「スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

SF映画

1999年アメリカ製作のSF映画。世界一有名なSF作品と言っても過言ではない「スター・ウォーズ」シリーズの4作目。後にダース・ヴェイダーとなる、アナキン・スカイウォーカーを主人公とした、新3部作の1作目の作品。

あらすじ動画

スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナスの主な出演者

クワイ=ガン・ジン(リーアム・ニーソン)、オビ=ワン・ケノービ( ユアン・マクレガー)、アミダラ女王/パドメ(ナタリー・ポートマン)、アナキン・スカイウォーカー(ジェイク・ロイド)、パルパティーン議員 / ダース・シディアス(イアン・マクダーミド)、メイス・ウィンドゥ(サミュエル・L・ジャクソン)、C-3PO(アンソニー・ダニエルズ)、R2-D2(ケニー・ベイカー)、ヨーダ(フランク・オズ)、ダース・モール(レイ・パーク)、シミ・スカイウォーカー(ペルニラ・アウグスト)、ジャー・ジャー・ビンクス(アーメド・ベスト)

スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナスのネタバレあらすじ

【起】– スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナスのあらすじ1

スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナスのシーン1

画像引用元:YouTube / スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナストレーラー映像

 銀河共和国の平和の守護者、ジェダイの騎士のクワイ=ガン・ジンと、その弟子オビ=ワン・ケノービは、銀河共和国の名により、辺境の星系との交易に多額の税金を課し、自らの儲けを増やそうとしていた通商連合との交渉に、特使として向かいます。通商連合は、銀河共和国の惑星ナブーへの出荷を全面的に停止し、航路も封鎖するという横暴を働いていたのでした。

 通商連合の船内に入ったクワイ=ガンとオビ=ワンは、待合室に連れて行かれます。しかし、特使として現れた2人がジェダイの騎士だと分かった通商連合のヌート・ガンレイ総督は、ジェダイを恐れ、彼らの指導者ダース・シディアスに相談を持ちかけます。シディアス卿は、ジェダイを暗殺するようガンレイ総督に指示します。ヌート・ガンレイは、ジェダイ達が乗ってきた船を破壊し、待合室に2人を閉じ込め、毒ガスを放ちます。

 違和感を感じ取ったクワイ=ガンとオビ=ワンは、息を止めて待ちます。そこに、遺体を始末するように指示された数体のバトルドロイドが入ってきますが、2人はドロイド達をライトセーバーで倒していきます。ライトセーバーで扉を破壊し、総督の部屋まで向かおうとする2人でしたが、ドロイデカと呼ばれる強力なドロイドが現れ、2人は一時非難します。2人はエアシャフトからバトルドロイドの船に潜入し、惑星ナブーに向かいます。

 ナブーに到着したクワイ=ガンとオビ=ワンは、通商連合がドロイド軍を引き連れてナブーに侵略しようとしている事を知ります。ドロイド軍と戦いながら森を進む2人の前に、ナブーに暮らすグンガン族のジャージャー・ビンクスと言う人物に出会います。クワイ=ガンは、彼の命を救ったことでジャージャーは、彼につきまとうようになります。

 ジャージャーは、2人に安全な場所がある事を伝えます。それは、湖の底にあるグンガ・シティと言う街で、ジャージャーは2人をグンガ・シティ連れていきます。街に到着した2人は、街の長であるボス・ナスの元に連れて行かれます。2人は、ボス・ナスに地上がドロイド軍に侵略されており、グンガ・シティにも危険が迫っている事を伝え、船を課してくれるよう頼みます。ジャージャーは、あるドジのせいでグンガ・シティを追放されていましたが、道案内のためにクワイ=ガン達と同行する事を認められます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×