「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(3件)

2011年公開の、アメリカのSFアクション映画。惑星サイバトロンの地で、善のトランスフォーマー軍「オートボット」と悪のトランスフォーマー軍「ディセプコン」の戦争が繰り広げられ、オートボットは敗北に追い詰められてしまいます。一方地球では、人類初の月面到達を達成したが、その裏には隠された計画があって…。

あらすじ動画

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーンの主な出演者

サム・ウィトウィッキー(シャイア・ラブーフ)、カーリー・スペンサー(ロージー・ハンティントン=ホワイトリー)、シーモア・シモンズ(ジョン・タトゥーロ)、ダッチ(アラン・テュディック)、ロン・ウィトウィッキー(ケヴィン・ダン)、 ジュディ・ウィトウィッキー(ジュリー・ホワイト)、ディラン・グールド(パトリック・デンプシー)、ブルース・ブラゾス(ジョン・マルコヴィッチ)、ジェリー・ワン(ケン・チョン)、ウィリアム・レノックス(ジョシュ・デュアメル)、ロバート・エップス(タイリース・ギブソン)、シャーロット・メアリング(フランシス・マクド―マンド)、ヴォスコッド・ラドヌフ(ラヴィル・イスヨノフ)、モーシャワー将軍(グレン・モーシャワー)、デミトリ(エリヤ・バスキン)、ユーリィ(ユージン・アルバ―)、ハードコア・エディ(レスター・スペート)、ツィンマーマン(??)、ニール・アムストロング(ドン・ジーンズ)、バズ・オルドリン(バズ・オルドリン/回想はコーリー・タッカー)、ロバート・マクナマラ(ドリュー・ピルスバリー)、ジョン・F・ケネディ(ブレット・スタイムリー)、ビル・オライリー(ビル・オライリー)、リチャード・ニクソン(ジョン・トービン)、ウォルター・クロンカイト(ウォルター・クロンカイト)、オプティマス・プライム(ピーター・カレン)、アイアンハンド(ジェス・ハーネル)、バンブルビー(??)、ラチェット(ロバート・フォックスワース)、サイドスワイプ(ジェームズ・レマー)、ホィーリー(トム・ケニー)、ディーノ(フランチェスコ・クイン)、キュー/ホイルジャック(ジョージ・コー)、ブレインズ(レノ・ウィルソン)、レッカーズのロードバスター(ロン・ボティッタ)、レッカーズのレッドフット(ジョン・ディマジオ)、トップスピン(セリフ無し)、センチネル・プライム(レナード・ニモイ)、メガトロン(ヒューゴ・ウィ―ヴィング)、スタースクリーム(チャーリー・アドラー)、ショックウェーブ(フランク・ウェルカー)、ドリラー(??)、サウンドウェーブ(フランク・ウェルカー)、レーザービーク(キース・ザラバッカ)、イゴール(グレッグ・バーグ)、ドレッズ(??)、バリゲード(フランク・ウェルカー)、デフコン(??)、スカルペル型(??)、ブロウル/ロングハウル/スクラッパー/ディセプコン・プロトフォーム/輸送車型ディセプコン(ローダー)/腕時計型ディセプコン/白いパトカー型ディセプコン/ピックアップトラック型ディセプコン/ゴミ収集車型ディセプコン(全て??)

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーンのネタバレあらすじ

【起】– トランスフォーマー/ダークサイド・ムーンのあらすじ1

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーンのシーン1

画像引用元:YouTube / トランスフォーマー/ダークサイド・ムーントレーラー映像

惑星サイバトロンに住む金属生命体「トランスフォーマー」は、善のトランスフォーマー軍「オートボット」と悪のトランスフォーマー軍「ディセプティコン」による戦争が起きていました。数で勝るディセプティコンに敗北へと追い詰められたオートボットは、最後の希望を託して1隻の宇宙船を脱出させたが、ディセプティコンに攻撃されて月へと墜落させられてしまったのです。

月面に何か降り立ったことを知った、当時のアメリカ合衆国のジョン・F・ケネディ大統領とロバート・マクナマラ国防長官は、同じく調査に乗り出したソ連よりも先に、月面に墜落した宇宙船の調査をせよと宇宙飛行士たちに極秘任務を言い渡します。それから8年後の1969年7月16日、アポロ11号による人類初の月面到達を達成したNASAの宇宙飛行士ニール・アムストロングやバズ・オルドリンたちは、月の裏側「ダークサイド」にある宇宙船の調査を行ったが、損傷が激しく生存者がいない船内で人類以外の生命体がいるという衝撃的な事実を知ったのです。

そして現代、オートボットたちと2度も地球を救ったサム・ウィトウィッキーは、FBIに指名手配されたことから就職先がなかなか決まらず、オートボットへ亡命したホィーリーやブレインズと共に、軍人家系で育った新恋人のカーリー・スペンサーの部屋へ転がり込んで生活していました。一方、ロシアの諜報員ヴォスコッド・ラドヌフから、ロシアのチェルノブイリでサイバトロンに関する調査をしているという情報を入手したウィリアム・レノックス率いる「N.E.S.T」と、オプティマス・プライム率いる「オートボット」は謎の物体を発見します。

その直後、ディセプティコン「ショックウェーブ」「ドリラー」の襲撃に遭ったN.E.S.Tとオプティマスたちは、ドリラーとショックウェーブを退けたが、彼らが持ち去ろうとしたものが宇宙船「アーク」の一部であったことを知るのです。この事実に不機嫌になったオプティマスは、レノックスたちとN.E.S.T基地へ戻ったが誰とも口も利かず、ようやく口を開いたのは高飛車な態度で話すフランシス・マクド―マンド国際情報長官に、何故自分たちにサイバトロンに関する情報を隠していたと詰め寄った時でした。

フランシスと共にやって来たバズから、当時の最高司令官にソ連との宇宙開発競争の原因、宇宙船の調査について極秘情報として口止めされていたことを知ったオプティマスは、宇宙船「アーク」に戦争の鍵となるテクノロジーと伝説の戦士「センチネル・プライム」が乗っているのだと告げます。ディセプティコンたちに発見される前に、センチネルとテクノロジーを奪取せねばと思ったオプティマスは、ラチェットやN.E.S.Tと共に月に降り立ち、アークの中に眠るセンチネルとテクノロジーを救出することに成功しました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×