映画:ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス

「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

SF映画

【転】– ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネスのあらすじ3

ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネスのシーン3

画像引用元:YouTube / ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネストレーラー映像

【異世界】

ストレンジが目覚めると、透明なガラス張りの部屋に閉じ込められていました。両手には魔術を封じる手錠がかけられています。アメリカは隣のガラス部屋に入っています。

この世界ではなんと、クリスティーンは科学者でした。ストレンジとアメリカを監視しています。クリスティーンはマルチバースの世界を研究しており、ストレンジたちが別世界からやってきたと知っていました。

モルドはストレンジを引き立てて、イルミナティに会わせると言います。ストレンジが信用ならないので、イルミナティの審議にかけるようでした。

【MCUの世界】

ウォンはスリング・リングを使ってスカーレットとともに雪深い山に行っていました。目の前にワンダゴアの山があります。スカーレットは「直接行けないのか」と疑問を口にしますが、ウォンは行けないと答えました。

スカーレットが飛んで近づいて寺院に入ると、四隅に石の状態で眠っていた番犬のような怪物が動き始めます。怪物たちはスカーレットにひざまずきました。スカーレットの目の前には彼女にそっくりな絵があり「私を待っていた。これは墓じゃない、玉座よ」と気づきます。

【異世界】

ストレンジはイルミナティのメンバーの前に引き立てられました。そこにいるのはキャプテン・カーターとキャプテン・マーベル、ブラックボルト、ミスター・ファンタスティックでした。彼らはストレンジに、「インカージョン」の危険性を話します。インカージョンとは2つの宇宙の境界線が侵食し合うことで、それが高じると両方の世界が破壊されてしまうのです。エグゼビア教授(プロフェッサーX)も出てきて、ストレンジの死の真相を話します。

【MCUの世界】

ウォンがスカーレットに「アメリカのパワーまで、なぜ自分のものにしたがる?」と質問します。スカーレットはそれに対して、「私がもう2人(の息子)を失わないために」と答えました。息子がピンチに陥った際の解決策として、異世界に行ける能力を持っていればよいと考えたスカーレットは「私がすべてを支配する」と言います。

スカーレットはウォンに攻撃を仕掛けました。ウォンは崖から落ちます。スカーレットは座禅を組んで異世界のワンダを操り始めます。

【異世界】

再びワンダがスカーレットに操られました。息子たちが寝静まった館から、スカーレットは出て行きます。

プロフェッサーXはストレンジに、死の真相を話します。表向きはサノスを倒して死んだことになっていますが、実際は、この世界のストレンジはドリームウォークをすることで、インカージョンを引き起こしてしまったのです。

プロフェッサーXがテレパシーでストレンジに映像を見せます。この世界のスプリーム・ストレンジが謝罪し、ブラックボルトが声を出すことでスプリーム・ストレンジを倒していました。その後、世界にはヒーローが必要だと判断して美談を作り、銅像を作ったのだと説明します。

その頃スカーレットに操られたワンダが、建物の1階に来て攻撃を開始していました。警報が鳴り、イルミナティはワンダに向かいました。モルドのみストレンジのところに残ります。

操られたワンダはブラックボルトの口をなくすことで、攻撃を封じます。封じられたブラックボルトは頭が破裂して詩にました。ほかのメンバーもワンダとの戦いで命を落としました。ストレンジはモルドと戦って倒すと、操られたワンダのもとに向かいます。

ワンダはアメリカの部屋に接近していました。クリスティーンはアメリカの部屋を解除したいと思いますが、ガラス張りの部屋は破れません。外から消火器で割ろうとしても割れませんが、なかからアメリカが拳で殴るとガラスが割れました。そこへワンダがやってきます。

プロフェッサーXがやってくると、ワンダの心を読んでスカーレットに接近します。しかしスカーレットは別の世界のスカーレットを用意して見せました。助けを求めるスカーレットに近寄ったプロフェッサーXは、首を折られて亡くなります。

プロフェッサーXにワンダがかかっているあいだに、アメリカとクリスティーンは逃げていました。ストレンジと合流します。ストレンジはクリスティーンに、『ヴィシャンティの書』を教えてくれと言いました。

背後にはワンダが迫っています。ストレンジは防爆扉をおろして水を流すことで、時間稼ぎをしました。アメリカの口添えもあり、クリスティーンは案内することに決めました。ストレンジの手錠を外して連れていきます。

『ヴィシャンティの書』は地下にありました。解除しようとしたストレンジは、腕時計がロック解除のアイテムになっていると知ります。

扉を開くと、ギャップ・ジャンクション(接合点)になっていました。破壊されたがれきのあいだに『ヴィシャンティの書』を見つけて、3人はジャンプします。(映画冒頭のシーンに酷似しています)

ストレンジは書物を手にしますが、アメリカがワンダに追いつかれてしまいました。ストレンジはワンダと攻撃し合い、たまたま『ヴィシャンティの書』が燃えてしまいます。アメリカが攻撃に怯えたのでポータルが開きました。ストレンジとクリスティーンがそこに吸い込まれます。

操られたワンダがアメリカをMCUの世界に戻します。その後、ワンダはスカーレットから解放されたので正気を取り戻し、家に戻ります。

次のページで結末を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×