映画:フォースプラネット

「フォースプラネット」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

SF映画

【承】– フォースプラネットのあらすじ2

フォースプラネットのシーン2

画像引用元:YouTube / フォースプラネットトレーラー映像

ウィリアム船長は補給基地に到着しました。補給基地の船員たちはどこか元気がありません。

それもそのはずで彼らの菜園はとっくに枯れており、まともな食事を取っていなかったのです。そのうえ閉鎖的な空間の中で、彼らの精神と肉体は疲弊しきっていました。

ウィリアム船長の後を追うことになるマドックス船長の打ち上げが始まります。その中継を補給基地内で見ていたウィリアム船長は船員が泣く様子を目撃し、さらには宇宙のことを知ったつもりになるなと釘を刺されました。

その後、ウィリアム船長は補給基地を離れ、再び孤独な旅へと戻っていきます。

41日目、水炉に小さな問題が発生しました。開発者のウィリアム船長は些細な問題だとして修理に取り掛かります。

51日目、再度水炉に異変が生じ始めます。彼は再度直しにかかりました。

それからしばらく経ち、ウィリアム船長は自分の後を追っているマドックス船長と連絡しようとします。エラーが発生したため、ヒューストンに繋ごうとしました。

しかしヒューストンにも繋がりません。ウィリアム船長は焦り、何度も呼びかけます。ようやくスキニーと連絡で着た彼は安堵しました。

ところが今度はマドックス船長が進路から外れたことを知ります。それはジャイロセンサーの問題だったため、ウィリアム船長は自分にも起こりうると感じ、スキニーを無視して、勝手な判断で修理の指示を行いました。

それによってマドックス船長のジャイロセンサーは復活し、進路に戻ることができます。

次のページで起承転結の「転」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「フォースプラネット」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×