映画:ビギニング

「ビギニング」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

SF映画

ビギニングの紹介:2015年に公開されたオーストラリア映画で、監督はマーク・ファーミー氏です。SF映画ではありますが、どちらかと言えば、核戦争を題材にした作品です。核戦争が間近に迫っている世界を背景としており、宇宙から飛来した謎の物体を手に入れた主人公とその物体を突け狙う組織の戦いが描かれています。とはいえアクション映画といった感じでもなく、メッセージ性のあるヒューマンドラマといったほうが近いかもしれません。

あらすじ動画

ビギニングの主な出演者

デヴィッド(ジャイ・コートラエ)、アニー(ケンドラ・アップルトン)、ザック(トッド・ラサンス)、スタイプ(ブレン・フォスター)

ビギニングのネタバレあらすじ

【起】– ビギニングのあらすじ1

ビギニングのシーン1

画像引用元:YouTube / ビギニングトレーラー映像

老夫婦の住むトレーラーハウスに、謎の男たちがやってきました。リーダー格らしき男の名前はスタイプです。男たちは異常なしと答え、老人は何かが復活すると口にします。盲目だったはずの老人は目が見えるようになっていました。

妻に案内され、男たちはとある物体が落下した地点に移動しました。しかし時すでに遅く、そこには何もなかったのです。

デヴィッドは妻の墓へ、娘のアニーがやって来ると報告します。テレビのニュースから「10万人をイランへ派遣するターミナス作戦」についての情報が流れていました。

デヴィッドは仕事仲間と共にバーに行きます。不況のせいで仕事も無くなり、デヴィッドたちは荒れていました。

テレビからはロシア兵が米軍基地を吸収したというニュースが流れています。

タイソンという男が客のザックに絡み、店の前で乱闘が始まりました。デヴィッドは喧嘩を止めに行き、ザックが義足だと知ったタイソンたちはバカにしつつ去って行きます。

デヴィッドはザックを送ります。ザックが降りた場所は退役軍人リハビリセンターでした。

家に帰ったデヴィッドは、娘のアニーが来ていることに気付きます。デヴィッドは退学したのかと怒りますが、アニーは辞めたわけではなく、学費が不渡りだと答えました。彼はすまないと謝ります。

デヴィッドは車で走行している最中、空から何かが降ってくるのを見ました。その衝撃に巻き込まれ、デヴィッドは事故ります。血まみれになった彼は、謎の影を目撃しました。

デヴィッドが帰って来ないため、心配したアニーは探しに行きます。

森に続く道に立っているデヴィッドを見つけ、アニーは病院に連れて行きました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ビギニング」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×