映画:ゴジラvsモスラ

「ゴジラvsモスラ」のネタバレあらすじと結末

ゴジラvsモスラの紹介:1992年12月12日公開。人気怪獣映画シリーズである「ゴジラ」シリーズの第19作品目である。平成制作のゴジラとしては3作品名であり、今作以降にも制作された「平成ゴジラ」シリーズの中で最多動員数を記録した、シリーズの中でも人気の高い作品である。「モスラ」「モスラ対ゴジラ」に登場したモスラを設定を一新して登場させ、さらに新登場の怪獣であるバトラも登場し、ゴジラと三つ巴の戦いを描く。

あらすじ動画

ゴジラvsモスラの主な出演者

藤戸拓也(別所哲也)、手塚雅子(小林聡美)、安藤健二(村田雄浩)、三枝未希(小高恵美)、手塚みどり(米澤史織)、土橋竜三(小林昭二)、深澤真由美(田中好子)、友兼剛志(大竹まこと)、船長(大和田伸也)

ゴジラvsモスラのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- ゴジラvsモスラのあらすじ1

ゴジラvsモスラのシーン1 ある夜、宇宙から1つの隕石が地球へ向かっていました。その隕石は太平洋、小笠原海峡近郊に落下し、その衝撃で海底で眠っていたゴジラが目覚めてしまいました。さらに、インファント島で強風を引き起こしました。
隕石の落下から1ヶ月程たったある日、藤戸拓也は遺跡にある宝を目指して森林の奥深くにいました。目的の宝を見つけ、崩れる遺跡からなんとか逃げ出しますが、待ち構えていた警察に逮捕されてしまいました。
留置されている拓也の元へ、元妻の手塚雅子と、丸共産業の社員安藤、そして土橋竜三が訪ねて来ます。インファント島の調査を手伝って欲しいということでした。渋々それに応じた拓也は、雅子と安藤とともにインファント島へ向かいました。
インファント島にたどり着いた3人は、数々のトラブルに見舞われながらも、奥深くへ進んで行きます。すると、巨大な卵を発見します。驚いていると、そこに小さな双子の女性コスモスが現れます。コスモスは島の原住民であり、彼女たちから、その卵が「モスラ」と呼ばれる生物の卵であることを聞かされます。安藤は丸共産業の社長である友兼に電話をかけモスラの卵のことを伝えると、友兼はそれを持ち帰るよう安藤に命じます。

【承】- ゴジラvsモスラのあらすじ2

ゴジラvsモスラのシーン2 インファント島から船に乗り、その船からロープで繋げた部分にモスラの卵を乗せて日本を目指していました。すると、大きな音が聞こえ、海からゴジラが姿を現しました。パニックになる船の乗務員ですが、拓也は船の外に出て、モスラの卵を切り離そうとします。安藤は社長に命令されていると抵抗します。拓也と安藤は殴り合いになりますが、結局拓也が卵を切り離します。すると、卵にヒビが入り、中から巨大なモスラの幼虫が現れます。モスラは海に潜り、ゴジラの尻尾に噛み付きます。ゴジラも対抗して火炎放射を吐きます。更にそこへ、同じく隕石の衝撃で目を覚ましたバトルモンスター・バトラも加わり、三つ巴の戦いを繰り広げます。モスラは退散しますが、ゴジラとバトラはそのまま戦いを繰り広げ、爆発した海底火山から流れ出したマグマに巻き込まれて沈んで行きました。

【転】- ゴジラvsモスラのあらすじ3

ゴジラvsモスラのシーン3 モスラを失い、社長からの信用を失うことを恐れた安藤は、拓也と雅子の目を盗みコスモスを連れ帰ります。友兼にコスモスを見せると、友兼は安藤を褒め、コスモスを会社のマスコットキャラクターにしようと企みます。
コスモスがいなくなったことに気づいた拓也と雅子は急いで日本に戻ります。その時、コスモスはモスラを日本に呼び寄せていました。東京に上陸したモスラは、コスモス、拓也と雅子がいるホテルへ向けて移動し始めます。街を破壊しながらホテルへたどり着いたモスラに、コスモスは破壊活動を止めるように言います。受け入れたモスラは引き返しますが、到着した自衛隊がモスラを射撃します。三枝未希や土橋竜三により自衛隊に射撃が制止されると、モスラはゆっくりと移動し始めます。モスラは、国会議事堂に辿り着くと、白い繭を作り眠ってしまいました。自衛隊や都民がその様子を見守っていると、繭の中から眩い光が発され、成虫となったモスラが飛び出し、飛んで行きました。
同じ頃、マントルに巻き込まれていたゴジラとバトラもそれぞれ復活を果たします。幼虫だったバトラも成虫に成虫し、東京へ向かいます。

【結】- ゴジラvsモスラのあらすじ4

ゴジラvsモスラのシーン2 東京の上空でお互い成虫となって合間見えたモスラとバトラ。そこへゴジラもやってきます。モスラは、バトラにゴジラを倒すために共闘することを提案します。すると、ゴジラの火炎放射により、観覧車がモスラの方へ倒れてきました。すると、バトラがその観覧車を抑えてモスラを助けます。
モスラとバトラは強力してゴジラと戦い、ゴジラを気絶させます。バトラとモスラは協力してゴジラを運び、海へ戻そうとしますが、目を覚ましたゴジラが火炎放射を吐き、バトラに直撃します。攻撃を喰らったバトラは、力尽き、ゴジラと共に海へ落ちて行きます。
コスモスは、バトラが目覚めた本当の理由を明かします。地球へ向けて隕石が向かっており、それを防ぐために目覚めたのだと言います。そこで、モスラが行くと言い、コスモスは光となってモスラの中へ吸収され、モスラと共に、宇宙へと旅立って行きました。拓也や雅子、三枝未希は、モスラを手を振って見送りました。

みんなの感想

ライターの感想

平成ゴジラシリーズで最多動員数を記録したとあり、素晴らしい作品だったと思います。モスラとバトラの絆に感動しました。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「ゴジラvsモスラ」の商品はこちら