映画:ターミネーター(ニューフェイト)

「ターミネーター(ニューフェイト)」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

SF映画

【転】– ターミネーター(ニューフェイト)のあらすじ3

ターミネーター(ニューフェイト)のシーン3

画像引用元:YouTube / ターミネーター(ニューフェイト)トレーラー映像

負傷して苦しむグレースのために、ダニーは薬局に寄って薬を手に入れます。

店の外へ出ると、サラが追い付いて待っていました。

サラはダニーとグレースを車に乗せ、移動します。

サラは、ダニーのスマホを取り上げると、GPSで追跡されると言って捨てます。

そのままサラは、2人を連れてモーテルに宿泊します。

部屋でサラは、ダニーと話をしました。

サラは、自分がかつてターミネーターと戦ったこと、それにより未来が改変されたものの、1998年に息子・ジョンが殺されたことを話します。

その後サラは、謎の人物から送られてくるメールによって、ターミネーターが出没することを知っていました。

酒浸りの生活のサラは、ターミネーターを倒すことだけが生き甲斐だったことを、ダニーに話します。

サラに問われたグレースは、自分が2042年の未来からやってきたと答えます。

グレースのいる未来は、サラのものとは異なり、〝リージョン〟というAIロボットがいる世界でした。

ジョンはいませんが、ダニーを守れという指令で、グレースもやってきていました。

グレースが、サラに届いたメールの送信元を調べると、ラレドの外れだと分かります。

ダニー、サラ、グレースはそこへ行くことにします。

車で移動した3人は列車に乗り込み、移動をしました。

〔ラチウム データセンター メキシコシティ〕

列車の中で、ダニーはグレースに未来のことを聞きます。

グレースの住んでいた未来は、Rev-9を率いる〝リージョン〟が人類を滅ぼそうとしていました。

人類は絶滅の危機に瀕しています。

両親と死に別れたグレースは、かつてダニーに救われていました。

ダニーはちょうどジョン・コナーと同じように、グレースのいる未来では「人類の救世主」として活躍していました。

〝リージョン”はダニーを殺害しようと、過去にRev-9を派遣し、それに対抗すべく命の恩人と慕うグレースを、ダニーが過去に送ったのです。

列車で移動していた3人は、国境警備隊に見つかり、留置所へ送られました。

〔米国 国境警備隊 収容所 テキサス州ラレド〕

3人はばらばらに収容されました。

その収容所に、Rev-9が現れます。

グレースはダニーを助けると、ヘリコプターで逃げようとします。

ダニーはサラを助けようとして、危険な目に遭いました。

あとでダニーは、サラとグレースに「無茶をするな」と注意されます。

ヘリコプターで逃げた3人は、目的地近くで着陸します。

次のページで結末を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ターミネーター(ニューフェイト)」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×