「バトルシップ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

SF映画

【結】– バトルシップのあらすじ4

バトルシップのシーン4

画像引用元:YouTube / バトルシップトレーラー映像

キャルはなんとか機械を基地から持ち帰り、サムはアレックスに連絡を取ることに成功します。アレックスはナガタと共にオアフ島の通信アンテナ破壊に向かいますが、そこに最初に海から突き出た巨大な建造物が現れます。

攻撃用の機動兵器を失い、建造物は自らJPJを破壊すべく、その正体を現します。遺跡のような建造物が倒れ込むように海中へと消え、そして先ほどより更に大型の機動兵器の本体が、海中から浮かび上がります。

大型機動兵器の指示を受けたのか、沿岸から戻ってきた飛行物体の攻撃を受けて、JPJは沈没。アレックスたちはなんとか救命ボートで脱出します。これで、通信基地を破壊することは出来なくなったかと思われましたが、アレックスはすでに別の案を考え出していました。

アレックスは、今は記念館として沿岸に横付けされている大型戦艦ミズーリ号を「復活」させようと考えたのです。しかしミズーリの仕様はJPJと違い全てが昔ながらのアナログで、乗組員がその操作を覚えるだけでも大変だと思われました。

そこへ、演習の式典に参加していた退役軍人たちがやってきます。アレックスの依頼を受け、年老いた退役軍人たちは、再びミズーリを動かすことを決意します。レイクスや他の乗組員も退役軍人たちの指示に従い、ミズーリは沿岸を離れ出港します。

向かってくるミズーリに対し、大型機動兵器も攻撃準備を開始しますが、アレックスはここでわざと、砲弾の目標を真横に変更します。まるで見当違いの方向を狙っているかに見えましたが、アレックスは大型機動兵器に接近すると、急カーブを指示。機動兵器の前で「真横」を向いたミズーリの砲弾は、真っ直ぐ機動兵器に向かっていました。

更にアレックスは錨を降ろしてミズーリを急停止させ、進路を狙った機動兵器の砲撃を寸前でかわします。ミズーリの攻撃は機動兵器を直撃し、ハワイ地区を覆っていたバリアが消え去ります。

後は通信基地を破壊するだけでしたが、機動兵器もしぶとく、艦内に収納していた巨大タイヤに似た飛行物体を発射しようとします。ミズーリの砲弾は残り1発だけで、アレックスはそれで飛行物体を迎撃するより、通信基地を破壊することを選びます。

ミズーリはアレックスの命令で、見事に通信基地を破壊します。同時に機動兵器から飛行物体が発射され、ミズーリもこれまでかと思われましたが、そこで海軍の戦闘機が到着し、飛行物体を撃退します。バリアが解けたことで、提督が即座に攻撃命令を出していたのです。

戦闘機は続いて大型機動兵器にも攻撃を仕掛け、異星人の乗ってきた機体は全て破壊されます。こうして見事殊勲をあげたアレックスは、戦闘後の表彰式で亡くなった兄と共に受勲を受け、提督からサムとの結婚の許しを得ることにも成功したのでした。

「バトルシップ」が無料でフル視聴できる配信サービスは?

バトルシップはVOD(ビデオオンデマンド)サービスで視聴できます。詳しくは以下リンクからご覧ください。

バトルシップのネット動画を探す

次のページで映画の感想を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「バトルシップ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×