映画:マトリックス レボリューションズ

「マトリックス レボリューションズ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

SF映画

マトリックス レボリューションズの紹介:2003年のアメリカ映画。『マトリックス』3部作の完結編。前作のように哲学とアクションを組み合わせたこの映画は、前作『マトリックス リローデッド』で提起された疑問を結論づけようとしている。

あらすじ動画

マトリックス レボリューションズの主な出演者

ネオ/トーマス・アンダーソン(キアヌ・リーヴス)、モーフィアス(ローレンス・フィッシュバーン)、トリニティ(キャリー=アン・モス)、エージェント・スミス(ヒューゴ・ウィーヴィング)、ナイオビ(ジェイダ・ピンケット=スミス)、オラクル(グロリア・フォスター)

マトリックス レボリューションズのネタバレあらすじ

【起】– マトリックス レボリューションズのあらすじ1

主人公の青年・ネオは意識不明の状態が続いています。

ネオの意識は、現実世界とマトリックス(仮想現実)の境にありました。

仲間のモーフィアスとトリニティが、ネオを現実世界へ呼び戻しますネオは未来が見えるようになりました。

ネオは預言者のところを訪問します。

預言者は「未来はネオかスミスが決めて、今夜、争いが終わる」と言いました ネオが去った後の預言者を、今度はスミスが訪問します。

そしてスミスは預言者の体を乗っ取ることで、未来を見る力を得ました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「マトリックス レボリューションズ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×