映画:スタートレック (2009年)

「スタートレック (2009年)」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

SF映画

スター・トレック (2009年)の紹介:2009年に公開されたアメリカ映画。テレビシリーズ『スタートレック(宇宙大作戦)』の劇場版シリーズ11作目だが、パラレルワールドにおける初代シリーズのキャラクターを描くという形で、事実上のリブート作品として製作された。監督は『クローバーフィールド/HAKAISHA』『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』などのJ・J・エイブラムス。脚本のロベルト・オーチーは『スタートレック』シリーズのファンだが、エイブラムスは『スター・ウォーズ』シリーズのファンで、本作も『スタートレック』のファンだけでなく幅広い層に楽しめるよう製作されている。

あらすじ動画

スタートレック (2009年)の主な出演者

ジェームズ・T・カーク(クリス・パイン)、スポック(ザカリー・クイント)、クリストファー・パイク(ブルース・グリーンウッド)、レナード・マッコイ(カール・アーバン)、ニヨータ・ウフーラ(ゾーイ・サルダナ)、モンゴメリー・スコット(サイモン・ペグ)、ヒカル・スールー(ジョン・チョー)、パヴェル・チェコフ(アントン・イェルチン)、サレク(ベン・クロス)、アマンダ・グレイソン(ウィノナ・ライダー)、ジョージ・カーク(クリス・ヘムズワース)、老スポック(レナード・ニモイ)、ネロ(エリック・バナ)

スタートレック (2009年)のネタバレあらすじ

【起】– スタートレック (2009年)のあらすじ1

宇宙歴2233年、惑星連邦の宇宙艦USSケルヴィンがネロという男の指揮する巨大宇宙船から攻撃を受けました。艦長は殺され、新たに指揮を引き継いだ副長のジョージ・カークは艦の全員に脱出を命じます。そしてカークは、身重の妻ウィノナが他の乗員たちととも乗ったシャトルを守って、たった一人でネロの宇宙船と戦って、艦と運命を共にしました。脱出中のシャトル内でウィノナは出産し、その子供はジェームズと名付けられました。

それから十数年後、地球のアイオワ州で少年に成長したジェームズ(ジム)は、養父のコレクションしているビンテージカーを勝手に乗り回しては警察に追われるような乱暴者になっていました。

その頃、惑星連邦に所属するヴァルカン星ではスポックという少年がいました。彼は父親が地球人の母親と結婚したことで、同世代の子供たちにいじめられています。スポックはどうして地球人と結婚したのかと父のサレクに訊ねました。サレクは地球大使の任務にとってそれが論理的だと答えます。そしてスポックに対しては、自分の道を自分で選ぶよう言いました。

成長したスポックは母に励まされ、どんな道を選ぶことも自由だと言われます。そしてスポックはヴァルカン星で最高の名誉である科学アカデミーへの進学を拒否し、惑星連邦の士官に志願しました。

一方、アイオワ州では成長したジムがナンパとケンカにあける荒れた生活を送っていました。今日も宇宙艦隊の女性士官ウフーラをナンパし、艦隊士官たちと乱闘になっています。そんなジムのもとに宇宙艦隊のパイク艦長がやってきました。彼はジムが父親から受け継いだ才能や向こう見ずな性格を見込んでいて、宇宙艦隊に志願するよう勧めました。

翌日、ジムはバイクを走らせ、宇宙港に到着します。そこでは宇宙艦エンタープライズが建造中でした。ジムが乗ったシャトルには、ウフーラや宇宙飛行嫌いの船医マッコイが乗っていました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「スタートレック (2009年)」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×