映画:マーズアタック!

「マーズアタック!」のネタバレあらすじと結末

SF映画

マーズ・アタック!の紹介:1996年のアメリカのSFコメディ作品。監督はティム・バートン。公開当初アメリカでは「C級映画以下」と酷評されたが、一部のファンからはカルト的な人気を誇っている。日本公開は1997年。

あらすじ動画

マーズアタック!の主な出演者

ジェームズ・デイル大統領&アート・ランド(ジャック・ニコルソン)、マーシャ・デイル(グレン・クローズ)、タフィ・デイル(ナタリー・ポートマン)、ジェリー・ロス広報官(マーティン・ショート)、デッカー将軍(ロッド・スタイガー)、ケイシー将軍(ポール・ウィンフィールド)、ドナルド・ケスラー教授(ピアース・ブロスナン)、ナタリー・レイク(サラ・ジェシカ・パーカー)、ジェーソン・ストーン(マイケル・J・フォックス)、リッチー・ノリス(ルーカス・ハース)、フローレンス(シルヴィア・シドニー)、ビリー・グレン・ノリス(ジャック・ブラック)、バーバラ・ランド(アネット・ベニング)、バイロン・ウィリアムス(ジム・ブラウン)、ルイーズ・ウィリアムス(パム・グリア)、ギャンブラー(ダニー・デヴィート)、本人役(トム・ジョーンズ)、火星ガール(リサ・マリー)、火星人の声(フランク・ウェルカー)

マーズアタック!のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- マーズアタック!のあらすじ1

マーズアタック!のシーン1 5月9日、ケンタッキー州のロックジョー。
生きたまま焼かれて暴走する牛の大群が、民家の前を走り去ります。住民が唖然としていると、近くで謎の飛行物体が飛び去りました。

ワシントンD.C.のホワイトハウス。
アメリカ大統領のジェームズ・デイルは、謎の飛行物体が出現したという報告を受けていました。
そして、デッカー将軍、ジェリー・ロス広報官、ケイシー将軍、科学者のドナルド・ケスラー教授が集まって、火星人を受け入れるべきか撃退するべきかで議論します。
ケスラー教授は、火星人は友好的で高度な文明を持っているので、地球を発展させる千載一遇のチャンスだと主張します。一方、デッカー将軍たちは正体不明の異星人は故郷に追い返すべきだと声を荒げるのでした。
意見が分かれてしまい困り果てたデイル大統領は、アメリカ全国民に空飛ぶ円盤を確認したと緊急声明を発表します。そして、世間体を何よりも気にする彼は、火星人と友好的な関係を築けるはずだと伝えるのでした。

5月11日、ニューヨーク。
空飛ぶ円盤の存在は新聞でも大々的に報道され、テレビ局に勤務するジェイソン・ストーンと、彼の恋人でファッション番組の司会を務めるナタリー・レイクは考えにふけります。

カンザス州のパーキンズヴィル。
ドーナツ店で働く冴えない青年リッチー・ノリスは、喧嘩っ早い父親と母親、好戦的な兄のビリー・グレン・ノリス、そして認知症の祖母のフローレンスと暮らしていました。
ビリーは火星人と戦う部隊に志願すると意気込み、家族から期待される一方で、リッチーは爪はじきにされていました。

ラスベガスでは、人類史上初めて異星人とコンタクトがとれたことに、カジノ店の「ルクソール」は沸き立っていました。
経営者のアート・ランドは、これをビジネスチャンスにつなげたいと張り切ります。アルコール依存症だった妻のバーバラ・ランドは、火星人に魅了されて怪しげな思想にかぶれます。
ボクシングの元世界チャンピオンで、現在はルクソールの人気者として働くバイロン・ウィリアムスは、離婚した家族と久しぶりに会えるのを楽しみにしていました。

バイソンの元妻であるルイーズ・ウィリアムスは、ワシントンD.C.市内でバスの運転手をしています。
ルイーズは勤務中、学校をサボってゲームセンターで遊ぶ息子のセドリックとネヴィルを発見し、バスを緊急停車させます。
2人を引っ張り出して車内で厳しく叱りつけると、観客から拍手喝采を受けるのでした。

【承】- マーズアタック!のあらすじ2

マーズアタック!のシーン2 ニューヨーク。ケスラー教授はナタリーの番組に出演することになりました。本番前に2人はいいムードになり、ストーンは居ても立ってもいられません。
番組が始まり、ケスラー教授が火星人に関する持論を展開していると、電波ジャックが発生して、火星人が突如テレビ画面に現れます。
火星人はむき出しの巨大な脳、大きく飛び出した目、骸骨のような口元という、衝撃的なルックスでした。テレビの前では火星人の姿に驚愕する人間もいれば、バーバラのように崇める人間もいました。
火星人は人類に向かって語りかけますが、誰一人してそれを理解することはできませんでした。その後、デイル大統領は会議を開いて、開発したばかりの火星語翻訳機で、先ほどの火星人のスピーチを聞きます。しかし、それは文法として全く意味不明なものでした。

