケラウェイ博士が現れました。ケラウェイ博士はこうした事態になってしまったことを悔やみつつ、事の真相を語り始めました。

現在、NASAは政府から大規模な費用を使い続けていることを非難されており、今回のカプリコン1号打ち上げが失敗すれば、予算の大幅な削減が避けられない状況に追い詰められていました。そんな中、カプリコン1号に重大な不良が見つかったといいます。今から2ヶ月前、外注した生命維持装置に欠陥が見つかったのです。議会にこの事実を報告すれば、16年に及ぶ計画は中止に追い込まれるのは確実でした。そこで、ケラウェイ博士らNASAの上層部が考えついた対策は、カプリコン1号を無人で打ち上げを行い、極秘に作ったスタジオで宇宙飛行士たちに火星からの中継を演技させる、というものでした。

ブルーベイカーたちはこの秘密の計画を「茶番」と吐き捨て、拒否する構えを見せますが、彼らに選択肢は残されていませんでした。ケラウェイはブルーベイカーらの家族が乗る飛行機に爆弾が仕掛けられていることを明かし、事態が予想以上に深刻であることをブルーベイカーたちに思い知らせました。ブルーバイカーたちは思い悩みながらも、渋々ケラウェイの指示に従うことを決めるのでした。

それから時が経ち、カプリコン1号の打ち上げから約二ヶ月経ったある日のことでした。ヒューストンの管制室に勤務するエリオットという青年が、不自然なデータの数値があることに気づきました。データを分析すると、カプリコン1号から送られているはずの信号が近くから発信されているようでした。エリオットは上司にデータ異常を報告しますが、単なる装置の故障という答えしか返ってきませんでした。

【承】- カプリコン1のあらすじ2

カプリコン1のシーン2 それからさらに時が経ち、打ち上げから131日目にカプリコン1号が火星に到着したという知らせがヒューストンに入りました。管制室はブルーベイカーたちが火星の地表に降り立つ瞬間に歓喜しますが、実際には加工されたスタジオ映像に過ぎませんでした。一方、エリオットはいまだに信号の異常を疑っていました。エリオットは友人で新聞記者のコールフィールドにこのことを打ち明けますが、その直後、謎の失踪を遂げてしまいます。

スタジオの宇宙飛行士たちは火星中継の演技を淡々とこなしましたが、心のどこかで踏ん切りをつけられずにいました。特に反発していたのは、ブルーベイカーでした。ブルーベイカーは明日に予定されているテレビ中継で真実を話したいとウィリス、ウォーカーに打ち明けますが、二人からは猛反対を受けてしまうのでした。

そして迎えたテレビ中継の当日、結局ブルーベイカーは真実を口にせず、管制室に来ていた妻のケイに愛の言葉を淡々と伝えました。そんな中、ブルーベイカーは中継の最後に「またヨセミテへ行こう。去年みたいに」とケイに伝えました。ケイは夫の言葉に疑問を覚え、一瞬眉間に皺を寄せるのでした。

一方、コールフィールドは行方をくらませたエリオットを探す旅に出ました。しかし、エリオットが住んでいた家には見知らぬ女性が住んでおり、NASAの記録からもエリオットの名前が消されていました。さらに、コールフィールド自身にも危険がおよび始めていました。コールフィールドが車を運転していると、突然ブレーキが効かなくなり、車は暴走を開始。何者かが車に細工をしたのです。コールフィールドはなんとか生還を果たしたものの、車は暴走の末に水没してしまうのでした。

それからさらに時が経ち、ブルーベイカーたちはカプリコン1号の地球帰還に向けて準備を開始しました。ところが、打ち上げから259日目を迎えた日に、カプリコン1号は耐熱シールドの剥離が発生し、高熱に耐えきれず分解する事態が発生しました。ケラウェイ博士はすぐに会見を開き、ブルーベイカーたちの死を悼むコメントを発表しました。

【転】- カプリコン1のあらすじ3

カプリコン1のシーン3 ブルーベイカーたちは周囲の様子からカプリコン1号に大きな問題が発生したことを察知し、自分たちの存在がNASAによってもみ消される危険性に気づきました。ブルーベイカーたちは監視の隙をついて施設から脱出、外にあった飛行機を奪取し離脱を図りました。しかし、離陸してすぐに燃料切れとなり、やむなく一行は荒野に着陸、機内の非常用グッズを分け合い、三方に分かれてそれぞれ人がいる町を目指しました。

