「ブラックアウト(2009年)」のネタバレあらすじと結末の感想

SF映画

ブラックアウト(2009年)の紹介:2009年製作のアメリカ映画。クリスマス・イブ、人々が思い思いの夜を過ごすマンションを停電が襲う。原因を探ろうと地下へ向かう住民らだったが、そこには頭部の半分以上が牙で覆われた怪物が潜んでいて…。

予告動画

ブラックアウト(2009年)の主な出演者

エリザベス・ピアース(バーバラ・ストレイフェル・サンダース)、ディラン・ピアース(イアン・マルコム)、ダニエル・ピアース(ジョセフ・ダン)、イーサン・デヴァイン(マイケル・カルーソ)、クレア・デヴァイン(キャロライン・リッチ)

ブラックアウト(2009年)のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①12月24日の夜、ロサンゼルスを巨大地震が襲う。細切れの停電と共に、地下から鋭い牙とハサミのしっぽを持つ怪物が出現、マンションの住人を襲い始めた。 ②住人は合流して1階を目指すが、巨大植物が生えており玄関から出られない。屋上に脱出するがロサンゼルス全域に怪物と植物が発生している様子。

【起】- ブラックアウト(2009年)のあらすじ1

アメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルス。
12月24日。

去年は寒かったのですが、今年はなぜか異常気象が続いており、クリスマス・イヴでもロサンゼルスは最高気温30度を記録していました。南西部のバーバングは38度になっています。
それに輪をかけて、小さな地震が頻発しているのも気がかりでした。ニュースでも話題になっています。

ロサンゼルスの都心に、巨大なマンション『レイブンウッド』がありました。
普段は多くの人が住んでいるのですが、年末年始の長期休暇を利用して、住民たちはみんな出かけています。
残っているのは、402号室の一家と、400号室の女性と、2階に住むオーナーと管理人くらいです。

〔402号室〕ピアース一家
・ダニー…本名はダニエル。父親。
・リズ…本名はエリザベス。母親。
・カイル…ダニーとリズの息子。7歳くらい。
・アシュリー…ダニーとリズの娘。5歳くらい。
・ディラン…ダニーの弟。兄を頼って住みついており、リズは早く出ていってもらいたいと思っている。

〔400号室〕
・ソフィ…400号室の住民。金髪の女性。この日、パーティーを開いていた。
・イーサン…ソフィが狙っている男性。妻のクレアと別れたばかり。
・クレア…イーサンの元妻。少々化粧が濃い。
・エディ…黒人男性。体格がよい。レニーの兄。
・レニー…黒人男性。アフロみたいな頭をしている。

〔2階〕
・フレディ・アップルトン…このビルのオーナー。黒髪ひげ眼鏡の男性。オタクっぽく部屋を改造し、機械だらけにしている。ある事情があって広場恐怖症になり、現在は家を一歩も出ずに、2階でずっと過ごしている。

〔従業員〕
・クロフォード…初老の男性。管理人。
・ラルフ…若い男性。修理担当。

402号室では、ピアース一家が暑さにぼやいていました。小さな地震が起こるたびに、少しではあるのですが停電も起こるのです。
クーラーなしで古い建物だときついと、ピアース家では話題になっていました。
400号室では、ソフィが友人たちを集めてパーティーを行なっています。大人ばかりなので、パーティーは昼過ぎから深夜にまで及びました。
(上に書いた5人は主要人物で、ほかに何人も参加している)
2階のフレディはFM局や無線などを聞き、頻発する地震について解析しようとしています。

日没を迎えました。
402号室では夕食をとります。
その時、異常な地震がカリフォルニア一帯を襲いました。
地震の影響で、ベーカーズ・フィールドの砂漠地帯では無数の穴が開き、ガスが噴出します。
ロサンゼルスでも多くの建物に亀裂やゆがみが生じていました。
高速道路5号線では、道路に異常が発生したために封鎖措置を取っています。
カリフォルニア工科大学では地震の解析が行なわれていますが、揺れが広範囲にわたったことでパニックに陥っていました。
さらに再び大きな揺れが、カリフォルニア州を襲います。

402号室では地震と停電に悩まされながらも、もう1つの問題が噴出していました。
夫・ダニーの弟・ディランが転がり込んできて、しかも生活態度が悪いために、妻のリズは怒り心頭なのです。姉に預けてくれと頼むのですが、夫はのらりくらりとかわしています。
夫婦喧嘩を見せたくなくて、両親は息子のカイルに「地下室のプレゼントを持ってきて」と頼みました。カイルは鍵を持ってエレベーターで地下に行きます。
地下室は、広大な物置場となっています。きちんと区切られてはいませんが、居住者が物を置く場所が決まっているようです。

