映画:シャザム!

「シャザム!」のネタバレあらすじと結末

SF映画

シャザム!の紹介:2019年4月公開。DCコミック原作の映画で、世界観を共有する映画シリーズ「DC EXTENDED UNIVERSE」の作品である。それまでのDC作品とは異なるユーモアたっぷりのコメディヒーロー映画として製作されている。監督はデビッド・F・サンドバーグが務め、主演は「マイティ・ソー」シリーズ等で出演のザッカリー・リーバイ。DCEUでは初めて実在の都市が舞台となっている。

あらすじ動画

シャザム!の主な出演者

ビリー・バットソン(アッシャー・エンジェル)、ビリー・バットソン/シャザム(ザッカリー・リーバイ)、フレディ・フリーマン(ジャック・ディラン・グレイザー)、魔術師シャザム(ジャイモン・フンス―)、サデウス・シヴァナ(マーク・ストロング)

シャザム!のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- シャザム!のあらすじ1

シャザム!のシーン1  15歳の少年ビリーは新たな里親の元へ送られようとしていました。ビリーは幼い頃に迷子になってしまい、それ以来母親と生き別れてしまい、里親の元へ送られるのですが、その度に里親から逃げ出しては次の里親の元へと転々としていました。彼はそんな日々の中で母親を探しており、里親が集まる管理協会の会長に「里親はいらない」と言い放つも、やはり認められずにいました。
 
 新たな里親の元には何人も里子がおり、特にビリーはフレディという同年代の少年と仲良くなりました。フレディは足が悪く、日常では松葉杖を使いながら生活を送ってしました。そんなフレディはヒーローおたくでもあり、スーパーマンやバットマンと言ったヒーローたちに詳しく、ビリーはフレディの話を楽しんで聞いていました。

【承】- シャザム!のあらすじ2

シャザム!のシーン2  学校に里子兄弟と向かっていたビリー。するとその途中でいじめにあっているフレディを発見しました。ビリーはすぐにそこへ駆け寄り、いじめっ子たちを追い払いました。するとそのいじめっ子たちが仲間を連れて仕返しにやってきたため、ビリーはフレディを置いて一心不乱に逃げ出しました。
 
 いじめっ子たちから逃げきるためにビリーは電車に飛び乗りました。なんとかいじめっ子たちを振り切ったビリーでしたが、ふと気が付くと自分が乗っている電車の外の風景がおかしいことに気づきました。車内の掲示板に表示される文字も英語ではない不思議な文字でした。そして電車は駅に留まり扉が開きました。ビリーは何かに導かれるように電車を降り、ゆっくり進んでいきました。まるで洞窟のような雰囲気の駅。そこは永遠の岩と呼ばれる場所でした。「ビリー・バットソン」と名前を呼ばれた方向を見ると、不気味な老人が立っていました。フードを深く被り杖を突く男。その男は自らを「魔術師シャザム」と名乗り、ビリーにヒーローとして人々を守る指名を与えると言い出しました。ビリーは全く男の話を飲み込めず、鼻で笑いますが男はいたって真剣。ビリーに「シャザム」と叫べば力が漲ると言われます。ビリーは男の圧に負け「シャザム」と口に出すと、屈強な体に赤いマント、胸には電のマークの超人シャザムに変身しました。

 元居た世界へ戻ってきたビリーは自らがスーパーパワーを手に入れたことに高揚しつつ、家に帰りフレディに自らがスーパーヒーローになったことを打ち明けます。ヒーローマニアのフレディはすぐにビリーのパワーの元を分析し、二人でタッグを組むことを決意しました。
 ビリーはパワーを使い、コンビニ強盗を撃退したり、人助けをしたりとヒーローとしての活動を開始しました。フレディも知識を生かしてビリーのサポートに徹しました。しかし、ビリーは自らのパワーに酔い始め、次第にヒーロー活動を止めてスーパーパワーを利用したパフォーマンスでお金稼ぎを始めました。
 
