映画:ロボコップ(2014リメイク)

「ロボコップ(2014リメイク)」のネタバレあらすじと結末

SF映画

ロボコップ(2014)の紹介:1987年に公開されたSF映画のリメイク版。デザインなどが刷新され近未来的なスタイリッシュなロボコップは必見。旧作ファンも旧作を知らないひとも楽しめる映画になっている。

ロボコップ(2014リメイク)の主な出演者

セラーズ(マイケル・キートン)、 アレックス・マーフィ(ジョエル・キナマン)、 ジャック(マイケル・K・ウィリアムズ)、 バロン(パトリック・ギャロウ)、 ノートン博士(ゲイリー・オールドマン)、 クララ(アビー・コーニッシュ)

ロボコップ(2014リメイク)のネタバレあらすじ

【起】– ロボコップ(2014リメイク)のあらすじ1

世界では巨大な多国籍企業オムニコープのロボットが軍事目的に利用され、成果を上げていた。

しかし米国では、そのようなロボット利用が法律で禁じられている。

米国でも自社ロボットの使用を広めたいと考えるオムニコープのトップ、セラーズは、人間を機械の中に入れる計画を打ち出す デトロイトでは、警官アレックス・マーフィとジャックが、犯罪組織のボス、バロンを追っている。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

「ロボコップ(2014リメイク)」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×