映画:ビギニング

「ビギニング」のネタバレあらすじと結末

SF映画

ビギニングの紹介:2015年に公開されたオーストラリア映画で、監督はマーク・ファーミー氏です。SF映画ではありますが、どちらかと言えば、核戦争を題材にした作品です。核戦争が間近に迫っている世界を背景としており、宇宙から飛来した謎の物体を手に入れた主人公とその物体を突け狙う組織の戦いが描かれています。とはいえアクション映画といった感じでもなく、メッセージ性のあるヒューマンドラマといったほうが近いかもしれません。

あらすじ動画

ビギニングの主な出演者

デヴィッド(ジャイ・コートラエ)、アニー(ケンドラ・アップルトン)、ザック(トッド・ラサンス)、スタイプ(ブレン・フォスター)

ビギニングのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- ビギニングのあらすじ1

ビギニングのシーン1 老夫婦の住むトレーラーハウスに、謎の男たちがやってきました。リーダー格らしき男の名前はスタイプです。男たちは異常なしと答え、老人は何かが復活すると口にします。盲目だったはずの老人は目が見えるようになっていました。
妻に案内され、男たちはとある物体が落下した地点に移動しました。しかし時すでに遅く、そこには何もなかったのです。

デヴィッドは妻の墓へ、娘のアニーがやって来ると報告します。テレビのニュースから「10万人をイランへ派遣するターミナス作戦」についての情報が流れていました。

デヴィッドは仕事仲間と共にバーに行きます。不況のせいで仕事も無くなり、デヴィッドたちは荒れていました。
テレビからはロシア兵が米軍基地を吸収したというニュースが流れています。
タイソンという男が客のザックに絡み、店の前で乱闘が始まりました。デヴィッドは喧嘩を止めに行き、ザックが義足だと知ったタイソンたちはバカにしつつ去って行きます。
デヴィッドはザックを送ります。ザックが降りた場所は退役軍人リハビリセンターでした。

家に帰ったデヴィッドは、娘のアニーが来ていることに気付きます。デヴィッドは退学したのかと怒りますが、アニーは辞めたわけではなく、学費が不渡りだと答えました。彼はすまないと謝ります。

デヴィッドは車で走行している最中、空から何かが降ってくるのを見ました。その衝撃に巻き込まれ、デヴィッドは事故ります。血まみれになった彼は、謎の影を目撃しました。

デヴィッドが帰って来ないため、心配したアニーは探しに行きます。
森に続く道に立っているデヴィッドを見つけ、アニーは病院に連れて行きました。

【承】- ビギニングのあらすじ2

ビギニングのシーン2 デヴィッドは妻が亡くなる前、腎臓を移植していました。しかしどういうわけか、レントゲンには移植したはずの腎臓が映っていたのです。医者は何か間違いでもあったのかと、疑問を口にしました。

デヴィッドとアニーは自宅に帰ります。彼は事故当時を思い返していました。事故に遭った際、彼は謎の物体から伸びる触手に触れていたのです。

夕食時、アニーは病院でママの名前を呼んでいたと問いかけました。アニーは一緒に乗り越えて行こうと慰めます。

デヴィッドは妻の声を聞き、外に向かいます。彼は死んだはずの妻と再会し、「希望を創って。アニーのために」と言われました。
彼の幻想は目覚め、イラン全体が不安定に陥っているというニュースが流れます。

スタイプが軍の人間と会話していました。軍が「なぜ戦争中に隕石を探している」と問いかけます。スタイプは「隕石さえ見つかれば戦争は終わる」と返しました。

死んだ標本を研究者たちが調べています。人を使って、彼らは実験をしていました。

デヴィッドは妻の幻影に悩まされつつ、車で出かけます。その間、アニーは家族の思い出のビデオを見ていました。

ザックが友達と会話しています。デヴィッドがやってきました。彼はザックを連れ、森へと向かいます。
デヴィッドは触手を生やす謎の物体を回収し、ザックの力を借りて、車の荷台に載せました。謎の物体を家に持ち帰ります。

ザックに異変が生じ始めました。義足をつけている足が痛みを訴え始めたのです。徐々に痛みの頻度は増していきました。

デヴィッドは謎の物体を調べ始めます。そこにザックがやってきて、「俺に何をした」と叫びました。
アニーが帰って来ます。ソファに寝ているザックを見て、アニーは病院に連れて行ったほうがいいのではと口にしました。
しかしデヴィッドはその必要はないとして、ザックの足を見せます。ザックの無くなった足から何かが生え始めていました。
デヴィッドは娘に見張ってろと叫んで、その場を後にします。

