映画:ビジター征服

「ビジター征服」のネタバレあらすじと結末

SF映画

ビジター 征服の紹介:2014年に公開されたSF映画です。様々なホラー映画を手がけるチャド・アーチボルド氏の作品です。異星人にさらわれた男と彼にインタビューする男、そしてエイリアンの証拠を手に入れたい博士と特殊部隊の攻防が描かれています。なお主演を勤めるのは「CUBE」や「クライモリ」、「X-MEN:ファイナル ディシジョン」、「マン・オブ・スティール」などに出演しているジュリアン・リッチングス氏となります。

あらすじ動画

ビジター征服の主な出演者

ビル(ジュリアン・リッチングス)、トビン博士(リサ・フール)、ジョー・サリバン(アダム・セイボールド)

ビジター征服のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- ビジター征服のあらすじ1

ビジター征服のシーン1 スパイダー・ネビーが、訪問者を迎えるために場所を空ける時が来たとメッセージを送ります。

ビルはビデオカメラを向ける男と会話しています。彼は昔、異星人にさらわれた過去がありました。
ビルは彼らは声を発したわけではなく、頭の中を通じて、語りかけてきたと言います。彼らの存在や会話を心で感じ、会合が終わると異星人は消えうせました。
ビルは彼らは私の中に何かを残していったと語ります。起きている時は痛み、眠っている時は悪夢を見る体になっていたのでした。
ビルはあらゆる解決法を試しましたが、効果はありません。
ビルが睡眠を取れるのは数日に数時間だけです。彼は眠りたくても眠ることができない、そういう状況にありました。
彼は頭の中にある何かを破壊しない限り、眠ることはできないと断言します。

銃を持った男たちが標的を殺しかけます。命令に逆らい、標的を撃ってしまった兵士は射殺されました。

飛行物体が上空に現れ、墜落したのをレーダーが捉えます。
その墜落は事故ではありません。トビン博士は驚き、異星人の存在を確信しました。
目覚めたビルは特殊部隊に拘束されています。撃たれた標的とはビルのことでした。
特殊部隊はビルから何かを聞き出そうとしています。ビルは解放してくれと訴えますが、特殊部隊は聞く耳を持ちません。
特殊部隊はビルをスパイダー・ネビと呼びます。トビン博士は頭部加圧装置を用意しろと命じ、ビルをお客であり、チームの一員だと言いました。
トビン博士は昨夜何があったのかと質問します。

昨夜ビルはビデオカメラの前で質問に答えていました。ビデオカメラを撮影しているのはジョー・サリバンという男で、いわくビルからメールを貰ったとのことですが、ビル当人に心当たりはありませんでした。
ジョーは異星人にさらわれたという話が描かれたスパイダー・ネビというブログのファンです。
ビルは39年前に異星人に遭遇しました。ジョーはビルの口から話を聞くためにやってきたのです。
ビルは玄関から突然異星人が入ってきて、支配されたと答えました。

【承】- ビジター征服のあらすじ2

ビジター征服のシーン2 トビン博士は兵士に命じて、ビルを殴らせます。ビルは何も言いません。
トビン博士たちはビルのブログをずっと見張っていたのです。昨夜コロナ質量放出が発生し、それにビルが関わっていました。
史上最大の太陽嵐が発生し、何かが墜落したのです。トビン博士はビルの仕業だと疑っていました。

ビルはジョーとコロナ質量放出について話をします。コロナが地球に届けば、電子機器は使えなくなり、人類はパニックに陥る危険性がありました。

トビン博士はビルの頭に穴を開けることにし、助手のヘザーが装置をつけます。
他の兵士から通信が入りました。兵士たちは乗り捨てられたトラックを発見したのです。中にはビデオカメラと未知の物質がありました。
トビン博士は話を聞くため、装置を起動させます。助手のヘザーが出力を上げました。
心配したヘザーがビルに近づくと、感電死します。装置を外せという命令に従わなかった兵士を撃ち殺し、トビン博士はもう1人に再度指示を出しました。
ヘザーが感電死するほどの電気を浴びたにも関わらず、ビルは平気そうな顔をしていました。

トビン博士は見つかったビデオカメラの映像を見ます。
ジョーがビルからメールを貰い、会いに行く様子が映っていました。
家にたどり着いたジョーはいろいろと話しかけ、ビルに招き入れられます。

ビルは映像の再生を止めろと言い、キョロキョロと辺りを見渡し、突然叫びました。
トビン博士は興味を抱きます。頭部加圧装置をつけられて、記憶が残っているのはビルが初めてだったからです。
トビン博士は私たちは協力し合えると言います。それに対し、ビルは苦痛を止めたいだけだと答えました。
トビン博士は異星人の居場所を尋ねます。ビルは人間と一緒にいるのではなく、奴自身が人間なのだと明かしました。
トビン博士は再び映像を見始めます。
映像内では空とビルに異変が起こっていました。ビルは異星人の存在を感じていたのです。空から何かが降ってきました。
ビルが墜落地点へと向かい、ジョーが後を追いかけます。
ビルは燃え盛る物体に近づきました。気づくとビルの姿が消え、逃げろという声が聞こえます。ジョーは状況が理解できないまま、走りました。

