映画:トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン

「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーンの紹介:2011年公開のアメリカ映画。『トランスフォーマー』シリーズの第3作で、第1部の完結編にもあたる。2014年8月8日から第2部にあたる『トランスフォーマー/ロストエイジ』が公開された。

あらすじ動画

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーンの主な出演者

サム・ウィトウィッキー(シャイア・ラブーフ)、カーリー・スペンサー(ロージー・ハンティントン=ホワイトリ)、ロバート・エップス(タイリース・ギブソン)、ウィリアム・レノックス(ジョシュ・デュアメル)、シーモア・シモンズ(ジョン・タトゥーロ)

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーンのネタバレあらすじ

【起】– トランスフォーマー/ダークサイド・ムーンのあらすじ1

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーンのシーン1

画像引用元:YouTube / トランスフォーマー/ダークサイド・ムーントレーラー映像

遠い宇宙のサイバトロン星では金属生命体・トランスフォーマーが住み、オートボット(正義)とディセプティコン(悪)が戦ってディセプティコンが勝利しますが、サイバトロン星は滅びます。

戦いの最中、オートボット側のセンチネル・プライムが操縦する宇宙船・アークが離陸しました。船内にはサイバトロン星を救う技術・ピラーズが搭載されます。

1961年、宇宙船・アークが月の裏側(ダークサイド・ムーン)に衝突しました。それを察知したケネディ大統領はアポロ11号の月面着陸を成功させ、ひそかに月面を調査させます…。

現代、オートボットは人類と共存していました。リーダー・オプティマスは月面のセンチネルを救出します。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