映画:ターミネーター3

「ターミネーター3」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

SF映画

ターミネーター3の紹介:2003年公開のアメリカSF映画。『ターミネーター』(1984年)、『ターミネーター2』(1991年)から続くシリーズの第3作にあたる。シリーズ中初の女性の容姿をしたT-Xという型のターミネーターが登場する。

あらすじ動画

ターミネーター3の主な出演者

ターミネーター〔T-850〕(アーノルド・シュワルツェネッガー)、ジョン・コナー(ニック・スタール)、ケイト・ブリュースター(クレア・デインズ)、T-X(クリスタナ・ローケン)、ロバート・ブリュースター(デイヴィッド・アンドリュース)

ターミネーター3のネタバレあらすじ

【起】– ターミネーター3のあらすじ1

自在に体を変えられる液体金属ターミネーター・T-1000と壮絶な戦いを繰り広げ、人工知能スカイネットが人類に反乱し、核戦争が起きる筈だった「審判の日」を阻止してから10年後。

ジョンは半ば抜け殻状態になっていました。

その後、母・サラを白血病で亡くしたジョンは、人生の目的を見いだせないまま、その日暮らしの放浪生活を送っています最大の危機を回避でき、現代は平穏な社会です。

しかしジョンの中には依然として不安が残っており、ときどき悪夢にうなされていました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ターミネーター3」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×