映画:クローバーフィールドパラドックス

「クローバーフィールドパラドックス」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(5件)

クローバーフィールド・パラドックスの紹介:2018年公開のアメリカ映画。地球の資源不足を解消するために、宇宙ステーションでエネルギー開発に取り組む乗組員の運命を描いている。J・J・エイブラムスが制作を務めた作品で、クローバーフィールドシリーズの3作目。10年前に「それ」がやってきた理由がついに明らかになる。

あらすじ動画

クローバーフィールドパラドックスの主な出演者

エヴァ・ハミルトン(ググ・ンバータ=ロー)、キール(デヴィッド・オイェロウォ)、シュミット(ダニエル・ブリュール)、モンク(ジョン・オーティス)、マンディ(クリス・オダウド)、ヴォルコフ(アクセル・ヘニー)、タム(チャン・ツィイー)、ミーナ・ジェンセン(エリザベス・デビッキ)、マイケル・ハミルトン(ロジャー・デイヴィス)、モリー(クローヴァー・ニー)

クローバーフィールドパラドックスのネタバレあらすじ

【起】– クローバーフィールドパラドックスのあらすじ1

クローバーフィールドパラドックスのシーン1

画像引用元:YouTube / クローバーフィールドパラドックストレーラー映像

世界のエネルギー資源は5年以内に枯渇されると言われていました。宇宙ステーション「クローバーフィールド」は、危険な実験を行うために設計されて完成します。

実験室にあるシェパード粒子加速器が、宇宙飛行士によって起動することができれば、無限のエネルギーを生み出すことができます。

エヴァ・ハミルトンは、宇宙ステーションの乗組員として誘われます。彼女は火事で子供たちを亡くしていました。夫・マイケルと相談した結果、エヴァは乗員することを決めます。

宇宙ステーションの乗組員は、何度も起動実験を試みますが、成功できないでいました。2年もの歳月が流れようとしています。

起動を行えるのは残り3回です。エネルギーが無くなれば、宇宙ステーションがどうなるかは想像しての通りです。

地球のテレビでは、この実験が何か得体のしれない、怪物もしくは悪魔を呼び寄せるのではないかと示唆されていました。そう語るのは本の作者です。

今度こそ成功すると信じて、シェパード粒子加速器を起動します。今回は順調に出力が上がっていき、ついに50%を越えます。

明るい表情の乗組員でしたが、オーバーロードが起こり、激しい閃光が窓から見えます。加速器からは火災が発生し、乗組員は消化にあたります。

酸素漏れや、温度が滅茶苦茶になったため、宇宙ステーションを修理しなければならなくなります。

司令官のキールは、乗組員に修理を命じ、エヴァに地球との通信を頼みます。

しかし通信を行うことはできませんでした。目の前にあった地球がどこにもないからです。乗組員は自分たちが地球を破壊したのではないかと思います。

さらにコンパスでもあるジャイロがなく、現在地も分かりません。ヴォルコフは、来た時にあったことを覚えていました。そして何か顔に違和感も感じ始めます。マンディは持ってきていた大量の虫がいないことに気づきます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「クローバーフィールドパラドックス」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×