「メン・イン・ブラック3」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

SF映画

2012年製作のアメリカ映画。「メン・イン・ブラック」、「メン・イン・ブラック2」に続くシリーズ3作目の作品。 地球上に存在する宇宙人を取り締まる秘密組織メン・イン・ブラック(MIB)で働くエージェントJとKは、今日も任務に奔走していました。ある日、月にある宇宙人犯罪者を収容する刑務所から、昔Kが捕まえたある凶悪犯が脱走したことを知ります。Jは、Kがこの事件を単独で捜査しようとする事を不審に思い、MIB本部で捜査資料を調べるのですが、Kは40年前に亡くなった事になっており…。

あらすじ動画

メン・イン・ブラック3の主な出演者

エージェントJ(ウィル・スミス)、エージェントK(トミー・リー・ジョーンズ)、若かりし頃のエージェントK(ジョシュ・ブローリン)、エージェントO(エマ・トンプソン)、若かりし頃のエージェントO(アリス・イヴ)、ボリス・ジ・アニマル(ジェマイン・クレメント)、グリフィン(マイケル・スタールバーグ)、リリー(ニコール・シャージンガー)、エージェントX(デヴィッド・ラッシュ)、ジェフリー・プライス(マイケル・チャーナス)、エージェントW(ビル・ヘイダー)、ジェームズ・ダレル・エドワーズ大佐(マイク・コルター)、ジェームズ・ダレル・エドワーズ三世(カイエン・マーティン)、ミスター・ウー(キーオン・ヤング)、エージェントAA(ウィル・アーネット)

メン・イン・ブラック3のネタバレあらすじ

【起】– メン・イン・ブラック3のあらすじ1

メン・イン・ブラック3のシーン1

画像引用元:YouTube / メン・イン・ブラック3トレーラー映像

 ある日、月面にあるルナマックス銀河系刑務所から、ボリスと呼ばれる凶悪な宇宙人が脱獄します。ボリスは、過去に秘密組織MIBのエージェントKによって左腕を吹き飛ばされた上逮捕され、刑務所に収容されていたのでした。ボリスは、Kのことを心の底から憎んでおり、彼に復讐しようと企んでいました。

 地球では、宇宙船が墜落し、その宇宙船をエージェントJとKが調査していました。その日は、MIBのベテランエージェントZの告別式が行われ、告別式が終わりKとJは車に乗っていると、新しいチーフのエージェントOから連絡が入り、エイリアンが持ち込んだ寄生虫の被害が起きていることを知ります。一方、刑務所を脱獄し、地球にやって来たボリスは、ある電器屋に訪れます。その電器屋の店主も宇宙人で、彼に過去に戻る装置を手に入れたいと告げます。

 エイリアン被害の連絡を受けたJとKは、ある中華料理屋に到着します。その中華料理屋の店主も宇宙人で、店のキッチンでは宇宙の衛生条例に違反する食材を大量に扱っており、Kは違法食材の中からトゲブルバと呼ばれる宇宙のエビがなくなっている事に気がつきます。そこにエージェントOから電話が入り、地球に墜落した宇宙船は盗まれたもので、ルナマックス銀河系刑務所のものだと知り、ボリスが脱獄し、彼が地球にやって来た事に気がつきます。

 すると、客や店員になりすました宇宙人達がJとKの前に現れ、彼らを襲い始めます。宇宙人達との銃撃戦になりますが、何とか彼らを倒します。Kは、厨房で店主が殺害されているのを発見し、犯人を追って屋上に向かいます。屋上に向かうとそこにはボリスが待ち構えていました。Kは不意打ちを受け殺されかけますが、JがKを救います。ボリスは、「K、お前はもう死んでいるんだ。」と告げその場を去ります。

 Jは、事件の目撃者たちをニューラライザーを使って記憶を消し、Kからボリスについて話を聞きます。ボリスの件で、Kの態度が変になってしまったことに疑問を感じたJは、本部に戻りボリスの事件について調べ始めます。ある程度の情報は得られましたが、それ以上の情報には制限がかけられており、詳細を確認することはできませんでした。その夜、Jの所にKから電話が入りますが、多くを語らないKにイラついたJは、その電話を切ってしまいます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「メン・イン・ブラック3」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×