映画:ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス

「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

SF映画

ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネスの紹介:2022年5月4日公開のアメリカ映画。元天才外科医にして最強の魔術師を主人公とする『ドクター・ストレンジ』の続編で、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』のその後を描くファンタジック・アクション。監督を「スパイダーマン」シリーズのサム・ライミが務める。主演のベネディクト・カンバーバッチのほか、ベネディクト・ウォン、レイチェル・マクアダムスが続投。また、エリザベス・オルセンが演じるスカーレット・ウィッチことワンダも登場する。

ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネスの主な出演者

スティーヴン・ストレンジ / ドクター・ストレンジ演 – ベネディクト・カンバーバッチ、日本語吹替 – 三上哲 ワンダ・マキシモフ / スカーレット・ウィッチ演 – エリザベス・オルセン、日本語吹替 – 行成とあ ウォン演 – ベネディクト・ウォン、日本語吹替 – 田中美央 クリスティーン・パーマー演 – レイチェル・マクアダムス、日本語吹替 – 松下奈緒 モルド演 – キウェテル・イジョフォー、日本語吹替 – 小野大輔 アメリカ・チャベス(英語版)演 – ソーチー・ゴメス(英語版)、日本語吹替 – 鬼頭明里 ニコデマス・ウェスト演 – マイケル・スタールバーグ ハミヤ演 – トポ・ウェルネスニーロ ダニエル・ドラム演 – マーク・アンソニー・ブライトン トミー・マキシモフ演 – ジェット・クライン ビリー・マキシモフ演 – ジュリアン・ヒルヤード リントラ声-アダム・ヒューギル ガルガントス(シュマゴラス)声-イェニファー・モリーナ

ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネスのネタバレあらすじ

【起】– ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネスのあらすじ1

ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネスのシーン1

画像引用元:YouTube / ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネストレーラー映像

マルチバース(多元宇宙)のはざまにあるギャップ・ジャンクション(接合点)には、戦闘で破壊されたがれきが浮いていました。そのなかに『ヴィシャンティの書』が浮いています。ポニーテールのような髪型をしたディフェンダー・ストレンジは怪物に追われながらも、必死でその書物を取ろうとしていました。アメリカ・チャベスという少女もいっしょにいます。

怪物は炎を吐いて攻撃してきます。ディフェンダー・ストレンジは右足の太ももを負傷しつつも、怪物を封じ込めようとしていました。しかし抑えきれないと気づきます。

ディフェンダー・ストレンジはアメリカに「奴の狙いは君のパワーだ。私なら制御できる」と言ってアメリカのパワーを吸い取ろうとしました。「マルチバースの壮大な尺度のなかでは、君を犠牲にするしかない」と説得します。

アメリカの力を吸い込もうとしていたディフェンダー・ストレンジは、後ろから怪物に攻撃されて倒れました。アメリカは『ヴィシャンティの書』を取りに行きますが、怪物に両手両足を掴まれます。致命傷を受けたディフェンダー・ストレンジはアメリカが拘束されている部分を攻撃して、アメリカを逃がそうとします。アメリカは空間に星型の穴を開けて、ギャップ・ジャンクションから逃げ出しました…。

…という夢を見てスティーブン・ストレンジは飛び起きました。胸をなでおろしながら、クリスティーンからもらった腕時計(盤面は割れたままです)を腕につけたストレンジは、魔術でネクタイを締めます。今日は結婚式なのです。

アメリカ・ニューヨーク。

ストレンジが教会へ行って席に座ると、ドクター・ウエストが隣にやってきました。ドクター・ウエストは5年前に起きたサノス襲来の事件について、ほかに道はなかったのかと聞きます。ストレンジは「あの方法しかなかった」と答えました。

教会で行われたのは、ストレンジが愛した女性クリスティーン・パーマーの結婚式です。クリスティーンはストレンジの知らない男性と結婚していました。

結婚式のあとのパーティーでストレンジがバーで飲んでいると、そこへクリスティーンがやってきます。ストレンジは今もクリスティーンを愛していると告げ、「もしも私が変われたら」と未練を口にしますが、クリスティーンは「どうせ続かなかった」と答えます。クリスティーンは幸せだと言いますが、ストレンジは自分はそうでないと思います。

通りで大きな音がしました。ストレンジはグラスをボーイに返すとマントをまとい、ビルから降りて向かいます。アスファルトを破壊して、地下からタコのような生き物・ガルガントスが出てきました。ガルガントスは車道を走るバスを攻撃していました。

バスが破壊されると、なかにいたのは夢の少女・アメリカでした。アメリカを見たストレンジは、今朝夢に見た少女だとすぐに気づきます。ストレンジはマントを投げてアメリカをキャッチすると、ガルガントスを撃退しようとします。しかしひとりでは苦戦しました。ストレンジは投げ飛ばされて気絶し、マントが頬を叩いて起こそうとします。起きないのでマントはアメリカを助けに行きますが、ガルガントスがバイクを投げて邪魔しました。マントはバイクの下敷きになって、抜け出そうともがきます。

マスター・ウォンがやってくると、加勢しました。ストレンジもようやく起きて、ウォンといっしょに戦います。2人は協力してガルガントスを固定すると、街灯を目に突き刺して殺しました。

アメリカはストレンジのスリング・リングを奪うと逃げ出そうとしますが、ストレンジは夢でアメリカを見たと話します。アメリカは「あれは夢じゃない。別の宇宙(ユニバース)よ」と答えました。スパイダーマンの件でマルチバースについて知っているとストレンジが話すと、アメリカはスパイダーマンの話題に食いつきました。どんな容貌をしているのか、尻から糸を吐くのかと、アメリカは質問を重ねます。

アメリカは、別の世界のストレンジは自分を誘拐したと話しました。次元と次元のあいだを移動する能力を持つと話したアメリカは、能力の制御ができておらず、恐怖を感じたときにのみ移動してしまうと話しました。至高の魔術師(ソーサラー・スプリーム)だけが読めるという『ヴィシャンティの書』を狙っている者がいると話したアメリカは、それを探してやってきたと話します。半信半疑のストレンジに、証拠を見せるとアメリカは答えました。

アメリカに連れられて都心のビルの屋上へ行ったストレンジは、夢で見たディフェンダー・ストレンジの遺体を見て衝撃を受けました。夢ではなかったと知ります。ウォンとストレンジはアメリカに、ひとまずカマー・タージへ来いと誘いました。遺体はとりあえずその屋上のレンガを剥がし、そこに埋めます。

ウォンはアメリカをカマー・タージへ連れていき、ストレンジは、「心当たりのある魔女、最強の助っ人」に話をしに行きます。

…ワンダ・マキシモフは、2人の幼い息子ビリーとトミーと暮らしています。息子はふたりとも母親のことが好きでした。ワンダは幸福そうに微笑します…。

それは、ワンダの夢でした。実際のワンダはひとりで、起きると白い花が満開のリンゴ園の様子を見回ります。そこへストレンジがやってきました。

ストレンジはマルチバースとアメリカの話をし、カマー・タージで保護しているから協力してほしいと頼みました。するとワンダは「アメリカをここに連れてくればよい。私が守る」と答えました。ストレンジは、まだアメリカの名前を言わないうちからワンダがその名を知っていることで不審に思いました。ワンダも、ストレンジに疑われたと気づきます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×