映画:レディプレイヤー1

「レディプレイヤー1」のネタバレあらすじと結末

レディ・プレイヤー1の紹介:2018年公開のアメリカ映画。日本のアニメやゲームからの影響も感じさせるアーネスト・クラインのベストセラーを、スティーヴン・スピルバーグ監督が映画化したSFアドベンチャー。2045年の近未来を舞台に、何にでもなれるVRワールド“オアシス”によって人生を一変させていく少年の冒険が描かれる。「機動戦士ガンダム」や「ストリートファイター」のキャラクターなども登場する。

あらすじ動画

レディプレイヤー1の主な出演者

ウェイド・オーウェン・ワッツ〔パーシヴァル〕(タイ・シェリダン)、サマンサ・イヴリン・クック〔アルテミス〕(オリヴィア・クック)、ノーラン・ソレント(ベン・メンデルソーン)、ヘレン・ハリス〔エイチ〕(リナ・ウェイス)、アイロック(T・J・ミラー)、オグデン・モロー〔案内人〕(サイモン・ペグ)、ジェームズ・ドノヴァン・ハリデー〔アノラック〕(マーク・ライランス)、ゾウ〔ショウ〕(フィリップ・チャオ)、トシロウ〔ダイトウ〕(森崎ウィン)、フナーレ・ザンドー(ハナ・ジョン=カーメン)、リック(ラルフ・アイネソン)、アリス(スーザン・リンチ)、レブ(レティーシャ・ライト)、カレン・アンダーウッド・モロー〔キーラ〕(パーディタ・ウィークス)

レディプレイヤー1のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①2045年の近未来、現実世界は荒廃し人々はVR『オアシス』で、自分の欲望を満たしていた。オアシスの創始者・ハリデーは5年前に死亡した時、『イースター・エッグ』を見つけた者に経営権を譲ると言い残しており、世界中の者がそれを探していた。 ②ウェイドはエイチらと共にオアシスを楽しんでいたが、IOIを敵視する女性・アルテミスに同調し、協力してイースター・エッグを探す。苦労して探し当てたウェイドたちは、現実世界も大事にするため、週2日休みを設けた。

【起】- レディプレイヤー1のあらすじ1

〔アメリカ・オハイオ州コロンバス 2045年
〝集合住宅(スタック)〟〕

近未来の地球上は、ますます劣悪な環境に置かれていました。
環境汚染、気候変動、政治の腐敗などにより、世界全般が荒廃しています。
住環境も治安もよくないコンテナのようなところに、貧困層は暮らさねばならない状況でした。

しかしコンピューターの世界は、ますます発達しています。
ドローンでピザの配達は、もはや当たり前になっていました。
みんなはVR(バーチャル・リアリティ 仮想現実)の世界に入ることで、現実生活のつらさから逃避しています。

そのVRのなかでも、ダントツに人気を誇るのが『オアシス』というゲームです。
オアシスのゲームの中では、何でもでき、どこへでも行ける、アバターでどんな者にでもなれる…これが魅力でした。
オアシスの世界のなかで戦いをし、勝利するとコインがもらえます。
そのコインで好きなアイテム、便利なアイテムを購入します。

ゲーム内では危険なエリアがあり、そこで荒稼ぎをすることもできました。
ただし、戦いに負けてしまうとコインを失い、ゲームをいちからやり直しせねばなりません。


その「オアシス」というゲームを作ったのは、ジェームズ・ハリデーという人物と、オグデン・モローという人物でした。
モローは5年で引退をし、以後はずっとハリデーが運営していました。

ハリデーは2040年1月7日…今から5年前に死去しました。
その際にハリデーは、オアシスを利用するゲーマーに、とんでもないことを発表します。
オアシス内に『イースター・エッグ』を隠し、それを最初に見つけた者には、オアシスの運営会社グレガリアス社の株を譲渡するというものです。
『イースター・エッグ』を手に入れるには、3つの試練(カギ)を手に入れる必要がありました。

