映画:ロボコップ(1987年)

「ロボコップ(1987年)」のネタバレあらすじと結末

SF映画

ロボコップ(1987年)の紹介:1987年制作のアメリカ映画。殉職した警官の遺体を利用したサイボーグ警官「ロボコップ」が活躍するSFアクション映画で、本作の人気により、続編の『ロボコップ2』や『ロボコップ3』が制作された。

あらすじ動画

ロボコップ(1987年)の主な出演者

アレックス・マーフィ〔ロボコップ〕(ピーター・ウェラー)、アン・ルイス(ナンシー・アレン)、リチャード・ジョーンズ(ロニー・コックス)、クラレンス・ボディッカー(カートウッド・スミス)、オムニ社会長(ダン・オハーリー)、ロバート・モートン(ミゲル・フェラー)

ロボコップ(1987年)のネタバレあらすじ

【起】– ロボコップ(1987年)のあらすじ1

近未来のアメリカ…。

デトロイト・シティは、かつては自動車産業で栄えていましたが、現在は犯罪の巣窟となっています。

デトロイトの都市は、巨大コングロマリット企業『オムニ・コンシューマ・プロダクツ(OCP、通称オムニ社)』によって警察をふくむ街全体が支配されていました。ちなみに警察は民営化されています。

オムニ社では、デトロイトの犯罪撲滅をめざし、商品を開発しています。

保安担当のジョーンズは、巨大な警察ロボット・ED-209を披露しますが、バランスが悪すぎて(重心が上にありすぎる)実験は失敗しました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

「ロボコップ(1987年)」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×