「プラネット・オブ・ピッグ/豚の惑星」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

SF映画

【結】– プラネット・オブ・ピッグ/豚の惑星のあらすじ4

プラネット・オブ・ピッグ/豚の惑星のシーン4

画像引用元:YouTube / プラネット・オブ・ピッグ/豚の惑星トレーラー映像

ロブは幼い自分に、姉のために軍部の襲撃をやめるよう忠告します。幼いロブも、りりしい戦士となった未来の自分に感動し、忠告を受け入れます。そしてロブが現在の時間に戻ると、ラクシャは装身具を外しても歩けるようになっていました。ロブが時空を超えて、姉の歴史を改変したのでした。

すると隠れ家へ、2人の人物が向かってきます。それは森で死んだはずのエスターと、タラツが背負った噴射機の中で死んだはずのブルバでした。ブルバは噴射機が爆発する寸前に逃げ出していて、ロブに助けを乞いに来たと語ります。そしてエスターは、顔に大きな傷を負っていましたが、なんとか生き延びたとラクシャに告げます。

エスターがロブの助手になりたいと申し出ると、ラクシャは「それには条件がある」と諭します。エスターはそれも承知だと答え、ロブと共に隠れ家の2階にあがり、早速愛しあい始めます。するとエスターの背中に星型の刺青が浮き上がり、ロブの首を締めあげます。

エスターの正体はピスダで、死んだエスターの顔の皮を剥いで変装していたのでした。同時にブルバもラクシャを銃撃しようと狙いますが、ヴィドラが助けに入りブルバを殺害します。ブルバは死ぬ間際に、倒れながら持っていた銃で天井を撃ち抜き、それが2階にいたピスダに命中します。

ロブは瀕死のピスダに、ラファエルがいる地下聖堂の場所を聞き出します。ロブは単身、宿敵と言えるラファエルを倒すため、地下聖堂に乗り込みます。ラファエルもロブを待ち構えていたかのように立ち向かい、ロブと2人でダンスをするような優雅な動きの戦いを始めます。

そしてロブが「お前は何者だ」とラファエルに問いかけると、ラファエルは逆に、「それを知っていいのか?」と問い返します。

「お前が俺の幻覚を見続ける原因は何か。お前は過去へ戻るテレポート能力まで持ちながら、今だにマザーの居場所を突き止めるとこも出来ない。それはなぜか、理由がわかるか?」

ラファエルにそう問いかけられ、ロブは激しく動揺し始めます。そんなロブにラファエルは、「お前は、自分が伝説の戦士・ロブでいるために、戦いを続けているだけなんだ」と言い放ちます。

するとそこでロブの意識は、豚人間との戦いなど起きていない、「平和な世界」へ飛びます。その世界ではロブは男性モデルの仕事をしていて、モデル仲間から「またロブの奴、クスリでトリップしてるよ」と言われていました。そして同じくモデルであるラファエルが車に乗り、ロブたちを迎えに来ます。

これから著名なモデルのファッションショーがあり、ラファエルはショーに行くためロブたちを迎えに来ていました。ロブ以外の仲間たちは先に車に乗り込み、ラファエルと一緒に「ロブはきっと、”テレポート”で会場まで行くよ」と笑います。ロブもようやく正気に戻って、車に乗り込もうとします。

しかしロブが座ろうとした助手席には、一匹の子犬が座り込んでいました。ラファエルは子犬の頭を撫でながら、「残念だな、ロブ。席はもう”マザー”で塞がってるよ」と笑い、ロブをその場に残して車を発進させます。取り残されたロブは茫然としながら、道の反対側にホームレスがいるのに気付きます。

そのホームレスの背後には、「人間=豚」と書かれた落書きがありました。そしてロブの前に、一台の車が停まります。車を運転していたのはヴィドラで、機械音を軋ませながらロブに微笑みかけます。ロブは魅入られたようにその車に乗り込み、どこへともなく走り去っていくのでした。

次のページで映画の感想を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「プラネット・オブ・ピッグ/豚の惑星」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×