 ある日、そんなビリーの元へドクター・シヴァナと名乗る男がやってきました。彼はもともとサディアスという少年で、子供のころにビリーと同じく永遠の岩に引き込まれ魔術師シャザムによって勇者に選ばれかけますが、サディアスはヒーローには向いていないと判断され、その機会を失っていたのでした。その後サディアスはドクター・シヴァナと名乗り、特訓を繰り返し自ら永遠の岩に移動することに成功。パワーを盗み出し、そしてパワーを持っているビリーの存在を知りその力を狙いに来たのでした。

【転】- シャザム!のあらすじ3

シャザム!のシーン3  永遠の岩からパワーを盗み出したシヴァナの右目にはパワーが宿っていました。ビリーはシャザムに変身してシヴァナと戦いますが、シヴァナのパワーはビリーのそれを遥かに凌ぐものでした。自らの命の危険を感じたビリーは元の姿に戻りシヴァナから逃げました。

 ビリーを見失ったシヴァナは偶然、ビリーを探しながら歩いていた松葉杖を持った少年を発見します。シヴァナはフレディを連れ去り、彼を含めたビリーの里兄弟を人質にとりました。シヴァナは人質と引き換えに、ビリーにそのパワーを渡すように要求します。ビリーはフレディたちを助けるためにシヴァナに従い、永遠の岩へ向かいました。

 パワーを手放す覚悟をしていたビリーでしたが、ビリーはシヴァナが利用されているのではないかと気が付きました。人間界を支配しようと企むモンスターたちがシヴァナを手段として利用しているだけだと考え、そのことをシヴァナ本人に訴えますが、シヴァナは一切聞く耳を持ちません。そして遂にシヴァナはビリーからパワーを吸い取ろうとしました。すると、そこへフレディたち5人の里兄弟が現れました。気を取られたシヴァナの隙を突いて、ビリー達6人は元の世界へ戻ることができました。しかし、シヴァナもすぐに6人を追って元の世界へと戻り、ビリーからパワーを盗むことに燃えるシヴァナは、とうとう民間人をも巻き込んだ攻撃を始めてしまいました。

【結】- シャザム!のあらすじ4

シャザム!のシーン2  一般の人々が攻撃を受けたことを知ったビリーは、ヒーローとしての覚悟を改めて、シヴァナを撃退することを決意します。シヴァナのもとへ駆けつけたビリーは、フレディたち5人の里兄弟と共にシヴァナの杖を奪うと、全員で杖を掴み一斉に「シャザム!」と叫びました。すると、ビリーだけではなく、フレディたちもスーパーヒーロー姿に変身しました。

 里兄弟全員がパワーを手に入れたビリーは、協力してシヴァナからパワーを抜き取る為に戦いへ挑みます。激しい戦いの末、見事にシヴァナからパワーを抜き取ることに成功。シヴァナに操られて暴れていたモンスターたちも同時に消え去り、被害に遭っていた人々から感謝されるビリーたち。ビリーは永遠の岩にパワーを封印することにして、里兄弟たちとビリーは絆を深め、この家で生活していくことを決意したのでした。

 フレディは学校で「ビリーはスーパーヒーローなんだ」と言いふらしてしまっており、結果的にビリーが変身した姿で学校へ来なかったためにフレディは嘘つきだと言われ、いじめられていました。孤立してしまい食堂で一人で食事をするフレディの元へ、シャザムとなったビリーが現れます。大喜びするフレディにビリーは「友人を連れてきたぞ」と言い、一人の男を呼び込みました。青いスーツに赤いマント、胸元に書かれた「S」のマーク。その姿を見たフレディは驚きのあまり声をあげました。

みんなの感想

ライターの感想

それまでのDCEUとは異なるユーモラスな雰囲気の作品でした。基本的にはそれまでの作品とは繋がりは薄い為、この作品単体でもかなり楽しめます。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「シャザム!」の商品はこちら