映画:シンクロニシティ(2015年)

「シンクロニシティ(2015年)」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(4件)

SF映画

シンクロニシティの紹介:2015年製作のアメリカ映画。タイムマシンの所有権を奪われた科学者が、過去の自分に警告するためにタイムマシンで過去に戻るが、同一世界で同一人物が存在できるのは48時間だった…。

あらすじ動画

シンクロニシティ(2015年)の主な出演者

ジム・ビール(チャド・マックナイ)、クラウス・マイズナー(マイケル・アイアンサイド)、アビー・ロス(ブリアンヌ・デイヴィス)、チャック(AJ・ボーウェン)、マティ(スコット・ポイスレス)

シンクロニシティ(2015年)のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①ジム、マティ、チャックら科学者3人はタイムマシンの発明に成功。しかし稼働させるにはMRDという高額な放射性同位体が必要。ジムたちはMRDを作る会社の社長クラウスにかけあい、スポンサーになってもらおうとする。 ②クラウスはジムを上手に騙し、機械の権利をわがものに。ジムは過去にタイムトラベルして警告しようとするが、別次元の過去に飛んでしまう。本当はジムは最初の実験時に死んでいた。

【起】– シンクロニシティ(2015年)のあらすじ1

「シンクロニシティ(synchronicity)」=「意味のある偶然の一致」。

若い科学者のジム・ビールは、眼鏡をかけた男性・マティ、ひげ面の男性・チャックと3人でタイムマシンを作っていました。自分たちのラボラトリーで、寝食を忘れて研究に没頭しています。

タイムマシンはほぼ完成していました。

ジムたちはスポンサーになってもらうつもりの社長クラウス・マイズナーを招待し、タイムマシンの実験を披露します。鉢植えのダリア(植物の花のダリア)を転送して実験をしてみます。

その直後から、ジムは偏頭痛に悩まされ始めました。時々鋭い痛みが頭を直撃します。

鉢植えのダリアは転送され、なくなりました。

ところが届く筈の正面玄関には、時間になっても何も現れません。

実験は半分だけ成功したのでした。時空の穴をあけるワームホールの、片方の穴だけ開いている状態です。

タイムマシンを簡単に「時空を折り曲げてトンネルを作っている」と説明すると仮定すると、そのトンネルの穴の片方が開いた状態です。もう片方を開ければタイムマシンは成功です。

分かりにくければ送信機と受信機でたとえてもかまいません。片方はできたので、あともう片方ができればいいのです。完成間近です。

ところでこのタイムマシンを稼働させるには、非常に重要な物質・MRDという放射性同位体が必要でした。燃料のようなものです。

ジムはMRDを作っている会社の社長クラウス・マイズナーに実験を見せて、スポンサーになってもらえないかと頼みます。

クラウスは実験を見て興味を持ち、そのプロジェクト(権利)を買い取ろうと言いました。ところがジムたちは売るつもりはありません。

するとクラウスはタイムマシンがまだ完成していないことを指摘し、「機械の所有権の50%をこちらに寄越すこと」を条件に挙げました。

ジムは「49%と修繕費をクラウスが負担すること」と交渉し、51%の所有権は自分たちが持つようにします。

交渉はうまくいき、クラウスは「1週間で完成させろ」と言って立ち去りました。

実験の時の映像を見直すと、テストの時に正面玄関に人影があったことが分かります。

何者かに実験を阻害されたと思ったジムは、そこへ急ぎました。そして謎の女性アビー・ロスに会います。

ジムはアビーに「どこから来た?」と聞きますが、アビーは笑いながら「どうやったの?」と聞きました。何かジムの知らない背景があるようです。

そこへ車に乗ったクラウスが通りかかりました。アビーはクラウスの手先だろう、そううすうす気づきながらも、クラウスが妻と食事をする誘いに乗り、ジムとアビーは出かけます。

食事の席で改めてタイムマシンの話が出ました。ジムは素人でも分かりやすいよう説明しますが(先のトンネルの話や、受信機と送信機のたとえ)、クラウスにとっては「その事業が会社にどれだけ利益を出せるか」が大事であって、発明自体の偉大さには目をやりませんでした。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「シンクロニシティ(2015年)」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×