「タイムライン」のネタバレあらすじと結末の感想

SF映画

タイムラインの紹介:2003年公開のアメリカSF映画。「ジュラシック・パーク」の原作者マイケル・クライトンの同名小説を、リチャード・ドナー監督が映画化。現代から中世の世界に送り込まれた考古学者たちの冒険を、スリル満点に描く。

タイムラインの主な出演者

クリス・ジョンストン(ポール・ウォーカー)、ケイト・エリクソン(フランセス・オコナー)、アンドレ・マレク(ジェラルド・バトラー)、エドワード・ジョンストン教授(ビリー・コノリー)、レディ・クレア(アンナ・フリエル)、ロバート・ドニガー(デヴィッド・シューリス)

タイムラインのネタバレあらすじ

【起】- タイムラインのあらすじ1

ニューメキシコの荒野のど真ん中で、瀕死の男が発見されERで亡くなります。検視の結果、男の臓器や血管、骨格などのあらゆる組織が断層のようにずれていました。この男は巨大ハイテク企業ITCに所属する物理学者で、彼の死因は『転送エラー』によるものでした。同じ頃、フランス南西部にある修道院の発掘現場でも、信じられない現象が起きていました。14世紀の地層から、現代の製品としか思えないメガネのレンズが発見されたのです。いっしょに発見されたメモには「HELP ME」と走り書きされており、この筆跡は発掘に携わっていた歴史学者・ジョンストン教授のものだと判明しました。

【承】- タイムラインのあらすじ2

ジョンストン教授は発掘プロジェクトのスポンサーを訪ねるために現場を離れて、以来、行方不明になっていました。ジョンストン教授の息子・クリスは発掘チームのスポンサーであるITC社長・ドニガーに呼び出されます。そこでクリスは、ITCが極秘裏に開発した時空間転送装置で14世紀のフランスに送りだされたものの、現地で消息不明になっていることを聞かされました。クリスは父を探すことを決めます。そしてクリスと助教授・マレク、唯一の女性・ケイト、フランス語堪能なフランソワ、案内役としてドニガーの側近・ゴードンたちは中世の衣装で転送装置の前に立ちます。

【転】- タイムラインのあらすじ3

閃光と轟音が襲い、クリスたちはタイムワープしました。…時は1357年、100年戦争の最中にあるフランスでは、オリバー卿率いるイギリス軍とオルノー卿率いるフランス軍が激しい戦闘を繰り広げていました。その戦いの最前線に、ちょうどクリスたちは未来から降り立ってしまいます。騎馬隊がクリスたちに襲いかかって、思わず投げた手榴弾が未来に転送されてしまい転送装置が破壊されました。マレクはイギリス軍から逃げてきた女性・クレアを助けます。クリスとケイトは修道院に逃げ込み、現代で発見したジョンストン教授の手紙とメガネを見つけました。さらにジョンストン教授も見つかります。

【結】- タイムラインのあらすじ4

現代では転送装置のバックアップシステムの正常性を調査しました。正常に動く確率は81%でドニガー社長は使えないと判断しますが、研究者一同は望みを賭け、6時間後に予定通りクリスたちを呼び戻す準備をします。クリスとケイトは、マレクと再会しました。現代に戻ろうとするとき、マレクはいつしか愛し合うようになったケイトのために残ると言い出します。現代では成功率81%の機械を止めようとするドニガー社長が装置に閉じ込められていました。そのまま時間を迎え、クリスとケイト、ジョンストン教授は現代に戻ってきました。交代にドニガー社長が過去のフランスに転送され、斧を持った騎士に殺されました。

関連する映画

SF映画

みんなの感想

  • spidermanさんの感想

    マレクはケイトの為に14世紀に残るのではなく、クレア為に残るのが正しい。

映画の感想を投稿する

映画「タイムライン」の商品はこちら