パーキンズヴィルでは、入隊することになったビリーが、家族に見守られながら旅立ちました。
その後、両親はリッチーをビリーと比較し、容赦ない言葉を浴びせかけます。そして、フローレンスの世話を押しつけるのでした。

ワシントンD.C.では、デイル大統領が記者会見を開いて、火星人への今後の対応などの質問を受けます。
5月13日。またもやケスラー教授とデッカー将軍の意見が対立します。判断に迷ったデイル大統領は、冷静沈着な部下であるケイシー将軍に頼りにするのでした。

その後、ケイシー将軍は火星人が飛来したネバダの砂漠に向かいます。その場にはストーンやナタリーをはじめとする多くの報道関係者、軍隊に配属されたビリー、見物人たちが押し寄せていました。
ついに火星人が船内から姿を現し、ケイシー将軍は怯えながらも彼らを歓迎します。
バーバラは高台から火星人の姿を見て感激します。ストーンとナタリーは生中継を始めて、デイル大統領一家はテレビ越しに見守ります。
性能をアップさせた翻訳機を使って火星人の言葉を訳すと、「我々は友好のためにやってきた」と言っていることがわかります。それを聞いたデイル大統領は、偉大なる歴史の1ページがこの瞬間に開かれたと歓喜するのでした。

ところが、平和宣言の直後に放たれた鳩を見た火星人は、熱線銃で鳩を丸焦げにします。
それから火星人たちは突然攻撃を始めて、あっというまにケイシー将軍やマスコミ関係者、果敢にも火星人に挑んだビリーが撃たれます。熱線銃で撃たれた人間は緑色の骨と化し、広大な砂漠が不気味な骨で埋め尽くされていきます。
ストーンは攻撃をかいくぐり、動けなくなったナタリーの救出に向かいます。しかし、あと一歩というところでストーンも骨と化し、火星人はナタリーと愛犬のポピーを連れて、宇宙船に戻るのでした。

一部始終を観ていたデイル大統領一家は、呆然とします。
火星人を攻撃するべきだと声が上がりますが、現段階では鳩が原因という結論に至るのでした。

【転】- マーズアタック!のあらすじ3

マーズアタック!のシーン3 怒りを爆発させたデッカー将軍は、核兵器の使用許可を申請します。デイル大統領が妻のマーシャに意見を聞くと、彼女は「ブッ殺すべきよ」と断言しました。
煮え切らないデイル大統領に、ケスラー教授は火星人とのコミュニケーションを取り直すべきだとアドバイスします。
この期に及んで穏便策に出たデイル大統領は、火星人に向けて友好のメッセージを送ります。火星人はそれを受信しますが、嘲笑うだけでした。

その頃、ネバダから生還したバーバラは、アートの元に戻って人類は滅亡すると嘆くのでした。

一方火星人はというと、誘拐してきたナタリーの首と胴体を生きながら切り離します。そして、ナタリーの首は愛犬のポピーの体に、ポピーの首は彼女の体に移植されてしまうのでした。

その後、デイル大統領の元に火星人から謝罪したいと申し出があり、議会を開くことにします。
ホワイトハウスに火星人を招待すると、彼らはその場にいた議員たちをまたもや皆殺しにします。すかさずデッカー将軍が攻撃を開始しますが、火星人はケスラー教授を連れ去って、宇宙船で逃亡するのでした。
デイル大統領は核攻撃を採用させようとするデッカー将軍を落ち着かせて、世界各国の首脳との協議をおこなうと全国民に伝えます。

その頃、火星人に拉致されたケスラー教授は、ナタリー同様首だけの状態にされました。
そして、ポピーと首と体を付け替えられたナタリーと再会を果たします。2人は極限状態の中、互いに惹かれ合っていたことを告白します。

広報官のロスは好色家で、ある夜通りで出会ったミステリアスな女性を口説き、ホワイトハウスに連れて行きます。
女性はロスにベッドに誘われると、突然彼の指を切断します。実は火星人の変装だったのです。こうしてロスは殺害され、火星人は就寝中だったデイル大統領夫妻にも襲いかかります。
しかし、駆けつけた警護官たちが火星人を射殺し、一命を取り留めるのでした。

仲間が殺される一部始終を見ていた火星人たちは激怒し、地球に総攻撃を開始するため、白昼堂々ホワイトハウスに突入します。
死闘が繰り広げられ、ちょうど学校の社会科見学で来ていたセドリックとネヴィルは、宇宙人の銃を拾います。兄弟はシューティングゲームで培った技術で、次々と火星人たちを射殺していくのでした。
さらに、素早い判断でパニックに陥っていたデイル大統領の脱出を促しますが、マーシャは落ちてきたシャンデリアの下敷きとなって死亡してしまいます。

