映画:バックトゥザフューチャーPART3

「バックトゥザフューチャーPART3」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3の紹介:1990年制作のアメリカSF映画。監督はロバート・ゼメキス。映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズ三部作の完結編にあたる。今回のマーティは西部開拓時代で活躍する。

あらすじ動画

バックトゥザフューチャーPART3の主な出演者

マーティ&シェイマス・マクフライ(2人ともマイケル・J・フォックス)、エメット・ブラウン博士[ドク](クリストファー・ロイド)、ビフ&ビュフォード・“マッド・ドッグ”・タネン(2人ともトーマス・F・ウィルソン)、クララ・クレイトン(メアリー・スティーンバージェン)

バックトゥザフューチャーPART3のネタバレあらすじ

【起】– バックトゥザフューチャーPART3のあらすじ1

1955年に取り残されたマーティは1885年のドクの手紙を頼りに、この時代のドクに会います。

手紙によると、ドクは1885年にタイムスリップし鍛冶屋を開いたこと、デロリアンは故障したので廃鉱のトンネルに隠したこと、でも1955年の技術を使えばデロリアンは直せるのでその時代のドクに頼むことが書いてあり、最後に「絶対に1885年には来るな」と記されていました。

マーティと1955年のドクはトンネルに行き、壊れたデロリアンを見つけますデロリアンを回収したマーティは、近くの墓地に「1885年9月7日ドク死す」と書かれた墓を発見しました。

ドクを助けたいマーティは修理したデロリアンを使い過去に行きます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「バックトゥザフューチャーPART3」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×