映画:ロボコップ2

「ロボコップ2」のネタバレあらすじと結末

SF映画

ロボコップ2の紹介:1990年公開のアメリカ映画。半分は人間、半分はメカの警察官ロボコップの活躍を描いたアクション映画『ロボコップ』の続編。より精度が高いが凶悪な犯罪者をベースとして作られたロボコップ2号に、ロボコップが立ち向かう。

あらすじ動画

ロボコップ2の主な出演者

ロボコップ〔アレックス・マーフィ〕(ピーター・ウェラー)、アン・ルイス(ナンシー・アレン)、オールドマン会長(ダン・オハーリー)、ジュリエット・ファックス博士(ベリンダ・バウアー)、キューザック市長(ウィラード・E・ピュー)、ケイン(トム・ヌーナン)

ロボコップ2のネタバレあらすじ

【起】– ロボコップ2のあらすじ1

近未来の話…。

犯罪が多い都市・デトロイトシティで、〝ヌーク〟と呼ばれる新種の麻薬が登場して、犯罪を助長させていました。

デトロイトはますますオムニ社に依存しており、警察はストの真っ最中です。

街を守るのは、研究で半分は人間、半分はメカの体を持つ、サイボーグ警官・ロボコップことアレックス・マーフィだけでした(『ロボコップ』参照)。

ロボコップは相棒の女性刑事・ルイスとともに犯罪者を取り締まり、ヌークという麻薬の製造工場の場所を突き止めましたが、ギャング団のボス・ケインを取り逃がします。

その頃、オムニ社の会長・オールドマンは、デトロイト市の乗っ取りを企みますが、キューザック市長は抵抗します。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

「ロボコップ2」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×