ハリデーの死から5年が経過していますが、まだ最初のカギを手に入れた者はいません。
それだけ難しいものです。


ウェイド・ワッツは、2027年生まれの今年18歳になる青年です。
両親を早くに亡くし、今は叔母と暮らしています。

オアシスの世界では、ウェイドはパーシヴァルと名乗っています。
VRの世界でムキムキマッチョなエイチ、中国人らしきプレイヤーのショウや、忍者のアバターであるダイトウと仲良くしていました。
そしてバーチャルのゲームではよくあることですが、彼らとウェイドは、現実世界で会ったことはありません。

ウェイドもご多分に洩れず、『イースター・エッグ』を探す者のひとりでした。
むしろ『イースター・エッグ』を探すということは、オアシスの世界での夢だったかもしれません。
オアシスで最も露骨に『イースター・エッグ』を探しているのは、巨大企業のIOI代表の、ノーラン・ソレントです。
IOIというのはオアシスに次ぐ、世界NO.2の企業でした。オアシスを手中におさめれば、ゲームの世界を独占したようなものですから、ソレントは惜しみなく金を投入し、人を確保してはオアシス内で探させていました。


ハリデーの死から5年、何も進展がなかったわけではありません。
5年のあいだで、1つめの試練だけは見つかっていました。
それはゲーム内で、オートレースに勝利することです。
ところがこのレース、いまだにゴールした者がいないのです。
それというのもレースの途中に、キングコングやら恐竜やらが出てくるので、まともに走行ができないのです。

【承】- レディプレイヤー1のあらすじ2

ある日ウェイドはそのレースで、アルテミスという女性と出会いました。アルテミスはアニメ『AKIRA』のバイクに乗って、レースに挑戦していました。
その日もウェイドだけではなく、誰もゴールできた者はいません。
ウェイドはアルテミスと話をした際に、アルテミスが単に貧乏から脱出するために『イースター・エッグ』を探しているのではなく、IOIの独占を防ぐために活動していると知りました。ウェイドはアルテミスの気持ちに同調します。
アルテミスが言った「ハリデーはルールを嫌っていた」という言葉も、妙に気にかかります。


手がかりを得たいウェイドは、ハリデーのことを調べにハリデー年鑑へ行きました。
案内人に頼み、若い頃の映像のアーカイブを見せてもらいます。
ハリデーとモローがゲームを開発し、一定の成功を得た時に、ヒントとなるような言葉をハリデーがぼやいていました。
「もう過去には戻れないんだ」というモローの言葉に対し、ハリデーは「後ろに進んだっていいじゃないか。全速力で逆走したらいい。アクセルを踏んで、『ビルとテッド』みたいに」と返していました。
これがヒントだと、ウェイドは思います。

次のレースの時、ウェイドはスタート時に前に発進せず、敢えて全速力でバックしました。
ウェイドの読みは当たっていました。背後の壁が開き、別の空間へ移動できます。
苦戦する他のプレイヤーをよそに、ウェイドはその下の空間を通過して、何の障害もなくゴールを果たせました。
また、ウェイドのヒントを聞いていたエイチや、ウェイドがスタートしないのをいぶかしく思っていたアルテミス、ダイトウ、ショウなどもゴールをします。

1番でゴールしてカギを受け取ったウェイドのアカウント「パーシヴァル」は、一躍有名になりました。
同時に、IOIのソレントに目をつけられます。


多額の賞金をもらったウェイドやエイチは、豪華なアイテムを買い物しました。
2つめのヒントの手がかりを得ようとしたウェイドは、再びハリデー年鑑へ行き、そこでハリデーが恋をした女性カレン・アンダーウッド・モロー、通称:キーラの情報を得ます。
キーラは結局、相棒のモローと結婚したのですが、ハリデーは独身時代のキーラと1度だけデートをし、そこでキスすらできなかったほろ苦い青春の思い出がありました。
アルテミスはその映像を見て、ウェイドを魅惑の星に誘います。

