映画:シン・ウルトラマン

「シン・ウルトラマン」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

SF映画

【転】– シン・ウルトラマンのあらすじ3

シン・ウルトラマンのシーン3

画像引用元:YouTube / シン・ウルトラマントレーラー映像

突然、消えてしまった神永と連絡が取れなくなった浅見は、鞄の中に神永が潜ませた銀の棒…ウルトラマンに変身する「ベーターカプセル」を見つめる。そして公安の男から全てを悟った上でサラブに連れ去られ、拘束されている場所の地図なども教える。浅見は単身、乗り込み神永を少々荒っぽく救助する。そして偽のウルトラマンとして街を破壊しているザラブを倒すべく、あさみの目の前で変身する。

苦戦の末、ザラブは倒れた。しかし浅見は無意識のうちに巨大化しウルトラマンのように街を破壊したり、歩き回ったりする姿が動画に撮られ世界中に拡散されてしれてしまった。

浅見は別物質になってしまったようで、それを画策したのは人間の姿をした外星人、メフィラスであった。彼は紳士的にザラブのような暴力的なやり方ではなく、平和的に友好的な関係を持ちたいと政府に呼びかけた。ウルトラマン、そしてこの国だからこそ協定を結びたいと。

浅見はやっと普通の人間の姿に戻るが、数日間家にも帰れずシャワーも浴びれずに、結構恥ずかしい検査までされたらしいとご不満そうだ。

ちなみに拡散された浅見の巨大化した姿は、メフィラスが紳士的に全て削除した。

その頃、メフィラスは神永にもコンタクトを取る。

彼は大きなベーターシステムを持っていた。

メフィラスは共闘して、暴力無くして地球人に外星人には敵わないと知らしめる機会だと神永を誘うが、拒否した。

「私は、この星と人間を守りたい」

「君は外星人だろう」

「半分は。だが半分はこの星の人間だ」

結果、交渉は決裂。政府とベーターシステムを介した契約式の準備が進む。その時、頭が回りそうな眼鏡を掛けた政府の男が宗像に話しかけてきた。彼もメフィラスの陰謀には乗り気ではないらしい。

神永は禍特対のメンバーにも協力を仰ぐ。この星を守りたいことを伝えた。

そしてベーターシステムと接触した唯一の人物、浅見の残り香をじーっくり嗅ぐと、ベーターシステムの場所を特定する。

式典でベーターシステムが姿を表した瞬間、ウルトラマンが奪い禍特対の乗る自衛隊ヘリコプターに放り込んだ。

そして怒りに燃えるメフィラスと対峙すると拳や光線をぶつけ合う。

しかし、ウルトラマンの後ろに新たな巨人が現れると、すっと手を引きベーターシステムを回収すると去っていった。

次のページで結末を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「シン・ウルトラマン」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×