映画:ラ・ジュテ

「ラ・ジュテ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

SF映画

ラ・ジュテの紹介:近未来の廃墟と化したパリ。捕虜となった男はタイムトラベルの実験台となる…。 ヌーヴェル・ヴァーグの映像作家クリス・マイケルが監督した中篇SF。“フォトロマン”と呼ばれる全編スチールカットで構成された作品。1963年のトリエステSF国際映画祭でグランプリ受賞し、伝説の名作と称されている。

あらすじ動画

ラ・ジュテの主な出演者

女(エレーヌ・シャトラン)、男(ジャック・ルドー)、実験者(ダフォ・アニシ)

ラ・ジュテのネタバレあらすじ

【起】– ラ・ジュテのあらすじ1

ある男は少年期にオルリー空港で見た暴力的な出来事の記憶に憑りつかれていました。それは第三次世界大戦が勃発する数年前のことでした。

男が少年だったある日曜日にオルリー空港に見学に行くと突然轟音がし、人々が逃げまどいました。その時送迎台にいた一人の男性が死んだ瞬間を少年は目撃したのです。あの時見た送迎台とそこにいた戦争前の平和な女の顔を、男は一度も忘れたことがありません。

空港での出来事から程なくしてパリは崩壊します。多数の死者が出て、勝利者を名乗る者は生存者を捕虜にし、地下で暮らしていました。街は放射能により居住不可能だったのです。

勝利者たちは捕虜を実験台にし、過去と未来への時間旅行を研究していました。多くの実験は失敗し、実験台は死ぬか錯乱するのでした。

ある日実験台としてあの男が選ばれ、科学者は人類が滅亡しないよう時間を操作すると男に説明します。時間に穴を開け被験者を送り、薬や燃料を持帰ると言うのです。過去と未来を繋ぎ現在を救うのが目的でした。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ラ・ジュテ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×