ウェイドの仲間・エイチは、ウェイドに「アルテミスはお前を利用している」と警告しますが、ウェイドにはそうは思えませんでした。
エイチは「アバターが女性でも、現実世界では男性である可能性もある」と言いますが、ウェイドは接するたびに、アルテミスに惹かれていきます。

魅惑の星でアルテミスとダンス勝負をしたウェイドは、そこでアルテミスを口説き、自分の本名を明かしました。
それをソレントの手先・アイロックが盗聴しており、ウェイドの本名を知ります。
IOIが乱入し、攻撃してきましたが、アルテミスは「60秒前に戻せる」ゼメキス・キューブを使い、逃げました。ゼメキス・キューブは高額なアイテムです。

【転】- レディプレイヤー1のあらすじ3

ウェイドを逃がしたアルテミスは、IOIに対する因縁を打ち明けました。
アルテミスの父はIOIに搾取され、徴収センターで死んだのです。
そのためアルテミスは、IOIのやり方に反感を持っていました。


その頃、ウェイドの本名を知ったアイロックは、スーツ購入者名簿から名前を検索して、探し当てます。
ソレントは秘書・フナーレを呼び、ウェイドの地域へ潜伏するよう指示します。

ソレントはウェイドを呼び出して、IOIと組まないかとスカウトされました。
ウェイドはその時、ソレントの仕事部屋を見ます。
ソレントはウェイドの気持ちを引こうと、ウェイドの趣味に話を合わせますが、ウェイドは「ソレントが部下からジョン・ヒューズの情報をもらっている」と気づきました。
ウェイドはソレントのスカウトを断ります。

するとソレントは、コロンバス一帯を爆破すると言って脅しました。
急いでソレントは叔母・アリスに連絡を取りますが、叔母の恋人・リックが出て話を聞いてくれず、電話を切ります。
次の瞬間、コロンバスの集合住宅(スタック)は爆破され、ウェイドは叔母を失いました。
放心状態のウェイドは、タトゥーを入れた何者かに拉致されます。


目覚めたウェイドは、反乱軍の女性と会いました。
サマンサ・エヴリン・クックと名乗った女性は、右側の目の周囲に赤い痣があり、髪の毛で隠しています。
ウェイドは、サマンサがアルテミスだとすぐに気付きました。アバターではなく本人を見ても、ウェイドは幻滅しないどころか、感激します。
(アルテミスの本名がサマンサと判明したが、アルテミスの記載のままで説明させていただく)

アルテミスはウェイドに、ヒントの意味が分かったと言います。
ハリデーがキーラとデートした場所が手がかりだと気付き、2人はデートの日づけから『シャイニング』と限定しました。
エイチ、ダイトウ、ショウもゲーム内で、協力します。

映画の『シャイニング』を、ホラーが苦手なエイチは知りませんでした。
映画の内容を知るウェイドやアルテミスはすぐに、237号室が怪しいと踏みますが、エイチだけは映画のワールドを知らず、双子の少女についていき、エレベーターから流れる血の海を浴びます。
さらにエイチは、237号室のヌードの女性に襲われ、バスタブから落ち、巨大迷路で襲われます。
(これらのシーンは、映画『シャイニング』を知っていると非常によく楽しめる)

他のメンバーはキーラを探してホテル内を駆け回りますが、誰もキーラを見つけられませんでした。
ところが、映画を知らずに翻弄されたエイチが、壁の額の写真にいたと言います。
(映画のラストシーンでこのオチ)
写真に入り込んだアルテミスは、ダンスフロアに入り、キーラにダンスを誘ってゲームをクリアしました。
翡翠のカギを手に入れます。


3つめのヒントを解読しようとしたウェイドとアルテミスは、IOIの襲撃を受けます。
現実世界でドローンとIOIの襲撃を受けたアルテミスは、自分が留まることでウェイドを逃がそうとします。
アルテミスはIOIに捕まり、父親同様に死ぬまで働けと命令されました。