日射は厳しく、険しい道は少しずつブルーベイカーたちの体力を奪っていきました。さらに、NASAが派遣したと思われる二機のヘリが追跡を始めていました。二機のヘリは執拗な追跡でウィリス、ウォーカーを捕らえ、残るはブルーベイカーのみとなりました。

同じ頃、ケイは夫の死に耐えて日々を過ごしていました。そんなある日、コールフィールドが家を訪問し、なぜテレビ中継での会話で戸惑った様子を見せたのかケイに尋ねました。ケイは去年行ったのはヨセミテではなく、フラット・ロックだったから、と返答すると、すぐにコールフィールドは家を後にしました。些細な言い間違えとも思われるブルーベイカーの言葉に、コールフィールドは意味があると考えたのです。

すぐにフラット・ロックに向かったコールフィールドでしたが、着いて早々、何者かが銃を発砲し、コールフィールドを威嚇してきました。この一件で、コールフィールドは大きな陰謀が動いていることを確信するのでした。

コールフィールドはすぐにケイの家を再訪問し、フラット・ロックのバカンス中に起きた出来事を尋ねました。すると、ケイはそのときちょうど町で映画が撮影中だったことを思い出し、コールフィールドに当時のフィルムを見せました。そこには、大規模なセットで西部劇が撮影される様子が映し出されており、ケイは当時ブルーベイカーが語った言葉をコールフィールドに教えました。「作り物なのにまるで本物だ」、「この技術ならどんなうそでも通る」…コールフィールドはこの言葉にヒントを得て、さらなる調査を進めようと考えました。

【結】- カプリコン1のあらすじ4

カプリコン1のシーン2 ところが、その矢先にコールフィールドはコカイン所持の容疑をでっち上げられ、FBIに逮捕されてしまいます。新聞社の働きですぐに釈放されたものの、コールフィールドはこの一件で解雇される羽目に。そんなコールフィールドに手を差し伸べたのは、強気な性格の同僚女性でした。彼女は自分の情報網を駆使し、ある閉鎖された軍事基地の存在をコールフィールドに教えました。それは、エリオットが疑っていたデータ信号の発信地と非常に条件が近い場所でした。

コールフィールドは早速現地へ向かうと、無人の基地の中に奇妙な撮影スタジオを発見しました。さらに、そこにはブルーベイカーのものと思われるペンダントが落ちていました。コールフィールドはカプリコン1号の真相を理解し、どこかで生き延びているであろうブルーベイカーの捜索に向かいました。

コールフィールドは空から探したいと考え、近場の農場にいた男に頼み込み、農薬散布機に搭乗させてもらいました。しばらく空を飛び回っていると、コールフィールドは二機のヘリコプターが寂れたガソリンスタンドに着陸するのを目撃しました。すると、そのガソリンスタンドからボロボロのブルーベイカーが出てきました。コールフィールドはすぐに農薬散布機を着陸させ、ブルーベイカーを翼部分につかまらせました。二機のヘリはすぐに追跡を開始し、間近に迫ってきましたが、農場の男は巧みに散布機を操縦し、ヘリを二機とも墜落させてしまいました。

その後、コールフィールドとブルーベイカーが向かったのは、カプリコン1号の宇宙飛行士たちの葬儀が行われている墓地でした。ケイを始めとする参列者やメディアは、突然その場に現れたブルーベイカーの姿に深く驚きました。ケラウェイが予想外の事態に呆然とする一方、ブルーベイカーは微笑みながら家族の元へ走るのでした。

関連する映画

SF映画

みんなの感想

ライターの感想

前半では巨大権力の陰謀をスリリングに描き、後半では生々しい逃走劇や迫力の空中戦が展開し、非常に見応えがありました。一方、人物描写は過度な演出を行わず、淡々とありのままを撮っているかのような印象でしたが、それがかえって物語の恐ろしさをより盛り上げていると感じられました。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「カプリコン1」の商品はこちら