映画:リアル・スティール

「リアル・スティール」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

SF映画

リアルスティールの紹介:人間のボクシングが廃れ、より迫力のあるロボットボクシングが主流になった時代設定で、元ボクサーが、息子と共にロボットボクシングの頂点に挑みながら、父子の絆を取り戻していくアクション・エンターテイメントです。

あらすじ動画

リアル・スティールの主な出演者

チャーリー・ケンストン(ヒュー・ジャックマン)、 マックス・ケントン(ダコタ・ゴヨ)、 ベイリー(エヴァンジェリン・リリー)、 フィン(アンソニー・マッキー)、 リッキー(ケヴィン・デュランド)

リアル・スティールのネタバレあらすじ

【起】– リアル・スティールのあらすじ1

主人公チャーリーの元妻がなくなり、息子マックスの親権者を決めるため、チャーリーと元妻の姉夫婦が家庭裁判所にいるところから物語は始まります。

息子に興味のないチャーリーは、親権を譲るかわりに姉夫婦から金を受け取ること、姉夫婦が旅行の間マックスを預かることという条件で、姉夫婦と合意します。

そこからチャーリーと11歳の息子マックスとの短い暮らしが始まりますが、二人の仲は険悪でした。

チャーリーは元ボクサーで、ボクシングが廃れてからはロボットボクシングのボクサーとして生活していますが、うだつは上がらず、借金取りに追われる生活をしていました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「リアル・スティール」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×