「ダークシティ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

SF映画

1998年製作のアメリカ映画。監督は「アイ、ロボット」や「ノウイング」などのアレックス・プロヤス。主演のジョン・マーゴットに「レジェンド・オブ・ゾロ」などのルーファス・シーウェル、共演に「レクイエムフォードリーム」などのジェニファー・コネリー。 古ぼけた宿のバスタブで目覚めたマードック。何も記憶がなくパニックに陥っている中、助けてやると男から電話がかかってくる。しかしその最中にも部屋で女性の遺体を見つけてさらに動揺し、慌ててホテルを出ていく。ダイナーに寄り財布を見つけて自分の名前がジョン・マードックであることを確認するも相変わらず記憶はあやふやで、街中が12時になると眠りこけてしまうこともマードックの不安に追い打ちをかけてくる。そんな中、見つけたシュレーバー博士の名刺を頼りに博士に会いに行くマードック。街がおかしいのかマードックがおかしいのか、あやしい男達にも追われながら真実を追求していく。

あらすじ動画

ダークシティの主な出演者

ジョン・マードック(ルーファス・シーウェル)、シュレーバー博士(キーファー・サザーランド)、エマ・マードック(ジェニファー・コネリー)、フランク・バムステッド警部(ウィリアム・ハート)、リチャード・オブライエン、イアン・リチャードソン、ブルース・スペンス、コリン・フリールズ他

ダークシティのネタバレあらすじ

【起】– ダークシティのあらすじ1

ダークシティのシーン1

画像引用元:YouTube / ダークシティトレーラー映像

最初に闇があった。そこへストレンジャーと呼ばれる人が現れ、彼らは意思の力で物質を変化させることができた。その力はチューンとよばれたが、彼らは絶滅の危機を迎え、自分の世界を捨て生存の旅に出た。やがて彼らは地球にたどり着いた。そこには彼らが求めるものがあった。

シュレーバー博士の独白ー自分は彼らの実験を手伝い、人類を裏切ったと、懐中時計を見るとちょうど夜中の12時を指している。

人々が活動していた街は急に停止してしまっている。

時計を見てほくそ笑み、どこかへ歩いていくシュレーバー博士。

電灯が揺れる古ぼけたバスルームのバスタブの中で目を覚ますマードック。額には血がついている。すみには洋服が畳まれている。洋服を身につけ扉の外に出ると、金魚鉢を落としてしまう。全てに違和感を感じながら部屋にあったスーツケースを開けると、中にシェルビーチと書かれた絵葉書が入っている。絵葉書を見て何かを思い出しそうになるマードック。

すると部屋の電話が鳴る。電話の先のシュレーバー博士に混乱していると話すマードック。助けてやろうと慌てている博士。私は医者で、自分の実験が失敗して記憶を消してしまった、そこから逃げろと話す。蘇でんわをしている最中にべっどのそばに女性が死んでいるのを見つけて驚くマードック。女性の遺体には赤い渦巻きが描かれている。慌てて部屋を出ていくと外套を着た3人の男がやってくる。子供もいる。

あわてて宿をでようとするマードック。ホールの人たちは皆、電池が切れたように止まっている。出て行こうとすると時計が鳴り、皆が動き出し、ホテルのスタッフがマードックに3週間分のホテル代を払うように話すが、記憶のないマードックは後で払うと告げて外へ出ていく。

ホテルのスタッフは、支払わないのは客じゃないと言いながらマードックの部屋を開けると、中には坊主頭で外套に防止の青白い男達がいる。マードックの居場所を尋ねられるが、知らないと見る眠らされてしまう。

クラブで歌っているエマは旦那の主治医だというシュレーバー博士に呼び出される。シュレーバーはマードックがエマに裏切られた苦悩と闘いながらここへ通っていたと話し、マードックには記憶喪失があり妄想を見ると話し、マードックから連絡があれば連絡をいれるようにと話す。

夜の街中で、マードックは自分の名前を思い出そうといろんなjではじまる名前を呟きながらぐるぐる回っていると清掃員におかしなものを見る目でみつめられているのに気づき、その場を離れる。

マードックのいたホテルでは遺体が見つかり警察が来ているが、警察官に聴取を受けているフロントのスタッフはマードックに声がけした男とは全くの別人。にもかかわらず、前の男がしていたことを自分のことのように話している。

警部はまた娼婦かとつぶやき、歩いていくと、他の刑事にワレンスキ刑事の様子がおかしいと報告を受けるも意に介さないように進んでいく。

ダイナーにやってきたマードックは、店員に声をかけると、財布を忘れていたと言われる。差し出されるも取り出せないことに苛立つマードック。集中すると途端に扉が壊れて財布を取り出すことができる。ダイナーに入ってきた警官を見ないように通り過ぎようとすると声をかけられてしまう。すると、外でマードックの姿を見ていた娼婦が助けてくれる。娼婦に手を引かれていくマードック。

ホテルの部屋を捜索している警部達。金魚が助けられているのを見ておかしな殺人犯だと話していると、ワレンスキ刑事が走り込んできて、やつらが見ていると大暴れする。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ダークシティ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×