「スターウォーズエピソード1/ファントムメナス」のネタバレあらすじと結末の感想

スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナスの紹介:1999年公開のアメリカ映画。映画史に残る『スター・ウォーズ』シリーズのアナキン・スカイウォーカーズの少年時代を中心に描いたエピソード。副題は「見えざる脅威」を意味する。

予告動画

スターウォーズエピソード1/ファントムメナスの主な出演者

クワイ=ガン・ジン(リーアム・ニーソン)、オビ=ワン・ケノービ(ユアン・マクレガー)、パドメ・アミダラ(ナタリー・ポートマン)、アナキン・スカイウォーカー(ジェイク・ロイド)、シミ(ペルニラ・アウグスト)、ヨーダ(フランク・オズ)、パルパティーン元老院議員(イアン・マクダーミド)

スターウォーズエピソード1/ファントムメナスのネタバレあらすじ

【起】- スターウォーズエピソード1/ファントムメナスのあらすじ1

遠い昔、はるか彼方の銀河系…。
平和な銀河共和国に乱れが生じていました。
貿易をする通商連合は貿易関税率をほしいままにしようと、ヌート・ガンレイ総督がナブー星に武力攻撃をしかけています。統治すべき元老院の人たちは、放置したままでした。
ナブー星の若く美しい女王・パドメは、通商連合の要求を退けて元老院に訴えかけようと動きますが、邪魔が入ってうまくいきません。
銀河共和国には、一種の超能力〝フォース〟を持って戦うジェダイという騎士団がおり、ジェダイが平和を維持していました。
ジェダイは20cmほどの柄を持ち歩き、フォースの力で1mほどのプラズマの刃を出す「ライトセーバー」を武器にします。

【承】- スターウォーズエピソード1/ファントムメナスのあらすじ2

2人のジェダイ騎士クワイ=ガン・ジンとオビ=ワン・ケノービが、ナブー星に特使として派遣されますが妨害されます。2人は耳が長く目が出た恐竜様のグンガン人ジャー・ジャー・ビンクスの協力で、グンガン国から水中経由でナブー星に行き、パドメ女王と会います。パドメはドラム缶型のドロイド(ロボット)・R2-D2を同行しました。
ジェダイの2人はパドメを元老院へ連れますが、通商連合の邪魔が入り宇宙船が壊れ、惑星タトゥイーンに立ち寄ります。
雑貨店で才能溢れる奴隷の少年アナキン・スカイウォーカーを見つけたクワイ=ガンは、ジェダイにしようと思います。アナキンはポッドレース(自作飛行艇レース)で優勝し自由を得ます。

【転】- スターウォーズエピソード1/ファントムメナスのあらすじ3

アナキンの母・シミを説得してアナキンを星から連れ出し、アナキンは2足歩行の自作ドロイド(ロボット)3POを置いていきます。
元老院のある惑星コルサントへの途中、クワイ=ガンらは赤鬼に似た容貌のダース・モールの攻撃を受けます。
フォースを正義に使う騎士をジェダイとするなら、悪や私利私欲のために使う騎士をシスと言い、シスはダークサイド(暗黒面)に落ちた者です。ダース・モールは、絶滅したといわれたシス(悪)の末裔でした。クワイ=ガンらは一度はダース・モールを退けます。
一行はコルサント星に到着し、女王アミダラは元老院に現状を訴えますが反応は悪く、最高議長へ不信任を提出し新議長選挙を要求しました。

【結】- スターウォーズエピソード1/ファントムメナスのあらすじ4

野心家の議員パルパティーンが最高議長になります。
パドメ女王は長年不仲だった隣国グンガン族のボスに助けを求め、パドメの礼儀を尽くした態度に感動したボス・ナスは和解と協力を申し出ました。
グンガン族が敵を引きつけ、その間にクワイ=ガンたちがガンレイ総督を拘束する作戦です。
戦いの最中に再びダース・モールが現れ、クワイ=ガンは倒れました。師匠を倒されたオビ=ワンが仇を討ちます。クワイ=ガンはオビ=ワンに、アナキンを弟子にするよう言い残しました。
アナキンは敵の戦闘機で敵艦を破壊し、通商連合に勝利します。
ナブーとグンガンは一大祭典を開き、アナキンはオビ=ワンの弟子になりました。

みんなの感想

  • spn45ze9さんの感想

    小学生の時初めて見たスターウォーズがこの作品でした。CGがすごいと感心してしまいました。当時はダースベイダーの存在さえ知らず、後で旧作を見て驚いた覚えがあります。旧作が好きな方には賛否があるようですが、私は大好きな作品です。

映画の感想を投稿する

映画「スターウォーズエピソード1/ファントムメナス」の商品はこちら