映画:ゴジラ対ヘドラ

「ゴジラ対ヘドラ」のネタバレあらすじと結末

ゴジラ対ヘドラの紹介:1971年公開。ゴジラシリーズの第11作品目となる作品である。監督は坂野義光。シリーズ第一作目の作品「ゴジラ」が終戦から間もなく、戦争や核兵器というものがテーマとして提示されていたように、1971年当時の社会問題となっていた公害がテーマとなっており、コンビナートの煙やヘドロ問題など、さまざまな公害が問題として作品内でも提示されている。

あらすじ動画

ゴジラ対ヘドラの主な出演者

矢野徹(山内明)、矢野研(川瀬裕之)、矢野敏江(木村敏江)、毛内幸雄(柴本敏夫)

ゴジラ対ヘドラのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- ゴジラ対ヘドラのあらすじ1

ゴジラ対ヘドラのシーン1  社会問題となっている様々な公害。特に駿河湾などの海洋汚染が大きな問題として世間を賑わせていました。海洋生物学者である矢野徹はこれに注目して、駿河湾の調査を進めていました。ある日、徹は駿河湾で小さなオタマジャクシに似た生物を発見し、自分の家の研究室にその生物を持ち帰り研究しました。

 公害が問題になる一方で、興味を持たない者もたくさんおりました。集まり遊ぶ若者や、家に帰らず雀荘で麻雀をするサラリーマンたち。ある夜、駿河湾から大きな黒い塊のような物が上陸し、海辺の建物を破壊していきました。雀荘で麻雀をするサラリーマンもその塊に飲まれ、息絶えてしまいました。このことはすぐに報道され、世間は大騒ぎに陥りました。

【承】- ゴジラ対ヘドラのあらすじ2

ゴジラ対ヘドラのシーン2  この出来事を受けて、徹は自分が捕まえたあの小さな生物と何か関係があるのではないかと考え、実験を開始しました。するとこの生物は通常の生物と異なり炭素で構成されており、いくら殺しても分離して数を増やして生存するのです。このことに注目した亨は、息子の研を連れて駿河湾に向かいました。するとそこで、大きなヘドロの塊のような生物に襲われてしまい、火傷のような症状が現れ負傷してしまいました。息子の研もヘドロに触れた腕が火傷してしまいます。家に帰り医者から手当を受ける二人。生物をはっきりと目撃した研は、世間からヒーロー怪獣として扱われていたゴジラをもじり、ヘドロの怪獣「ヘドラ」と名付けました。世間でもこの生物は新たな怪獣として報道され、人々を恐怖に陥れていました。

【転】- ゴジラ対ヘドラのあらすじ3

ゴジラ対ヘドラのシーン3  ある日、工場地帯にヘドラが上陸してしまい、次々と工場を破壊していきます。人々は避難し、燃え盛る工場をただ眺めていました。するとそこへゴジラが現れ、ヘドラに立ち向かっていきます。ゴジラに声援を送る人々。しかしゴジラもヘドラを倒すことはできず、ヘドラは飛行し街の上を飛び回ります。ヘドラは飛びながら硫酸ミストを振りまきながら飛び回ります。それを受けた人々は苦しみ倒れ、肉が溶け白骨化していまうのでした。人々に混乱を招いたヘドラは海へ戻っていきました。
 このままでは日本中が白骨の山と化してしまうと懸念する徹は、ヘドラを倒す作戦を考えますが良い考えが思いつかず、その間に夜中になった富士山麓に、巨大化したヘドラが上陸してしまいました。

【結】- ゴジラ対ヘドラのあらすじ4

ゴジラ対ヘドラのシーン2  富士山麓に現れた、巨大化したヘドラ。人々はパニックに陥りますが、そこへ再びゴジラが現れます。激しい戦いを繰り広げる中で、ヘドラが発射した硫酸光線でゴジラは左目を失ってしまいました。大きなダメージを受けてしまったゴジラ。そこへ自衛隊が到着。自衛隊が設置した電極までゴジラがヘドラを追い込み、協力な電流を流しました。するとヘドラは一気に乾きました。そして乾いた表面を脱ぎ捨て小さくなり空を飛びゴジラから逃げるヘドラをゴジラは追いかけ、光線でヘドラを撃ち落としました。歓喜する自衛隊員たち。しかしゴジラは自衛隊員を睨みつけます。人間の愚かさに怒りを覚えているようでした。
 ヘドラは倒され平和が訪れましたが、駿河湾のヘドロの中から、新たなヘドラが生まれようとしていました。

みんなの感想

ライターの感想

公害問題をそのままテーマとして取り上げており、かなりメッセージ性が強い作品だと思いました。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「ゴジラ対ヘドラ」の商品はこちら