その頃、うさんくさいセミナーで熱弁していたランドは、火星人の攻撃を受けてあっけなく死亡します。
ルクソールでは、バーバラがバイロンにランドが死んだことを告げます。そしてバーバラは、自家用ジェットで脱出することを提案するのでした。
歌手のトム・ジョーンズは、カジノでのショーの真っ最中に、コーラス隊として紛れ込んでいた火星人からの攻撃を受けます。
どうにかステージを逃れたトム・ジョーンズは、素手で火星人を倒したバイロンに助けを求め、飛行機の操縦ができることを伝えます。
こうしてバーバラとバイロン、トム・ジョーンズとその場にいたギャンブラーは、飛行場へと向かうのでした。

【結】- マーズアタック!のあらすじ4

マーズアタック!のシーン2 デイル大統領は、モーリス・フランス大統領からの電話を取ります。
フランス大統領は、火星人との和平会議をおこなっていると話しますが、案の定彼らは殺害されます。

デイル大統領はいよいよデッカー将軍の言う通り、核攻撃を開始します。
宇宙船めがけて発射しますが、核爆弾は火星人の謎の防御によって吸収されてしまい、あっけなく切り札を失うのでした。
そして火星人は攻撃範囲を全世界に広めて、ビッグ・ベンやタージ・マハル、ラシュモア山やモアイ像などを次々と破壊していきます。

その頃、バイロンたちは道に迷っていました。苛立ったギャンブラーが一人でホテルに戻ろうとすると、火星人に遭遇して殺されてしまいます。

パーキンズヴィルにも火星人の魔の手が忍び寄っていました。
リッチーは老人ホームにいるフローレンスの救出に向かいます。その場に残って戦おうとしたリッチーの両親は、トレーラーハウスごと踏み潰されてしまうのでした。

フローレンスはヘッドフォンで音楽を聴いていて、火星人の襲撃に気づかずにいました。
リッチーが部屋に駆けつけたとき、勢い余ってコードが抜けて、1951年のウェスタンソングの「インディアン・ラブ・コール」が大音量で流れます。
それを聴いた火星人たちの脳が吹き飛び、リッチーは訳がわからないままフローレンスを連れて脱出するのでした。

追い詰められたデイル大統領の前に、火星人が現れます。
火星人に襲いかかったデッカー将軍は、彼らの銃によって豆粒大に縮小され、踏み潰されて命を終えます。
警護官たちも全員殺され、一人になってしまったデイル大統領は、開き直ることにしました。「我々が手を取り合ったら、多くのことを成し遂げられるはずだ」と火星人に熱弁すると、彼らの目からは涙がこぼれます。
手応えを感じたデイル大統領は火星人と握手をしますが、その手は彼の腹を貫き、旗台にされて殺されてしまうのでした。

火星人の弱点がインディアン・ラブ・コールであることを知ったリッチーとフローレンスは、ラジオ局に向かって音楽を発信させます。
すると近くにいた火星人たちは、どんどん脳を爆発させていきます。

バイロンたちは飛行場に辿り着きますが、そこには火星人の大群が待ち構えていました。
バイロンはバーバラたちを逃がすために、一人で火星人に立ち向かいます。彼らと素手でタイマンを張るバイロンでしたが、数の力に圧倒され、やがてその場に倒れてしまいます。
無事に離陸できたバーバラたちは、火星人に取り囲まれるバイロンの姿をただ眺めていました。

インディアン・ラブ・コールを聴かされた火星人たちは、次々と倒れていきました。
宇宙船で撤退しようとしますが、音楽の力で制御不能となって墜落し、海のもくずとなるのでした。

ケスラー教授とナタリーが乗った宇宙船も墜落し、2人は運命を悟ります。
互いへの想いを告白して、口づけを交わしながら最期のときを迎えるのでした。

無事生還できたバーバラたちは、辿り着いた大自然で野生動物たちと触れ合います。

ワシントンD.C.では、両親を失った大統領の娘のタフィが、廃墟と化したホワイトハウスで、地球を救ったリッチーとフローレンスに勲章を授与していました。
演説することになったリッチーは、緊張した面持ちで「僕よりも偉い人がいるのにすみません。世界を救ってくれたおばあちゃんに感謝します」と語るのでした。
演説を終えたリッチーは、タフィに「彼女はいるの?」と声をかけられました。

そして、火星人との対決で生き残ったバイロンは、家族の元に帰ります。

こうして平和が戻った地球で、トム・ジョーンズの「イッツ・ノット・アンユージュアル」が流れる場面で、物語は幕を閉じます。

みんなの感想

ライターの感想

おバカ系のB級SFコメディ作品として、最高に楽しめました。おもちゃにしか見えない火星人と、ジャック・ニコルソンをはじめとする豪華キャストが同じ画面に存在することが、なんともシュールで笑えました。火星人は鬼畜の所業と言ってもいいほどひどいことをたくさんしますし、最終的には主人公も殺されてしまいます。それなのに観ていて肩に力が入らない、不思議な魔力を持っている作品です。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「マーズアタック!」の商品はこちら