「マトリックス リローデッド」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

SF映画

2003年製作のアメリカ映画。第一作に続き、監督はウォシャウスキー姉妹。主演も第一作と同じキアヌ・リーヴス。 救世主としての自覚を持ったネオは次にすべきことを知る為に預言者オラクルに会いに行き、アーキテクト(設計者)に会わなければならないことを知る。その為には古いシステムであるキーメーカーを手に入れなければならない。一方実際に人々が生活するザイオンには機械による一斉攻撃が迫っている。 アーキテクトに会い、人々の命とトリニティの命の選択を迫られるネオ。ザイオンとは?マトリックスとは?内容の本質に迫る第二作目。

あらすじ動画

マトリックス リローデッドの主な出演者

ネオ(キアヌ・リーブス)、モーフィアス(ローレンス・フィッシュバーン)、トリニティー(キャリー=アン・モス)、エージェント・スミス(ヒューゴ・ウィーヴィング)、ナイオビ (ジェイダ・ピンケット=スミス)、オラクル (グロリア・フォスター)、リンク(ハロルド・ペリノー・ジュニア)、パーセフォニー(モニカ・ベルッチ)、メロヴィンジアン(ランバート・ウィルソン)、キー・メーカー(ランドール・ダク・キム)、ロック司令官(ハリー・レニックス)、ハーマン評議員(アンソニー・ザーブ)、アーキテクト(ヘルムート・バカイティス)、ザ・ツインズ(ニール&エイドリアン・レイメント)、セラフ(コリン・チョウ)、ベイン(イアン・ブリス)、ミフネ(ナサニエル・リーズ)他

マトリックス リローデッドのネタバレあらすじ

【起】– マトリックス リローデッドのあらすじ1

マトリックス リローデッドのシーン1

画像引用元:YouTube / マトリックス リローデッドトレーラー映像

ビルの警備員達。勤務をあがろうとして外に出ると、向かいのビルからトリニティがバイクで飛んでくる。そのままバイクだけを警備室に投げ飛ばして綺麗に着地する。辺りは炎に包まれる。警備員達が束になっても敵わない。全て倒して電話を取り”入ったわ”と告げる。

トリニティが撃たれて車に叩きつけられる夢を見て起きるネオ。隣にはトリニティが寝ていて、安心した様子で部屋を出て行く。

部屋の外で飲み物を飲んでいたネオの元へトリニティが起きてくる。何かあれば話すように促されるも、ただの夢だとネオ。

マトリックスの中で行われている会合。ナイオビがザイオンの25万の人類に対して25万のセンチネルが送り込まれると言う話をすると、25万のセンチネルなんてと否定する他の船長達。そこへ遅れて入ってきたモーフィアスが、25万に対して25万なんてまさに機械の考えそうなことだとナイオビを援護する。

外に車が来る。ネオが何かを感じて入り口に向かうと、入り口ではネオを呼び出す男の姿。ネオにお礼だと封筒のような物を差し込まれる。そこへネオが到着し封筒の中を確認するとエージェントのイヤーピースが入っている。エージェントが来た、会合はお開きだと促すネオ。鋼鉄のドアが破られようとしている。

スミスではない3人のエージェントが現れる。ネオは改良版かと呟き3人ともあっという間に倒してしまう。力をためて飛んでいくネオ。後からスミスがやってくる。もう一人のスミスにネオの様子を確認している。

ザイオンに戻るネブカデネザル号。モーフィアスをミフネ船長が迎える。自分を営倉に入れるのか?と聞くと仲裁に来たと言う。すぐにロック司令官の下へ連れていかれるモーフィアス。ネオはトリニティにロック司令官とモーフィアスに何かあるのかと尋ねると、ナイオビが元モーフィアスの恋人で今はロック司令官の恋人だからと。そこへネオを見つけたキッドが走ってくる。

ロック司令官に命令違反を指摘されるモーフィアス。まだ預言者を、ネオを信じていると言うモーフィアス。ロック司令官は評議会にモーフィアスの解任を持ちかけると言い、自分に決定権があれば船に乗れないようにするのにと、忌々しそうに言う。そこへハーマン評議員が現れ、会合の開催を告げる。どこまで話せばいいかと尋ねる評議員に恐れることはない、予言通り戦いは終わる、すべて話すべきだとモーフィアス。

エレベーターに乗り込むネオとトリニティ。リンクに促されキッドは邪魔しないように二人だけにする。エレベーターでキスをしている二人。扉が開くと大勢の人が通路に座り込んでいてネオを見つけると皆が取り囲み船に乗っている娘や息子を守ってほしいと訴えてくる。トリニティはネオを置いて先にいく。

ザイオンの民が集まっている評議会。ハーマン評議員の祈りの後モーフィアスが話し出す。機械が軍を作って攻め込んで来ていることを話し、その上でザイオンの民を鼓舞するモーフィアス。音楽が鳴り、踊り始めるザイオンの住民達。トリニティと無事に出会ったネオは人が多すぎると二人で抜け出す。

抱き合うネオとトリニティ。最後の瞬間トリニティの顔を見ていたネオは夢で見た死ぬ間際の顔と重なってしまい止まってしまう。トリニティがどうしたのか聞くも君を失いたくないと言う。手を繋いでここにいるとネオを抱きしめるトリニティ。

一方マトリックスに残っていたカデューシャス号の2人はエージェントに追われながらオラクルからの伝言を持って脱出をするための電話を待っている。先に伝言を持ったマラカイを逃がし、残ったベインはスミスに襲われる。スミスがベインの乗っ取りを始め、スミスになりきったところで電話がなる。電話をとる元スミスのベイン。

今の場面を夢に見て目覚めるネオ。トリニティのいるベッドを抜け出し外に出ると、ネオを救世主と崇める住民達からの貢物が山のように届いている。貢物から目を逸らし外の景色を見ていると、ハーマン評議員から声を掛けられる。ザイオンの機械部分を見に行こうと誘われる。ハーマンはザイオンの機能を培っている機械の仕組みは全くわからないが必要な理由は分かると、そして同じようにネオに特別な力があるのは分かるが、その理由がわからないと。手遅れになる前にその理由がわかればいいが。と話す。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「マトリックス リローデッド」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×