【承】- ブラックアウト(2009年)のあらすじ2

地下室の箱を開けようとしたカイルは、背後に気配を感じました。
振り返ってみると、地下室の隅の床に穴が開き、そこから蒸気が噴出しています。
さらに、カブトガニのような生き物が穴から這い出ていました。大きさはまちまちで、胴体の部分が直径10cmほどのものもあれば、ヘルメットほどの大きさのものもあります。
お椀の形をした甲羅の部分はこげ茶色ですが、しっぽにあたる部分はピンク色をしていて、肉づきがよいものです。
興味を示したカイルは、その生き物を捕まえようと、段ボール箱を手に近づきました。
上部からヘルメット大の甲羅が落ちて来て、見上げたカイルは、いちもくさんに逃げますが、襲われます…。
(何に襲われたのかは、後述)

カイルが戻って来ないので、父・ダニーと娘・アシュリーも地下室に行きました。
父・ダニーはその日の昼間から、何か壁から聞きなれない物音がするのに気づいていました。エレベーターを待ちながら、壁に耳を押しつけ、内部の音を聞こうとします。
その間にエレベーターが到着し、娘のアシュリーが先に地下へ移動しました。
地下室に出たアシュリーは、エレベーターの扉に血がついており、床にひきずった血痕を見て驚きます。
血痕を追ったアシュリーは、ヘルメットのような甲羅が落ちている場所に行き、そこで長いしっぽの怪物が、カイルを捕食しているのを目撃しました。
アシュリーは急いで別のエレベーターの中に避難しますが、そこで閉じ込められてしまいます。
(アシュリーがこの時に入ったエレベーターは、今では封鎖状態のもの)

アシュリーが見た怪物は、二足歩行をする人間よりも大きな行きものでした。背骨がごつごつしており、表皮はつるんとしています。
緑色の目が離れており、顔の半分くらいが口で、長くて鋭い牙が発達しています。
前進が黒と赤で構成されており、大きなしっぽを持っていました。しっぽの先はハサミ状になっており、何かを掴むこともできます。
(恐らく幼虫時がカブトガニの形状。脱皮を重ねてこの成体になるのでは。しかし劇中では描かれない)
(映画『エイリアン』シリーズをご覧のかたは、その手のエイリアン的な姿の生物をイメージしていただければ、想像しやすい。ただ怪物の血は強酸ではなく、なぜか赤い)

マンションの地下から発生した怪物は、壁の隙間を縫って上階にのぼり、400号室にも出現しました。
彼らは停電が起きたので、ろうそくを灯してパーティーを続けています。
パーティーの主催者・ソフィが怪物のしっぽで襲われ、死にました。
その様子を見た他のメンバーは怪物を銃撃しますが、銃弾が当たらず、部屋を抜け出します。
同じ階の402号室に助けを求めます。

402号室では、弟のディランが窓の外に何かの陰を見て、リズに話しました。
2人はダニーを探し、廊下に残っていたダニーを引き入れます。
その後、400号室の人たちが助けを求めに来ましたが、銃声を聞いたダニーたちは入れるのをためらいました。ドアを蹴破って、400号室の6人、イーサン、クレア、レニー、エディ、ブレット、ケリーが入ってきます。
銃を持っているエディが、主導権を握りました。
(ここで4階チームは合流)

【転】- ブラックアウト(2009年)のあらすじ3

2階ではフレディのところに、管理人のクロフォードと修理工のラルフが訪問しました。配線を見に来ています。
ラルフとクロフォードは、フレディが部屋を大改造して機械だらけにしていることを指摘しますが、フレディがマンションのオーナーなので文句を言えません。
フレディは広場恐怖症で、外に出るのが怖いのです。そのためずっと家に閉じこもっていました。
短い時間ではあるものの、停電が起こるのでフレディは嫌な予感がすると言います。

2階の壁から物音がします。
隣室のエルロッド夫妻がまだいると思った修理工・ラルフが、隣の部屋に移動し、背後からしっぽで胸を貫かれ、息絶えました。
フレディと管理人・クロフォードは脱出しようと考え、移動を始めます。
フレディは停電と怪物との関係に気付きました。怪物は電磁波を発しているのか、怪物が接近すると電球がチカチカ点滅するのです。

4階チームは、エディが警察に通報しようとしますが、電話が繋がりません。
ダニーとリズ夫妻、弟のディランは、400号室の人たちから、建物内に巨大な怪物がいると聞かされました。
怪物を目撃した400号のメンバーは、怪物は目が見えないだろうから、閃光弾か光を当てればよいと話します(根拠なし)。
ダニーとリズは子どもたちを助けに行きたいと思います。
ディランがエディから銃を奪おうとしますが、失敗しました。代わりに説得を試みます。
説得の甲斐があり、みんなで移動して地下室に向かうことになりました。
先頭はレニー、後方でエディが挟む形で移動します。
部屋を出た角のところで、レニーは窓の外の景色に気を取られました。その時、しっぽで攻撃され、レニーの首が吹き飛びます。

4階チームは二手に分かれることにしました。全員が武器を持ち(主に包丁)、階段で1階へ降りようとしました。
ブレットはケリーに指輪を渡しプロポーズします。その最中にケリーが頭部に怪物の攻撃を受け、死にました。ブレットは返り血を浴び、ショックを受けます。
放心状態のブレットをエディが見つけますが、両サイドを怪物に挟まれました。2人は攻撃されます。
(ブレットは駄目、エディは傷を負うが無事で、後で出てくる)