【結】- レディプレイヤー1のあらすじ4

逃げたウェイドは車に拾ってもらいます。
そこにいたのは、ムキムキマッチョではない「エイチ」こと本名:ヘレン、ダイトウこと本名:トシロウ、ショウこと本名:ゾウです。
ゾウにいたっては、まだ11歳の少年でした。ウェイドは驚きます。

こうして他の仲間と合流したウェイドは、アルテミスを解放したいと考えます。
3つめのヒントは「オジュヴォックスの天球」に隠されていました。
ウェイドは、ソレントと交渉する振りをして、エイチのハッキングの力を借り、ひそかにアルテミスを逃がします。


ウェイドはIOIと戦うため、世界中にいる他のプレイヤーに呼びかけます。
IOIがオアシスを脅かしていること、第3の試練であるフィールドを、ソレントが覆ってクリアできないように妨害していることを、訴えました。
そのうえで、「惑星ドゥームに集結してほしい」と言います。

ウェイドの話を聞いた有志たちが、ぞくぞくと集まり始めました。
みんなが攻撃を始めたので、IOIのシールドは消えます。
IOIは対抗しようと、メカゴジラを使い始めました。
エイチはこつこつと作っていた、アイアン・ジャイアントを出します。
ダイトウは「俺はガンダムで行く(注:日本語で言う)」と言い、ガンダムで戦い始めました。

ウェイドは聖なる手榴弾でIOIを一掃しますが、アドベンチャーゲームを勝っても、ゲームがクリアできないことに気付きます。
プレイの仕方が問題なのだと分かったウェイドは、「勝つのではなく、ドットを探すのが正解だ」と思いました。
ウェイドはそこでソレントと戦い、波動拳などを使いますが、ソレントは他者に取られるくらいならばと、オアシスの世界を全滅させます。


…全滅したかに思われましたが、ウェイドだけがVRの世界で生き残っていました。
それは、ハリデー年鑑の案内人からもらった『ライフおまけ』のコインのおかげでした。
こうしてウェイドはゲームをクリアし、『イースター・エッグ』を手に入れます。
現実世界では、エイチが運転する車の中で、でした。

現実世界ではその頃、秘書のフナーレがウェイドたちのいる車を特定します。
ソレントが入ってきますが、ウェイドがクリアして『イースター・エッグ』をもらう瞬間を目の当たりにし、奪うのをやめました。
(ゲーマーなら誰しもある、クリアした瞬間を邪魔せずに見ておきたい気持ち)

続いて車を開けたのは、弁護士の一団です。経営権をウェイドに渡すため、書類の束を持ちこみました。
しかしウェイドは、「まだ何かを貯めされている」と気づきます。
あえてサインをしない方法を取ります。
するとハリデーのアバターが、ハリデーの姿へ変わりました。


ソレントとフナーレは警察に逮捕されます(コロンバスを爆破した事件を受けて)。
実際のオグデン・モローが、姿を現わしました。モローはハリデー年鑑の、案内人を務めていました。
ウェイドはちょっと待ってくれと言うと、アルテミスとキスをします。


後日。
ウェイドは、クリアに尽力してくれたエイチ、ダイトウ、ショウ、アルテミスと共に、5人で経営することにしました。
モローとのコンサルタント契約も、結びます。
これまでどおりオアシスの世界は開かれますが、ただし、火曜と木曜を「オアシス休みの日」としました。
これは、現実世界も大事だということを、みんなに教えるためです。
火曜と木曜を休みにしたウェイドは、プライベートの時間を、アルテミスとの現実世界を過ごすのに使いました。

みんなの感想

ライターの感想

やっぱりスピルバーグってすごいなあ。つかみから上手い。
そしてこの手の映画にありがちだけども「他の映画やゲームを知っていればいるほど、楽しめる」つくりとなっている。
個人的には、日本人のダイトウが日本語で「俺はガンダムでいく」と言うところが楽しかった。
(私はガンダムよく知りませんが、それでも楽しめました)
何の作品を使っているかは、ウィキを調べてみてください。いっぱい出てきます。
老若男女、楽しめる作品。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください