映画:ゴジラVSキングギドラ

「ゴジラVSキングギドラ」のネタバレあらすじと結末

SF映画

ゴジラVSキングギドラの紹介:平成ゴジラVSシリーズの第2弾。ゴジラはビキニ環礁で巨大化した恐竜という新たな設定となり、未来人の策略により生まれた怪獣キングギドラとの壮絶な戦いが繰り広げられます。

ゴジラVSキングギドラの主な出演者

エミー・カノー(中川安奈)、寺沢健一郎(豊原功補)、三枝未希(小高恵美)、森村千晶(原田貴和子)、土橋竜三(小林昭二)、真崎洋典(佐々木勝彦)、ウィルソン(チャック・ウィルソン)、M11(ロバート・スコット・フィールド)

ゴジラVSキングギドラのネタバレあらすじ

【起】– ゴジラVSキングギドラのあらすじ1

1992年、新宿上空に突如UFOが出現します。これにはウィルソン、エミー、アンドロイドのM11といった23世紀からきた未来人が乗っていました。未来人は現代の人々に21世紀にゴジラの復活により日本が壊滅することを告げ、打開策を提案します。

打開策はノンフィクションライターである寺沢が著書内で記述した「ゴジラは1954年のビキニ環礁で行われた核実験により、付近のラゴス島に生息しいた恐竜が進化したもの」という仮説をもとにタイムスリップで当時のラゴス島に移動し元となる恐竜そのものを消し去る計画といったものです。

これを受け、寺沢を含む現代人の数名が未来人と共に1954年のラゴス島にタイムスリップします。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

「ゴジラVSキングギドラ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