映画:パシフィック・リム

「パシフィック・リム」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(5件)

映画「パシフィック・リム」の感想

ライターの感想

この映画の見所は、人類を襲う巨大怪獣に対抗するために、ロボットイェーガーにパイロットが乗り込む場面です。細かい動作のディティールが日本のロボット・アニメーションのパロディーになっていてファンにはたまらないシーンです。 また、怪獣の動き方にも日本アニメのリスペクトが溢れていて、ラストのバトルの怪獣の動き方はエヴァンゲリオンの初号機のそっくりに動いて行く所は大迫力です。その他、イェーガーパイロット役の森マコの少女時代を演じる、芦田愛菜の泣き演技も必見です。
  • アミヨシコさんの感想

    ロボットと怪獣のバトル。少年が夢見るドリームマッチそのもの。よい意味で大変アホっぽく、すばらしい。ギレルモ・デル・トロのロマンと、好きなものがふんだんに盛り込まれた詰め合わせセットという感じ。エヴァンゲリオン、ガンダム、特撮系ヒーローものが好きな世代には刺さりまくるのではなかろうか。脇役の三兄弟とか、父と息子とか、コミック映えしそうなキャラ設定が素敵だったなあ。あと、芦田愛菜ちゃんの演技がめちゃくちゃ上手で驚いた。

  • KOD7さんの感想

    終盤近くの戦闘シーンが大変好みです。
    巨大怪獣や巨大ロボットが好きなのでついつい熱くなります。
    ストーリーの細かいところは気にせず、あまり予備知識なしで見ると楽しめる映画です。
    展開がベタだろうが、オチがどうだろが、戦闘シーンが全てだと思うので、もう少し戦闘シーンが多くても良かったかなとは思います。
    しかし怪獣モノへの愛情は伝わってくる気がして、そこが好きです。

  • KOUSINさんの感想

    アメリカ版ゴジラみたいな巨大怪獣とゲームに出てくる巨大兵器がガチ喧嘩する、前情報はそれだけでいい映画です。音楽もノリがすごくマッチしていてドキドキしますよ。登場人物達のドラマは正直いらなかったですがまあノリです。巨大ロボットが怪獣と戦う、それだけでいいんです。色々突っ込むところは端々にありますけど見なかった事にしています笑

  • ginger_loveさんの感想

    公開当初、SNS界隈では面白いとの絶賛されていた作品を、少し時間を置いてから視聴しました(その間にレビューサイトなどでネタバレも読んでいました)。
    一言で表すなら『頭を空っぽにして見ると、アドレナリンが出て面白い映画』だと思いました。
    主人公が置かれている環境や、彼を取り巻く周囲の人物の立ち振る舞いに引っ掛かってしまうと「おや?」と感じてしまう事がありますが、先が想像出来るシナリオはまさに『ロボット映画の王道』といった感じでした。
    イェーガーのバトルシーンは文句の付け所がないぐらいに素晴らしく、特に吹き替えで見るとアニメーションを見ているかのような童心に還ったかのような気持ちを思い起こさせてくれます。

1 2 3 4 5

「パシフィック・リム」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×