「ジャッジ・ドレッド」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

SF映画

【転】– ジャッジ・ドレッドのあらすじ3

ジャッジ・ドレッドのシーン3

画像引用元:YouTube / ジャッジ・ドレッドトレーラー映像

エレベーターで深いため息を吐くカサンドラ。その様子をじっと見ているドレッド。

トラヴィスはママを呼んで監視カメラの映像を見せる。こちら側はたくさん人が死んでいるのにあいつらは無傷だと。するとママは閉じ込めるのよと指示を出す。

足止めされたドレッドは、ケイとカサンドラを残して探りに行く。万が一戻らない場合は生きて捕まるなとカサンドラに警告を残す。

ケイと2人のカサンドラ。ケイはカサンドラの能力を逆手に取って動揺させようとしている。

一方ママ達はドレッド1人のために住民が死ぬのも構わずにビルの反対側の通路からマシンガンを撃ち始める。集中砲火のおかげで一部の壁に穴が空きそこから外へと飛び出すドレッド達。ピーチツリーは住人の死体だらけ。

外に出ると本部との通信が繋がり応援を依頼して中に戻るドレッド達。砂煙が立ち込める中、わざわざママの目の前で手下をピーチツリーの下へ落として見せるドレッド。

ケイを暴行して尋問するドレッドにカサンドラは自分が尋問するとケイの頭の中にはいる。頭の中に入られたケイも抵抗するがカサンドラには敵わずに全てを曝け出してしまう。ドレッドに振り返って、ピーチツリーがスローモーの生産拠点で元締めはママだとわかったと話すカサンドラ。

一方、ピーチツリーの外には様子を見にきた別のジャッジ達の姿。ママはトラヴィスの腹にナイフを当てながら外のジャッジに対応させている。シールドをまだ解除できないと言い、ジャッジを中に入れないようにしている。対応を終えて俯き怯えているトラヴィス。

ピーチツリーの中をケイを連れて進んでいくドレッドとカサンドラ。銃を持った少年二人に脅されている間に、ケイはカサンドラを人質にとってエレベーターで逃げてしまう。顎に銃を突きつけられながら200階のママ達の元へ連れて行かれるカサンドラ。

ドレッドは、館内の端末に入り館内放送を始める。ピーチツリーの住人にここでも街の法律が適用されること、ママは法律ではないと話し始める。さらにママは犯罪者で協力するものは一緒に犯罪者とみなす。警告はした、ジャッジメントタイムだといって放送を切る。

次のページで結末を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ジャッジ・ドレッド」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×