2階まで階段で降りたところで、フレディと管理人・クロフォードたちと4階チームは会います。
合流して、7人になりました。フレディ、クロフォード、ダニー、リズ、ディラン、イーサン、クレアです。
移動しながらの話題は、怪物がどこからやってきたのかということでした。玄関から入るには怪物は大きすぎるという結論に達します。
フレディはみんなに、怪物が電磁波を出しているので、近づくと電気が消えるという情報を与えました。
傷を負ったエディが合流し、8人になります。ブレットとケリーのカップルが犠牲になったと、エディは言いました。

団体行動を取った方が逃げ切れやすいのですが、ダニーとリズは子どものことをまだ心配しています。
1階まで降りたところで、二手に分かれます。
腹に傷を負ったエディと女性2人(リズとクレア)は1階に留まり、あとの男チーム(フレディ、クロフォード、ダニー、ディラン、イーサン)が地下室に子どもを探しに行くという作戦です。

【結】- ブラックアウト(2009年)のあらすじ4

男性チームは降りて行きました。
留まれと言われながらも母のリズは心配で、それを見たエディが、地下室に行ってやれと言い、銃を渡します。リズは銃と懐中電灯を持ち、地下室に行きます。

地下室へ降りた男性5人は、手分けしてカイルとアシュリーの名を呼びながら、捜索を開始しました。すぐにリズも合流します。
ダニーがフレディを呼び、カブトガニの甲羅を示しました。
さらに床の穴を見つけた管理人・クロフォードは、ここから怪物が入ってきたと知ります。
イーサンとディランが、カイルの靴を見つけました。見るなと言われながらも、両親のダニーとリズは、カイルの死体を見て嘆きます(死体は映さない)。
ダニーの背後に怪物の陰が迫っていました。

それを見たフレディが「ヤツらが来る!」と言い、ケミカルライト(光る棒)を大量にばらまきます。電気を使わないので、一定の光度を保ちます。
ダニーは怪物のしっぽで攻撃されながらも、胴体に包丁を突き立てました。何度も突き刺し、怪物を殺します。血は赤いものでした。
別方向から怪物がやってきて、妻のリズが撃ちます。
ダニーやリズは他の者と合流して1階に戻りますが、エディとクレアがいません。すでに怪物に連れ去られたようです。
(実はこの辺りから管理人のクロフォードが出なくなる。いつのまにか消えている…謎のまま)
イーサンはクレアを探しに行き、見つけました。しかし怪物もいます。
イーサンとクレアは地下へ移動して外へ脱出しようとしますが、イーサンが腹を刺されて腸がはみだし、さらにクレアも顔をしっぽで刺されて死亡しました。

床から巨大な植物が生え始めており、玄関への道を塞いでいました。
フレディは、改築前は隣のビルと繋がっていたことを指摘し、屋上へ逃げろと言います。
改築時に使われなくなった、廃エレベーターの通路を使って屋上へのぼることにしました。
立ち入り禁止のテープを外し、残ったみんな…ダニー、リズ、ディラン、フレディ…はエレベーター内の空間をのぼりはじめます。
上から声が聞こえました。使われなくなった屋上のエレベーターの中に、娘のアシュリーがいると、父母・ダニーとリズは知ります。
4人はのぼりますが、下から怪物が追いかけてきました。怪物にダニーが肩を刺されます。
弟・ディランが怪物に上からタックルし、ナイフでぐさぐさ刺しました。
ダニーが銃で倒しますが、ダニーは怪物と共に落ちていきます。

まだ怪物は2体のぼってきていました。怪物を蹴りながら、エレベーター内にリズ、ディラン、フレディが入ります。
エレベーターの隙間から、怪物がしっぽで攻撃してきはじめました。エレベーターの扉を開け、アシュリー、リズ、フレディを出しました。ディランは犠牲になります。

隣の建物に移動して屋上にあがったフレディ、リズ、アシュリーですが、外は大変なことになっていました。
怪物はこのマンション『レイブンウッド』に現れただけではなく、他のところにも出没していました。
あちこちのビルが倒壊し、火事が起きています。
マンションに生え始めていた巨大植物が突き出ており、灰やほこりが舞い散っていました。
屋上に逃げのびたものの、この先どうすればよいのか3人は途方にくれます…。

みんなの感想

ライターの感想

これは…いかにも見た目が映画の『エイリアン』っぽい。
DVDのパッケージにもなっている怪物が、迫りくるという話。
この怪物に追われながら、1つのマンション内をあちこちに移動する。
面白くないわけではない。が、どこをとっても「どこかで見たような感じのシーンだなあ」というものばかり。
あと…誰が主人公なのか最後まで判らなかった。
意外だったのは、冒頭であんなに邪魔にされていた弟・ディランくんがまさかの活躍(こいつか主人公!?)。
管理人さんはどうなったのか、ほんと知りたい…。

映画の感想を投稿する

映画「ブラックアウト(2009年)」の商品はこちら