【転】- ビジター征服のあらすじ3

ビジター征服のシーン3 トビン博士はこの映像は何なのかと尋ねます。彼女はいたずらなのか、それとも本物なのかを知りたかったのです。
ビルは重要な映像だと答えました。
トビン博士は全部隊に、謎の未確認飛行物体は分離した後、ビルの所有地に墜落したと通達しました。
全部隊は未確認飛行物体の捜索を始めます。早速未知の物質と、衝撃の跡が見つかりました。
しかし宇宙船も脱出ポッドも見当たりません。全部隊は別の場所に向かいました。

ビルとジョーは合流します。彼らの近くで、生物のものと思わしき声が聞こえました。
ビルとジョーは移動し、休憩します。
ビビるジョーは何を見たのかと聞きますが、ビル自身よく分かっていませんでした。
またもや生物の声が響きあたり、彼らは逃げ出します。
ジョーはビルとはぐれてしまいました。彼はこんなところで死にたくないと思って移動しますが、途中でカメラを落としてしまい、ライトが消えてしまいます。
その直後、彼の前に異星人と思わしき影が現れました。

トビン博士は激痛を生み出す装置をビルにつけさせます。宇宙船のありかを聞き出すためでした。
ビルは叫び声を上げます。出力を上げすぎて、電源が落ちました。
ビルは激痛に耐え切ったのです。

ジョーは異星人から逃げ切り、ビルの家に到着しました。誰もいないと思ったのもつかの間、再び異星人が現れます。
そこにビルもやってきて、2人は屋根裏部屋に戻りました、ジョーが拳銃を見つけ、構えます。

特殊部隊が墜落現場に戻ると、異変が起こりました。隊員の1人がさらわれてしまったのです。
仲間を探す彼らは結婚を見つけました。トビン博士は何かを見つけてと捜索の続行を命じます。

ビルとジョーは息を潜めていました。2人は外に出て、車で逃げることにします。
異星人が現れ、ジョーが発砲しました。その拍子に銃を落としてしまいます。
彼らは屋根裏部屋から外へ飛び降りました。逃げようとするジョーに対し、ビルは異星人が死んだことに気づき、そっと近づきました。

【結】- ビジター征服のあらすじ4

ビジター征服のシーン2 トビン博士は電話を取り、映像という証拠を手に入れたと報告しました。

ビルは異星人の死体を運び、ジョーがビデオカメラで撮影しようとします。

ビルは特殊部隊との中継映像に、自分と同じ姿の人物が映っていることに気づきました。彼はやはりお前だったかと言い、私を救ってくれと懇願します。
わめくビルに対し、トビン博士は上層部がここに来ると告げました。彼女はもう1人のビルの存在には気づいていません。
特殊部隊が何かを見つけます。彼らは銃を構えました。そこにいたのは、なんと意識を失っているジョーだったのです。
ジョーの体には未知の物質がくっついていました。トビン博士はいますぐジョーを連れてきてと命令を出します。

ビルとジョーは異星人の死体を持ち帰り、調べ始めました。ジョーが撮影していると、死んだと思った異星人が急に動き出します。
ビルは解剖を止めようとしません。ジョーは警察を呼ぶべきだ、もう帰りたいと言います。
ビルは状況を撮影して欲しいと、ジョーに頼みました。
突然物音がします。ビルとジョーは車で逃げました。
車で逃げたビルとジョーは異星人に襲われます。

映像を見終えたトビン博士はビルに近づきます。突然ビルが奇声を発しました。
別人のようになったビルはお前を苦しめるのが目的だと言い、「お前たちが我々をここに呼んだ」と口にします。
ビルはトビン博士に対して、苦痛にさいなまれるだろうと脅しをかけました。
トビン博士はビルを撃ちます。すると感電死したはずのヘザーが動き出し、トビン博士に襲い掛かりました。
特殊部隊はジョーを連れてきたと報告します。トビン博士はジョーを殺してと命令しますが、ときすでに遅く、特殊部隊の悲鳴が轟きました。
ジョーは施設内を動き回り、次々と特殊部隊を殺していきます。
トビン博士と部下は拳銃を構えました。するとビルが再び目覚めます。
トビン博士は助けてくれ、死にたくないと懇願しました。ビルは死なせてくれないと言い、異星人が何をするつもりかは分からないとだけ言いました。
ジョーがやってきます。ビルは頭の中のものを取り出してくれと頼み込みます。
ジョーが手をかざすと、ビルの頭から光の玉が現れました。そのままジョーは移動し、トビン博士の頭に光の玉を埋め込みます。

ジョーは自宅にいました。彼は何も覚えておらず、ビルと会ったという記憶もありません。

トビン博士はやってきた上層部の前で、拳銃自殺を図りました。しかし死ぬことができず、もう1回引き金を引きます。弾は入っていませんでした。
彼女は絶望し、叫び声を上げます。

みんなの感想

ライターの感想

現在とビデオカメラの映像などのシーンが交互に挿入されるため、時系列を把握するのに少々時間がかかりました。多少説明不足のような気もしますが、ラストは皮肉めいていたので、それは良かったかなと思います。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「ビジター征服」の商品はこちら