【転】- ビギニングのあらすじ3

ビギニングのシーン3 スタイプたちの元に標本が見つかったという連絡が入り、彼らは探しに向かいます。

ザックが目覚めました。デヴィッドが帰ってきて、謎の物体がある部屋に行きます。彼はガスバーナーを謎の物体に当て、ザックを謎の物体の近くに移動させました。その瞬間、ザックの足が復活し始めます。
あまりの現実感のなさに、アーニーは気を失いました。

翌朝、アニーとザックはデヴィッドと話をします。デヴィッドは謎の物体を守る保護装置を作るつもりでした。そのための準備を始めます。

デヴィッドは仕事仲間を酔わせて鍵を奪い、ザックと共に工場へと向かいます。その道中、防護服を着た謎の男たちが、森で作業しているのを見かけました。
デヴィッドとザックは工場の鍵を開け、保護装置を作るために必要な道具や材料を運び始めます。

スタイプは仲間を連れ、森へと足を踏み入れます。隕石が落下したと思わしき場所に、彼らが探している標本の一部がありました。残りの標本はどこだとスタイプが問いかけると、その場に居合わせた警官が、チェンバレン(デヴィッドのこと)がこの辺で事故を起こして、無傷だったという情報を伝えます。

標本を持ち帰った研究者たちは、創造主じみた力を持っていることを突き止めます。標本にはあらゆる生物のDNAが含まれていました。

デヴィッドとザックは力を合わせ、謎の物体の保護装置の完成を急ぎました。

アニーに、国立科学局の捜査官だと名乗るスタイプが話しかけます。スタイプはデヴィッドと話をするためにやってきたのでした。
スタイプはあるものを探していると告げ、デヴィッドから話を聞きます。デヴィッドは事故が起こった日、空が光って運転を誤ったとだけ言いました。
それに対し、スタイプは「あなたが見つけた物は奇跡かもしれない」と言い、デヴィッド以外の標本を見つけた人物の写真を見せます。デヴィッドはようやく謎の物体を見つけたことを告白しますが、それはもう溶けて無くなったと嘘をつきました。
スタイプたちは帰ります。アニーはバレているから、殺されるかもしれないと怯えていました。
デヴィッドは俺に対する贈り物で、妻の幻影が何かが起こると教えてくれたと言います。アニーは謎の物体を見つけてからおかしくなったとして、突っぱねました。

【結】- ビギニングのあらすじ4

ビギニングのシーン2 翌朝、デヴィッドは車で出かけます。その後をスタイプの部下たちが追いかけました。デヴィッドは知り合いを身代わにして、姿を隠します。スタイプは娘を連れて来いと命令しました。

デヴィッドはザックの元に向かいます。ザックは保護装置を作っていました。
その後、ザックはアニーに会いに行きます。アニーは母が死んだことを話し、父を助けてくれと頼みました。
その頼みを受け入れたザックはアニーを連れ、友達に会いに行きます。その友達もまた怪我をしており、ザックは元の生活に戻して、リハビリセンターから出してやると勇気づけました。
建物を出たザックとアニーは捕まります。

デヴィッドの元に仕事仲間がやってきます。彼は上司に命令され、奪われた物を取り戻しに来たのでした。
デヴィッドは仕事仲間を殺してしまいます。彼は妻と会う幻影を見ました。妻は「2人を見つけて」と言います。

スタイプは、ザックとアニーに標本のありかを訪ねました。答えないことに業を煮やしたスタイプは、ザックの足を傷つけ始めます。
デヴィッドがやってきて、スタイプに銃を向けました。アニーがスタイプを殴って気絶させ、彼らは逃げ出します。
スタイプがライフルを向け、アニーを撃ちました。その瞬間、ザックが撃ち返します。
デヴィッドとザックは急いで標本の場所へ向かい、アニーを保護装置の中に入れました。アニーはうんともすんとも言いません。
スタイプたちがやってきます。デヴィッドは保護装置にガソリンをぶっかけ、ライターを手に取りました。
その瞬間、アニーの声が聞こえます。スタイプがデヴィッドを撃ちました。銃撃戦が始まります。
スタイプの非道なやり口に嫌気が差し、部下の1人が裏切って、止めようと動き出しました。
すると爆発音が響きます。明るい光が、辺りを包みました。まだ息の合ったデヴィッドは、ザックに娘を頼みます。
彼は娘に愛してると告げ、保護装置の扉を閉めました。スタイプは扉を開けろと迫りますが、デヴィッドは断ります。
ザックとアニーのいる保護装置の中に、液体が貯まり始めました。妻の幻影を見ながらデヴィッドは死に、ザックとアニーは凍り付きます。

それからしばらく経ち、保護装置の扉が開きました。ザックとアニーが目覚めます。外は荒廃していました。

みんなの感想

ライターの感想

宇宙から飛来した物体を巡って、強欲な人間が争っているという印象を受けました。保護装置はある意味ノアの箱舟のようなもので、メッセージ性の強い映画だったなと思います。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「ビギニング」の商品はこちら