映画:スタートレックイントゥダークネス

「スタートレックイントゥダークネス」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

SF映画

スター・トレック イントゥ・ダークネスの紹介:2013年に公開されたアメリカ映画。テレビシリーズ『スタートレック(宇宙大作戦)』の映画化作品であり、シリーズとしては12作目にあたる。本作は初代シリーズのリブート作である『スター・トレック』(2009年)の続編であり、オリジナルの世界観とは別次元の世界を舞台としたシリーズの2作目でもある。監督は前作に続いて『クローバーフィールド/HAKAISHA』『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』などのJ・J・エイブラムスが担当している。また初代シリーズでスポックを演じ、リブートシリーズでは未来から来た老スポック(スポック・プライム)を演じるレナード・ニモイの遺作にあたる作品でもある。

あらすじ動画

スタートレックイントゥダークネスの主な出演者

ジェームズ・T・カーク(クリス・パイン)、スポック(ザカリー・クイント)、ジョン・ハリソン/カーン(ベネディクト・カンバーバッチ)、ドクター・レナード・”ボーンズ”・マッコイ(カール・アーバン)、ウフーラ(ゾーイ・サルダナ)、モンゴメリー・”スコッティ”・スコット(サイモン・ペグ)、ヒカル・スールー(ジョン・チョー)、パヴェル・チェコフ(アントン・イェルチン)、クリストファー・パイク(ブルース・グリーンウッド)、アレクサンダー・マーカス(ピーター・ウェラー)、キャロル・マーカス(アリス・イヴ)、スポック・プライム(レナード・ニモイ)

スタートレックイントゥダークネスのネタバレあらすじ

【起】– スタートレックイントゥダークネスのあらすじ1

宇宙歴2259年、ジム・カーク率いるUSSエンタープライズ号のクルーは、ある未開の惑星の原住民たちを火山の爆発から救おうとしていました。

しかし、事故によって火口に取り残された副長のスポックを救うため、カークはエンタープライズを原住民たちの目にさらしてしまいます。本来、彼らの任務は現地の調査であり、原住民への干渉は宇宙艦隊の規則である「艦隊の誓い」に反した行動でした。

一方、地球のロンドン郊外にある小児病院では、一人の少女が病気で短い生涯を終えようとしていました。悲しみにくれる父親に、ジョン・ハドソン中佐という男が近づき、自分なら娘の命を助けられると告げました。ハドソンが自分の血を与えたことで、少女は無事に回復します。

少女の父親は宇宙艦隊の士官でしたが、ハドソンの指示によって艦隊のデータ保管庫で自爆テロを行いました。

その頃、サンフランシスコの艦隊司令部ではカークとスポックが呼び出され、パイク提督に艦隊の誓いを破ったことや、それを隠蔽するために嘘の報告をしたことを叱責されます。パイク提督はカークを降格させエンタープライズから降ろすことに決まったと告げました。かわってエンタープライズの艦長になったのはパイク提督自身でした。カークは別の艦に転属になったスポックにかわって、副長に任命されます。それはパイクがカークを庇った結果でした。カークはパイクに感謝します。しかし、カークはスポックが自分を庇わなかったことにわだかまりを抱いていました。

その夜、カークとパイクを含む士官たちは艦隊司令部に呼び出され、総司令官のマーカス提督からロンドンで爆破事件が発生したこと、その首謀者がマーカスであることを知らされます。しかし、その会議の席が武装ヘリの襲撃を受けました。カークはそのヘリのコクピットにハドソンが乗っているのを目撃します。一方、パイク艦長はヘリの銃撃を受けて死亡してしまいました。カークは恩人の死に深く悲しみます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「スタートレックイントゥダークネス」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×