映画:ゴジラ対ヘドラ

「ゴジラ対ヘドラ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

SF映画

ゴジラ対ヘドラの紹介:1971年公開。ゴジラシリーズの第11作品目となる作品である。監督は坂野義光。シリーズ第一作目の作品「ゴジラ」が終戦から間もなく、戦争や核兵器というものがテーマとして提示されていたように、1971年当時の社会問題となっていた公害がテーマとなっており、コンビナートの煙やヘドロ問題など、さまざまな公害が問題として作品内でも提示されている。

あらすじ動画

ゴジラ対ヘドラの主な出演者

矢野徹(山内明)、矢野研(川瀬裕之)、矢野敏江(木村敏江)、毛内幸雄(柴本敏夫)

ゴジラ対ヘドラのネタバレあらすじ

【起】– ゴジラ対ヘドラのあらすじ1

ゴジラ対ヘドラのシーン1

画像引用元:YouTube / ゴジラ対ヘドラトレーラー映像

 社会問題となっている様々な公害。

特に駿河湾などの海洋汚染が大きな問題として世間を賑わせていました。

海洋生物学者である矢野徹はこれに注目して、駿河湾の調査を進めていましたある日、徹は駿河湾で小さなオタマジャクシに似た生物を発見し、自分の家の研究室にその生物を持ち帰り研究しました。

 公害が問題になる一方で、興味を持たない者もたくさんおりました。

集まり遊ぶ若者や、家に帰らず雀荘で麻雀をするサラリーマンたち ある夜、駿河湾から大きな黒い塊のような物が上陸し、海辺の建物を破壊していきました。

雀荘で麻雀をするサラリーマンもその塊に飲まれ、息絶えてしまいました。

このことはすぐに報道され、世間は大騒ぎに陥りました

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ゴジラ対ヘドラ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×