映画:タイタン

「タイタン」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

SF映画

タイタンの紹介:2018年3月30日公開のアメリカ映画。滅亡間近の地球を舞台に、移住先の土星の環境に適応するため、肉体改造実験を受ける兵士の姿を描いている。サム・ワーシントンとテイラー・シリングが主演を務めたSFドラマ。

あらすじ動画

タイタンの主な出演者

リック・ジャンセン(サム・ワーシントン)、アビゲイル・ジャンセン(テイラー・シリング)、マーティン・コリンウッド教授(トム・ウィルキンソン)、フライア・アプトン博士(アギネス・ディーン)、タリー・ラザフォード(ナタリー・エマニュエル)、ルーカス・ジャンセン(ノア・ジュペ)、ジム・ペーターセン大佐(コーリイ・ジョンソン)

タイタンのネタバレあらすじ

【起】– タイタンのあらすじ1

太平洋上に核降下物が降り注ぎ、砂嵐が発生したことで、住民は避難をします。ビーチは大洪水となっていました。

2048年、NATO作戦基地に、リックとアビゲイル、そして2人の息子のルーカスはやってきます。

この基地の労働人口は3000人で、スーパーや映画館もあります。

リックはパイロットで、シリア砂漠を飲まず食わずで3日間歩き続けました。

地球の人口は増加する一方で、資源は枯渇していました。戦争が起こって、人類はまだ争いを続けています。

10年以内に地球の半分は居住不可能になり、15年以内に世界人口の半分が餓死します。もう時間がありませんでした。

希望は土星の最大衛星のタイタンです。タイタンは太陽系で唯一、大気があり、生命誕生間近の地球に似ています。

液体メタンが降り注ぐタイタンの空気は、窒素が濃くて呼吸ができません。そして寒すぎる環境となっています。

しかし、最新の遺伝学ならば、この環境下でも生きることは可能です。

星を人類に合わせるのではなく、人類を星に適応させるのです。つまり改造人間となるのです。

コリンウッド教授は、実験に参加する兵士たちに、これらを説明します。

肉体改造によって、拒否反応が起こりえます。何の保証もありませんでした。大半は脱落すると予想されています。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「タイタン」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×