「トランスフォーマー/リベンジ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

【承】– トランスフォーマー/リベンジのあらすじ2

トランスフォーマー/リベンジのシーン2

画像引用元:YouTube / トランスフォーマー/リベンジトレーラー映像

北大西洋に浮かぶ船にと逃げて来たラヴィッジは、奪ったオールスパークの欠片で新たなトランスフォーマーを作って仲間にし、ローレンシア海溝に沈むメガトロンの元へ向かいました。ラヴィッジたちの存在に気づいた米原子力潜水艦「トピーカ」は、急いで現場に急行したが間に合わず、ディセプティコンの軍医「ザ・ドクター(スカルペル)」に指示されて解体された「スクラップメタル」のパーツとオールスパークの欠片でメガトロンは復活してしまうのです。

復活したメガトロンは、自分を置き去りにした挙句不在の間、「ザ・フォールン」の命令で動いた副官のスタースクリームを折檻します。その後に会いに行ったザ・フォールンは、失われたオールスパークの力と知識を吸い取ったサムを使って、自分を唯一倒せるプライムの生き残り「オプティマス・プライム」を誘き寄せ、兄弟だと呼んだ初代プライムたち6人への恨みとリベンジを果たせとメガトロンたちに命令しました。

一方、サムはオールスパークの欠片に触れた影響から、大学の講義中に不思議な文字が映写され、思わず錯乱してしまいます。自分の講義を邪魔したと怒るコラン教授に追い出されたサムは、ミカエラに自分の祖先「アーチボルト・ウィトウィッキー」がメガトロンと接触した際、不思議な文字が見えて錯乱した現象と同じことが起きたと報告し、ミカエラにオールスパークの欠片に絶対触れるなと警告しました。

それを聞いていたミカエラは、出所した父親が営むバイクショップの金庫に保管したオールスパークの欠片を盗もうとした青いRCカー「ホィーリー」を捕まえて、飛行機に乗って会いに行くと約束するのです。オプティマス・プライムたち「オートボット」とN.E.S.Tが、ニューヨークとフィラデルフィアへ向かう複数のディセプティコンたちを追跡していた頃、サムは寮へとやって来たミカエラとレオと一緒に、アリスに擬態していたディセプティコン「プリテンダー」から襲われていました。

ミカエラがエンジンを復活させた車でプリテンダーを破壊した後、突如現れたヘリに変形したメガトロンに捕まり、人気のない工場でサムはザ・ドクターによって解剖されそうになります。そこへN.E.S.Tと共に駆けつけたバンブルビーを含めたオートボットたちは、サムを守りながら脱出したが、オプティマス・プライムとサムは猛追してきたメガトロンとスタースクリームに追い回されてしまうのです。

オプティマス・プライムはサムを守りつつ、スタースクリームとメガトロンの2機のディセプティコン相手に激しい攻防を繰り広げたが、メガトロンによって破壊されてしまいます。サムはオプティマス・プライムの死を目撃して呆然としたが、最期に逃げろと言ったオプティマス・プライムに従い、バンブルビーに乗って他のオートボットたちと一緒にその場を立ち去ってゆくのでした。

高層ビルの屋上へ飛来したメガトロンとスタースクリームは、ザ・フォールンを迎え入れるために全てのディセプティコンたちを集結させ、世界各地で暴れることによって人類に自分たちの存在を知らしめます。大気圏からディセプティコンたちと来たザ・フォールンは、ハッキングした衛星を使い、「人類に見つからないように隠れ潜んでいた自分たちの存在がいること」と「サムを差し出さなければ世界を滅ぼす」と宣言するのです。

これによってサムは国際指名手配され、N.E.S.Tとオートボットたちは、オプティマス・プライムの亡骸を運んだN.E.S.T基地へ現れたギャロウェイからN.E.S.Tの解散を言い渡され、オートボットたちは拘束されます。オプティマス・プライムが死んだのは自分のせいだと責めるサムは、ミカエラとバンブルビーによって元気を取り戻し、ザ・ツインズの「スキッズ」「マッドフラップ」に、頭の中に浮かんだ文字を知っているかと尋ねました。

スキッズたちからは自分たちの故郷・惑星サイバトロンの言葉だと言う情報を、レオからはハンドルネーム「ロボウォーリア」のサイトでその文字を見たという情報を入手し、サムはロボウォーリアこと元セクター7捜査官「シーモア・シモンズ」に会いに行きます。

次のページで起承転結の「転」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「トランスフォーマー/リベンジ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×